« 作り笑顔が気の毒に見える芦田愛菜より、歳相応の子供丸出しな本田望結のが↑ | トップページ | 背景・レイアウトを変更 »

大人向けドラマの復活を願う

久し振りに毎週の楽しみとなっていたドラマ「最後から二番目の恋」なんだが
この時間帯にやる大人向けのドラマは落ち着いて見れるからイイね。
CXの木曜22時のドラマ枠ってのは結構古くからやっていて

・古谷一行の「
オレゴンから愛」(主題歌:オレゴンから愛/さだまさし)
・時任三郎の「
ライスカレー」(主題歌:ALONE&ALONE/宇崎竜童・時任三郎)
・田村正和の「
ニューヨーク恋物語」(主題歌:リバーサイドホテル/井上陽水)
                  「
過ぎし日のセレナーデ」(主題歌:愛されてセレナーデ/ヤン・スギョン)

なんかが個人的に思い出深いんだが、特に当時40半ばの田村正和は惚れ惚れ
するほど恰好良かったな。『大人の危険な恋と言えば田村正和』みたいな感じで
俺なんか目をキラキラさせながら憧れちゃったもんだよ。

で、大人の恋物語を書かせれば当時は右に出る者が居なかったと言われる
脚本家が
鎌田敏夫
この人と言えば不倫をテーマにした「金曜日の妻たちへ(通称:金妻)」が代名詞。
このドラマによって世間に不倫ブームが巻き起こっちゃったほど凄かったね。
明石家さんま&大竹しのぶで一躍大ヒットとなった「男女7人夏(秋)物語」もこの人。
このドラマも当時は話題になって高視聴率を稼いだな。
この手のドラマ以外では「戦国自衛隊」「探偵物語」「里見八犬伝」「天と地と」など
角川映画でも脚本を担当していたね。(あまり知られてないか?)

今年で御年75歳。久々にもう一本ぐらい恋物語でも書いてもらいたいもんだな。

« 作り笑顔が気の毒に見える芦田愛菜より、歳相応の子供丸出しな本田望結のが↑ | トップページ | 背景・レイアウトを変更 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント