« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

血統馬が走るのは当たり前

競馬の一時代を築いた名馬が次々と死んでしまったここ数日。
ルドルフの後を追う様にトウショウボーイも居なくなってしまったな。
命あればいずれ死んで行くのは仕方のないことなんだがね・・・。

競馬を始めて以来様々な馬たちの走りを見て来たが、今までで
一番強い馬だと心底思ったのはミホノブルボンだけだな。
競走馬は血統だけじゃないってことを証明したのがこの馬を管理
していた戸山為夫調教師だったんだが、徹底したスパルタ調教で
鍛えられた基礎体力に生まれ持った潜在能力が加わって見事に
花咲いたのがこの馬だったね。
雨でぬかるんだ馬場を逃げ切った皐月賞が非常に印象的。
やれ血統的に距離がどうのこうのと散々貶していた予想屋どもを
嘲笑うかの様に力でねじ伏せたこのレースで競馬サークルの連中
どもが一気に手の平を返して「ブルボンは強い」なんて急に持て囃し
出したのには笑っちゃったもんだよ。
ちなみにこの時の皐月賞で俺が本命にしたのは角田のスタントマン。
ブルボンの影さえ踏めずに終わっちゃったけどw
そしてブルボンと戸山師の集大成が続けて力強く逃げ切ったダービー。
脚色が衰えることなくゴール板を駆け抜けた筋骨隆々の雄姿は今でも
目に焼き付いてるよ。後に菊花賞で差されるライスシャワーもグイグイ
伸びて来てたのを思い出す。
この時のダービーこそ正に競走馬は血統じゃないってことを真に証明
してくれたよな。短距離血統でも鍛え方一つで2400mをも克服出来る。
これを機に俺は少し競馬の見方が変わった様な気がするよ。
また書くけど、このダービーで本命にしたのは田原のマヤノペトリュースw
口向きが悪くて横向きながら3着に入って来たなw

ブルボンの様なスパルタ調教によって素質が開花して行く馬をまた見て
みたいもんだが、今の時代は戸山師みたいに馬を壊すのも承知の上で
鍛え抜く様なやり方なんざ業界的にまず有り得ないのかね?


テレビの在庫が豊富です

久方振りの本社勤務というのはストレスが溜まりますね。
大阪に行ってるうちに自宅部屋のテレビが見れなくなってしまい、テレビ無しでは
生きて行けぬ者としては新しく買うしかないわけです。
どこも在庫過多のため、今買うと「何ヶ月待ち」なんてのはありませんね。

ヨドバシのお兄ちゃんに聞いたら、現状はレグザの独走らしいですよ。アクオスも
ソコソコ売れてるそうですが、グレード分けが多過ぎて年寄りにはよく分かりません。
安くて性能が良く、使い易いといった点で圧倒的に東芝派が多いんでしょう。
黒が一番映えるのもレグザだそうです。

講義はヨドバシ、お買い上げはヤマダ電機。
これ基本です。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント