« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

さらば大阪

半年の大阪生活も今日で終了。

今回こうやって仕事で来なけりゃ
「伝法」「福」「出来島」「大国」「御幣島」「歌島」「加島」「塚本」「十三」
なんて所は多分耳にすることも無いまま死んで行ったことだろう。
大和田の関西スーパーには世話になったもんだ。
住めば都とはよく言うが、大阪は(と言っても外れの西淀川区だったが)
自分にとって横浜より住み易くて非常に居心地の良い場所であることが
分かった半年でもあった。この地を離れて横浜に帰るのは正直寂しい
ものを感じるね・・・。老若男女を問わずにノリの良い人柄ってのは残念
ながら関東ではお目に掛かれない独特のもんだわな。

横浜にはミナミの繁華街の様な活気と熱気がある場所なんざ何処にも無い。
横浜と聞けばオシャレだの何だの耳にすることもあるが、大阪と比べれば
どことなく「余所行きの街」って感じが確かにするね。
住民全体が飾ることなく開けっ広げの感じで周りと接することが出来ないのが
横浜(関東)の特徴と言えば少し言い過ぎか?
我が家の近所なんざどいつもこいつも余所余所しい住民ばかりなんで余計に
そう感じちゃうんだがね。挨拶もしなけりゃ近所同士で立ち話もロクにしない。
アホなこと一つでも言おうもんなら決まって冷ややかな視線と失笑。
別に感化されてるつもりじゃないんだが、何だかこうやって大阪に一度でも
住んじゃうと横浜の連中ってのは何に付けても面白味の無い連中ばかりだと
感じちゃうね。つうか、こう思うこと自体が既に感化されてるのかもしれんけど。

う~ん・・・やっぱり面白い大阪から離れるのはつまんねぇな。ホントつまらん。
そう強く思いながら夕方には尼崎のインターから伊勢湾岸経由で横浜だ。
また来たいと言うより大阪にずっと住みたいな。魚もいっぱい釣れるしね。

そうそう、車を修理に出して取りに行かなきゃならんかったから天橋立には
行けなかったよ。これも残念・・・。

火曜日現在、加齢遅延に悩まされてる

人間てのは歳を取ると疲れることをしても直ぐにあちこち痛くならない。
翌日や翌々日になってから体の節々が痛くなり始めるんだな。


以下、エキサイト健康より

年を取るにつれて筋肉痛が後から来るというのは、「
加齢遅延説」と呼ばれて
いるのだが、実はこの説、本当に正しいのかというのは良く分かっていない。
年齢を重ねると、代謝機能が低下するなどの理由で、筋繊維に生じる炎症の
発生やそれが回復するスピードが遅くなることは知られている。
しかし、若い頃は翌日でていたような筋肉痛が、年を取ると2日後やそれ以降に
出る様になるほど、これらのスピードが遅くなるということは考えにくいのだ。
つまり、若い頃でも、数日後に筋肉痛がやってくる可能性はあるということだ。

加齢遅延説

年齢を重ねるごとに筋肉痛が訪れるタイミングが遅くなることは多くの人が
経験すること。その為、このような現象に仮説をたてたのが加齢遅延説。
加齢遅延説では負荷のゆるやかな運動を長時間続けると遅発性筋肉痛が
早い段階で訪れる傾向にあるとされている。逆に強い負荷であれば筋肉痛の
発現までに時間を有するという説。


土曜の夜に新幹線で横浜へ戻り、日曜の午後から車で大阪へ戻って来た。
急遽大阪から引き上げることになったんで、釣竿やその他の嵩張る物を
積んで帰るためにわざわざ自宅から引っ張って来たわけだ。
(当初の予定だと、日曜はだんじり祭りを見に行くつもりだったんだけどね・・・)

「そんな面倒な思いしなくてもレンタカー使って帰りゃええやん」

なんだが、レンタル料そのものは安くても乗り捨て料がウンと高い。
大阪→横浜で22.000円も取られる。道中のガソリン代+満タン返しで
40.000円近くも掛かるんだな。
日曜だと横浜町田→尼崎で5.600円。ガソリン代入れて片道9.600円。
平日の昼間に帰ると9,850円。ガソリン代入れて13.850円になる。
それでも合わせて23.000円ちょっとだし、レンタカー借りて帰るよりは
約半分近くの経費で済むんだから安く上がるわな。
まぁなんつうか、遠距離運転による
加齢遅延に目をつぶれば20.000円
近くは浮くってことだ。多少の辛さでこれだけ経費を抑えられるなら
我慢しなきゃならんね・・・。

大阪生活もあっという間の半年間だったわけで、横浜より住み易いここを
離れるのは残念なんだがまぁ仕方ない。週末の日曜は大阪最後の休日に
なるんで、前から行きたかった天橋立へマイカーで行ってみようかと思う。
折角なんで天気が良ければイイんだけどな。

万人ウケなら伊藤園に軍配

伊藤園の深蒸し茶は従来の「おーいお茶」シリーズとはガラッと違う新しい
味になってるわけだが、これがまた全国的に結構な売れ行きみたいですな。
このお茶は素直に美味いと感じるね。ただし、キンキンに冷やしてこその
お茶なんで、生温くなると濃厚な味わいが単なる渋みになってしまうため
苦い薬に化けてしまう所が自分としては非常に惜しく感じる。

対する伊右衛門の「グリーンエスプレッソ」は完全に大人向けの一品。
こちらも濃厚な味わいでなかなか美味い。
そもそも伊右衛門は苦味を特徴とするお茶だけど、これは若干まろやか
な仕上げになっている。何だか高級感すら漂わさせる絶妙な味に感じるね。


Dscf0410

京都の送り火を見て来た

そういや一ヶ月前に京都の送り火を見に行って来たんだったな。
すっかり忘れてた。

今までの人生で大文字はテレビでしか見たことなかったんだが
こうして大阪に滞在している機会を生かして行ってみたわけだ。

この時期の京都ってのはまさしく蒸し風呂の様な暑さだったね。
駅のホームに出た途端に汗が噴き出して来たもん。
「熱中症になりなはれ」ってな感じのお出迎えで身体には毒だわ。

見た場所はどっかの橋の上だったけど、確か地下鉄の今出川って
駅で降りてからゾロゾロと歩いてる連中の後にくっついて行ったっけ?
同志社大学の前を通って行ったのは覚えてる。

まぁそれにしても人・人・人だらけで凄いのなんの。
ただでさえ暑いのに芋洗いの如く押しくら饅頭なんだからたまらん。
でもライブで見てみるとなかなかイイもんだな。確かに記念にはなる。

Dscf0364 Dscf0373


既に「あの人は今」状態なんだがね・・・

薬中だの自殺未遂だのと、そういうことでしか話題にならない
アイドル崩れの子を見てると何だか切ないもんだね。
結局、売るものが尽きると最後はこういった自虐ネタでマスコミに
相手してもらおうという手段にしか走れないわけだな。
特殊な家庭環境で育ち、尚且つガキの頃から非常識な世界に
どっぷりと浸かって物事の裏表を目の当たりに育ってしまえば
そりゃ自然とまともな感覚も消えて行くことだろう。
まぁそれでも多少まともな男と縁さえしていれば、恐らくここまで
落ちぶれることも無かったろうにね・・・。哀れなこの子に合掌。

摩擦系最強ノットはEZノッターでどうぞ

Dscf0402不器用な自分が付属の解説DVDを見ながら簡単に一発で完成出来ました。
正に夢の様な魔法の結束機です。
1万円弱と少々値は張りますが損しません。
みなさん、是非お買い求め下さいませ。

ギアラボHP  
http://www.gear-lab.com/


ギアラボさん、宣伝しときましたからSSサイズを1ヶ下さい。

温泉観光士の認定書を授与

「歩み入る者にやすらぎを  去りゆく人にしあわせを」

これは群馬県の草津町民憲章(昭和54年10月1日制定)なんだが、なかなか
味のある良い文句だね。



「草津よいとこ 一度はおいで ドッコイショ
  お湯の中にもコリャ 花が咲くよ チョイナチョイナ」


湯もみ唄で有名な草津温泉は江戸時代から伝わる独特な入浴法「時間湯」が
あります。草津温泉の源泉は51度から熱いところでは94度もあり、しかも刺激の
強い酸性泉です。この高温を生かし、温泉療法として利用したものが時間湯です。
しかしそのままでは熱くて入浴することができないので、水を使わず自然に温度を
下げる方法として、「湯もみ」が考え出されました。
時間湯は1日4回行われ、入浴法を指導する湯長の号令の下、時間を3分に区切
って入浴。幅30・、長さ180・の板で湯をもみ、温度を下げ、湯を柔らかくします。
この作業を20分~30分かけて高温浴の苦行に耐えうる体力を量りながら湯をかき
混ぜますが、これが「湯もみ」なのです。そしてこの時に調子を取るため歌われるのが
「草津湯もみ唄」で特に草津節が有名です。

(熱の湯のHPより)



今月の初め数年振りに草津を訪れた。今回の目的は単なる観光ではなく
「日本温泉地域学会」主催の“温泉観光士”という養成講座を受講するため。
単なる温泉好きから一歩踏み込んで少し専門的な知識を取り入れてみようと
思ったわけだ。
余談だが、台風の中を大阪から新幹線で一旦横浜へ戻り、マイカーに乗り換えて
行ったから結構ハードな日程だった。帰りも昼で終わった後に関越を飛ばして帰宅。
夕方の新幹線で大阪へ戻ったんで部屋に着いたらヘロヘロだったわ・・・。

会場は町役場での2泊3日で行われ、温泉地学・化学・医学・生物学・工学・観光学・
法学・文化論についてのそれぞれを京都大学や東京理科大・城西大の教授を始め
国際温泉研究院代表や評論家、日本温泉協会事務局長の方々から専門的なことを
数多く勉強させてもらったんだな。と言っても決して堅苦しい内容ではなく、ポイントとなる専門知識を分かり易く簡単に説明してもらえたんで、通り一遍とは言え非常にタメになる講義ばかりで勉強になったね。
温泉に関するスペシャリストたちに専門的なことを教えてもらえて参加費がたったの8.000円とは正直安いと思ったよ。認定書は額に入れて大事に飾っておくことにする。

次に予定するのは「温泉入浴指導員」の資格。
年内、ないしは年明けまでには是非とも取得したいと思う。
色々と知識を増やしてゆくゆくは温泉地で働いてみたいもんだ。

Dscf0400
Dscf0391 

食いもん紹介

ガトーフェスタハラダの「グーテ・デ・ロワ」

阪神百貨店の梅田に入ってるんだが、いつ行っても行列です。
全国的にも大変有名なラスクだそうで。まぁお上品な味なんで一度はどうぞ。
Dscf0273_2


こちらは神戸で有名なたちばな」の明石焼です
新大阪駅の地下にあるクソ不味い店とは違って絶品の美味さです。
さすがに歴史ある店だけのことはあると納得。
Dscf0316_2

今日はテリフ最強

「最近何やってんのよ?」と聞かれることが多いんだが
別に何もやってない。毎晩釣りに行ってるぐらいだね。
最近のお気に入りは南芦屋浜・武庫川・中島川の河口。
夕べは運良く回遊チームと遭遇したらしく、日没直後の
中島川でフッコが立て続けに5尾掛かってくれた。
ルアーはDUOのテリフDC-9バレット(闇虹)だ。
月明かりに反射するのかどうかは知らんが、レッドヘッド
ではウンともスンとも反応しないのに、これに替えてみたら
2~3投に1尾の確立で面白い様にアタックして来たよ。
竿はこないだ買ったショアガンの103ML。
大きな河川(河口域)にはこのくらいの長さで丁度イイ。
穂先も柔らかいから引きが堪能出来るしね。ただ少し軽いかな?
AR-Cの感覚に慣れちゃってるから仕方無いかもしれんけど。
使いこなすまで要時間だね。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント