« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

モーターサイクルショーを見学

先週の土曜日に東京モーターサイクルショーを見に行って来た。
当日のビッグサイトはアニメのイベントも同時にやってたんだが
客の入りは明らかにアニメの方が圧倒的に多かったね。
9時過ぎの時点で軽く1000人以上は並んでたんじゃねぇかな?
正にアニメ業界は不況知らずだな。

とにかく当日はお土産欲しさに片っ端からアンケートに答えて
次々ゲット。ステッカー・ストラップ・クリアケースなど、別にこれと
言って大したもんじゃないんだが、折角来たんだから頂けるものは
何でも頂いちゃおうってことだ。
何もくれないのはハーレー・BMW・スズキ・ヤマハね。名だたる大手
のメーカーほど渋チンなんだよな~。ドゥカティですら小さいステッカー
くれたのにね・・・。
そういやフィッシィングショーでもダイワやシマノは何もくれなかったな。
やっぱり大手はケチってことだ。

もの珍しいバイクも特に無く、野外で行われた女性白バイ隊の演目を
見て終わり。初めて行ったんで過去のことは知らんけど、思ってたほど
凄いイベントではなかったってのが正直な感想だね。
ヤマハのブースでパンフ配ってたお姉ちゃんがピカ一の可愛さだった
のが唯一の思い出だ。

外人だらけになる三役

ヤル気の無いチーム青森の皆さんとは違って、ニンジンをぶら下げられた
把瑠都くんは一生懸命やってますね。これは非常に素晴らしいことです。
協会の方も時期パンダのプロデュースに毎日必死になって頑張ってます。
今場所はドルジくんが抜けたことによって独り横綱となってしまった白鵬くんが
その責務を見事に全うする涙の全勝優勝といったシナリオなんでしょうか?
残り4日間の取り組み結果がとても楽しみです。

フサイチ劇場が終焉

東スポより。

フサイチでお馴染みの関口が飛びそうらしいな。
所有馬の殆どを売り払った挙げ句、10日に船橋で行われた
ダイオライト記念の勝ち馬フサイチセブンも裁判所に差し押さえ
られちゃったとか。なるほど、最近フサイチの馬を目にしないと
思ってたらそういうことだったのね・・・。
ってことは、売却された馬は名義変更されてるから名前も当然
変わっちゃってるわけだ。それじゃ余程のマニアじゃない限り
元フサイチの馬かどうかは分からんな・・・。
今となってはセレクトセールに現ナマを何億も持ち込んで派手に
買い漁ってた彼の姿が懐かしいね。金に物を言わせてギラギラ
してた頃の関口くんは素敵だったよ(笑)
彼は確か最初の設立会社で運営資金を馬の購入に注ぎ込み過ぎた
ことが原因になって役員連中からクーデターを起こされたんだよな。
まぁ今のご時世なんざ人材派遣会社なんて大して儲かりゃしないよ。
この不況で企業からの依頼も減ってるし、仕事が取れたら取れたで
値下げ要求も厳しいしな。下手すりゃ所々で逆ザヤにもなりかねない。
今頃クーデター起こした連中は「そら見たことか!」とほくそえんでる
に違いないね。派手な生活して好きなだけ馬買って道楽三昧の人生
だったんだから悔いはねぇだろ。ある意味羨ましい話だよな。

とりあえず合掌。

良血馬の再チャレ

「ミオリちゃん」「カレンちゃん」「ハニーメロンちゃん」「ラブミーちゃん」と
今年の桜花賞トライアルは、あっちこっちで“ちゃんちゃん”うるさいんだが
果たしてこの中で最強の○○ちゃんは一体どの馬なんだろうかね?
俺としてはみんなスルーなんだけど。

フィリーズレビューのラナンキュラスは勝ち負けしないと本番の出走が不可。
父が
スペシャルウィーク、母はファレノプシス。こりゃ何としても走ってもらわなきゃ
困っちゃうほどの良血馬だ。キッチリ勝って堂々と桜花賞に出てもらいたいね。


* 参考

父・
スペシャルウィーク GⅠ4勝。(ダービー、天皇賞・春秋、JC)
その他では菊花賞・宝塚記念・有馬記念がそれぞれ2着。

母・
ファレノプシス    GⅠ3勝。(桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)

仔馬は芦毛になるそうです

ダイワスカーレットに初仔ということで、早速相手となった種馬を調査。
一歩、いや二歩間違えると「チ○カスオ○○コ」などという非常に際どい
名前の
チチカステナンゴは、おフランス産の芦毛馬。(←参照はクリック)
GⅠ勝ちはリュパン賞(芝2100m)とパリ大賞典(芝2000m)になってます。
フランスダービーで2着にもなってる様ですね。この2勝のGⅠは日本だと
どのくらいの位置付けになるんでしょうか?皐月賞と秋の天皇賞?
まぁいずれにせよ、先見の明がある社台ですから、スカーレットの初配合に
わざわざ選んだのにはきっと深い狙いがあるんでしょう。
とりあえず無事にデビューまで行けることを祈ります。

潮時の自覚が欠如してますよ

バンクーバーでフィギアスケートが始まった時、毎日の様に朝から
テレビに出まくってた“ちあきなおみ”さん。この人は喋りがアレなんで
解説もどきの真似事はもうヤメた方がイイですね。マッタリと喋る人は
聞き辛い事この上ないです。こういうのは持って生まれたものでしょう
から、どう頑張っても宮里藍ちゃんみたいに歯切れが良くて的を得た
簡潔なコメントは出せません。

それにしてもスケートやるには年間2000万円もの経費が必要だとは
驚きですね。親に苦労を掛けた分、早くプロに転向して恩返しをしたい
という思いの中、スパッと引退した荒川静香は大したもんです。
ちあきさんも少しは見習って下さい。スケート界にアラサーの星など
別に必要ないんでね・・・。

武らしいチョン差し

着差は僅かでも完勝のヴィクトワールピサ。
本気で走ったのは正味1ハロン程度か・・・。
道悪競馬で疲労を極力残させない様に上手く
乗る武の手抜き騎乗はさすがだね。
多かれ少なかれ手探りの部分はまだあろうが
恐らく菊花賞の頃には相当強くなってるだろう。

それにしても不甲斐無いのはワルドラズベリー。
少し掛り気味に先行してしまったこともあろうが
直線ズルズル後退するとはいただけない。
桜花賞に出られるなら、浜中は腹を決めて
殿からの直線一気に徹してもらいたいもんだ。

オリンピックも終わりました

キム・ヨナの悪口を書くとテロに遭います。
皆さん気を付けましょうね。

引退の中野友加里ちゃんは去年の時点でフジテレビに内定
してたのね・・・。この子ブスだけど可愛げがあるから及第点。

今週末は要注目!

と言っても競馬の話ですが・・・。

まずは桜花賞の前哨戦となるチューリップ賞。
これは言わずもがな本番への最重要トライアルレースとなります。
週末は全国的に生憎の天気となる様ですが、本当に強い馬なら
馬場状態なんぞ一切関係ありませんね。アパネネが持ったまま
楽勝する様であれば、本番は揺るぎ無い存在となることでしょう。
これは弥生賞に出るヴィクトワールピサも同様です。
一瞬の脚ではローズキングダムに劣るので、どちらかと言えば
皐月賞よりもダービー向きなんですが、息の長い末脚を上手く
使えればディープインパクト並に3角からのマクリで他馬を置き去り
に出来る可能性はあります。武くんは本番に向けてこの馬の脚を
測る様な乗り方をして来るかもしれません。あまりにも馬場が酷い
なら先行押し切りの安全策の可能性もありますが・・・。

ちなみに私のチューリップ賞の本命は、本番も含めて浜中くんの
ワイルドラズベリーです。アパネネに肉薄出来る唯一の末脚なら
この馬と見ております。見当違いだったら楽しみの無い桜花賞に
なってしまいますけどね・・・。

可愛いね~

十六茶のCMに出てるガッキーは何とみずみずしいことか。
若さ・爽やかさの爆発です。さんまのガキとは大違いだね。
ってことで、ここ最近は毎朝欠かさず十六茶飲んでます。
みなさんも是非
sign01

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント