« アパパネは潮時 | トップページ | ヒラメポンプ »

7.4FX 一部改良

保管場所である自宅2階の自室へ運ぶ際にギザギザの標準ペダルが狭い
階段の手すりや壁に擦ってしまうことが多く、あちこちガリガリやってしまって
かなり怒られてるんで、非ギザギザのペダルにでも交換してもらおうかと思い
TREKのコンセプトストアに出向いて色々と相談に乗ってもらった。
メーカー・商品名は忘れたが、カタログで側面がゴムで覆われた良さげなペダルを
見付けてもらいお取り寄せ。ついでにリヤスタンドの取付けとタイヤの交換を実施。

まずはリヤスタンド。
見てくれが悪いという理由で取り付けない人が多いらしいんだが、俺の場合は否。
実際無いと何かと不便だし、クロスなんざロードと違ってそこまで外観にこだわる様な
チャリンコではないと思うんで、ぶっちゃけ取付けには何の抵抗も無い。


走行中に靴ヒモが解けました → 停車しました → 立て掛ける場所を探します
→ 
見付けて移動します → 立て掛けます → しゃがんでヒモを結びます

実際にこの場面を経験したけど、ハッキリ言って結構面倒くせえ。


ららぽーと行きました → 駐輪場へ向かいました → スタンドが無いから立て掛け
られそうな場所を探します
 → いっぱい停まっててなかなかイイ場所がありません
→ 
どこかないかしら・・・と探すのに時間要します → やっと見付けてワイヤーで
縛り付けました


実際にこの場面を経験したけど、ハッキリ言って非常に面倒くせえ。

なんで、やはり俺は見てくれよりも実用性を重視した。


Dscf0571













次にタイヤ。
25mmタイプのこれは店員さんオススメのもので値段が高い。片輪で5千円以上した。
まぁ見ての通りスカスカ感が否めないものの、出だしの軽さと加速力は標準の32mm
とは比べ物にならない。帰り道は感動の連続で終始ニヤニヤしながら軽快に漕いで
帰宅しちゃったよ。今までなら確実に降りて押し運ぶ様な登坂も少しの頑張りでクリア。
いやいや、マジでこうも違うもんなのかとホント感激したわ。これじゃ確かに店員さんの
言う通り二度と32mmには戻せないわな。
お蔭で乗車の楽しさ倍増だよ。交換成功だ。

Dscf0572













Dscf0573




« アパパネは潮時 | トップページ | ヒラメポンプ »

チャリンコ」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント