« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

光回線の良さが実感出来ず・・・

今日から我が家も光回線になったんだが、ぶっちゃけ
ネットの速さも以前と大して変わりゃ~しない。
工事費が無料で、今後は月々の料金が900円ちょっと
高くなるだけだから変えてみたんだけどね・・・。
なんで、これと言ってオススメは出来ません。

生キャラメルアイスは不味い

花畑牧場さんも売り上げがガタ落ちだそうで・・・。
ま、さんざ儲けたんだから十分だろうよ。
コンビニで売るアイスに380円も値段付けちゃダメだ。
ハーゲンダッツの向こうを張るにはチト背伸びし過ぎ
じゃないかい?
試しに昨日買ってみたんだが、ハッキリ言って美味くない。
キャラメルの甘さがクドくて三口で飽きる味だ。
悪いけどあれじゃ売れないと思うよ。
今となっては生キャラメル自体に有り難味も薄れたし・・・。
早いとこ撤退した方が無難だな。

意表を突く救世主

温水洋一がネオ役になってるパチンコ・マトリックスの
CMはバカバカしくも思わず笑っちゃうな。
仰け反りながら手に持つ茶碗からお茶がダラダラこぼれる
所が笑いのアクセントになってて素晴らしい作品だ。
温水を起用したセンスあるプランナーにも拍手だね。
ストレスが溜まる様なCMを流すバカ会社も少しは見習え!

耳障り目障り

どうでもいいが、最近流れ出したアート引越センター
のCMを目にする度にイラッとするのは俺だけか?

永遠の憧れ投手

子供の頃に野球をやっていた奴なら、誰しも憧れの選手が
必ず一人や二人は居たもんだ。
俺の場合、投手は「阪神の小林繁」、野手なら「巨人の高田繁」
だったな。特に高田が使ってた青いグローブはカッコ良く見えて
何度も親にねだった挙げ句にようやく買ってもらった覚えがある。
SSKだったかミズノだったかは忘れちゃったけどね・・・。
近所のガキ連中と遊びで試合する時はピッチャーとサードを
交互にやってさ、投げる時は小林のフォームをよく真似して
たっけ。投げ終わりに帽子を飛ばす所まで真似したもんだよ。
投げる前にわざわざ浅く被ったりしてね。
そんな憧れだった小林が急死するとは非常に残念で寂しい。
現役引退も早かったけど、亡くなるのまでこうも早いとはね・・・。

そういや因縁の相手である怪物・江川は引退までの間に沢村賞を
獲れず終いだったけど、小林は一度受賞したな。
そのことの悔しさを以前番組で小林と共演した江川が言ってたのを
思い出した。

憧れのサイドスロー投手・小林繁に心から合掌。

痛ぇな~

あまりにも痛みが引かないんで午前中病院。
化膿はしてないものの、湖を囲む道の様に傷の周りが
熱で腫れ上がってる。これじゃ~痛いわけだわな。
いつになったら完治することやら・・・。

かなり荒れてる中山のターフ。
やっぱり切れ者よりもパワータイプを狙うべきなのかね?
難しいけど、京成杯はログとフラガラッハの1点勝負。

御本人は勝手に餞別扱いか?

以前、知り合い夫婦の離婚話を書いたことがあった。
その後二人とは全く連絡が取れずに2年以上が経過。
そういや女房の方に離婚後10万円貸してやったんだが
ウンともスンとも言って来ずに踏み倒されちゃったなsmoking
ま、それだけロクでもない人間てことだから仕方無い。
ハナから返す気なんて無かったんだろうよ。
そういう奴はどっかで野垂れ死んでくれ。

今年は特別寒いんじゃないの?

釣りに行きたい気持ちはある反面、こうも毎日寒いと躊躇する。
ケガを理由にする面も確かにあるんだが、仮に体がノーマルで
あったとしても多分行かないんだろう。まぁ早い話がヘタレって
ことなんだね。ただそれだけ。
この時期のメインである「カレイ」「アイナメ」「メバル」はどれも
美味しい魚で、刺身はもちろん、煮付けや唐揚げでも楽しめる。
腹減った・・・。

3日じゃ良くならんか・・・

膝の傷が不良である。こういう火傷状の擦り傷の場合は
患部に塗り薬を使用すると逆に回復力を鈍らせる原因に
なるそうだ。(近所のヤブ医者が言ってるから真偽は不明)
なので、消毒のみを施して傷当てパットで覆って終わり。
ただひたすら瘡蓋(←かさぶたって読むみたいね)になる
のを待つしかないみたいね・・・。

猛烈にズキズキ痛むのでぶっちゃけ辛い・・・。

成人おめでとうございます

各地で行われた成人式の模様をニュースで観てたら
以前色々と騒がれた某派遣会社会長(社長だっけ?)
の愛人娘が振袖を着て出てました。
15~6の時から絶倫に調教されてた子が今更成人式も
へったくれもないわけですが、まぁ何と言いましょうか
「これからの長い人生頑張って下さい」って感じですね。

痛くて安静どころではない

膝の傷がズキズキ痛んで眠れない。
いやらしいDVDも落ち着いて観てられん。

カーブ通過後のスリップ2回目

本日は朝一で厄除けのお祓いに行き、その後セローで箱根へソロツー。
午後の2時半に乙女峠の急カーブにてスリップ転倒。(路面凍結?)
セローは大したことないものの、乗車人が女座り姿勢のまま5~6mほど
路面をスライドし、縁石にケツを強打して停止。
右膝・尾てい骨の上・右太ももの内側をそれぞれ負傷。ジーパンがボロボロ
に破けるほどの豪快な滑りであった。負傷箇所は路面との摩擦の影響で
火傷状の酷い擦り傷である。それぞれが気の毒なくらいベロンチョ剥け。
ぶっちゃけ相当痛い・・・・・・・・・・。
お祓い行った数時間後にこんなアクシデントに遭うとはこれいかに?
やはり何かの因縁か?

逆にお祓いしたからこそ、この程度のケガで済んだ
そう考えた方が無難かもしれん。
後続車も対向車も皆無で助かったことは確かな事実である。
今年は大人しく過ごすに越したことはないか・・・。

貴方は何処に・・・

そういや暮れにCメールで「合法的措置に移ります」と
送って来た奴は今頃どうしてんのかな?
電話してやらなかったから措置の手続きでも一所懸命
してるんだろか?それとも派遣村でも行ってお小遣い
でも貰って来たのかしら・・・?

名曲

何だか無性に北原ミレイの「石狩挽歌」が聴きたくてシングルCDを購入。

作詞:なかにし礼
作曲:浜 圭介
編曲:馬飼野俊一

改めて聴くと、やはりこの歌は「北原ミレイだからこそ」だとつくづく思うね。
余談だが、声質が似てる門倉有希にこれを歌わせると非常に上手い。
以前NHKの歌謡コンサートで披露した時は絶品だったよ。

京都金杯連覇ならず・・・

昨年は京都の金杯で「乾杯!」が出来たから、今年も「願わくば・・・」と思い
タマモサポートから色気出してド~ンと買ってはみたものの・・・。
やっぱり柳の下にはドジョウもフナもクチボソも2匹は決して居ないもんだね。
改めて学習した今年の金杯でした。

定職が全てではないが・・・

公設派遣村の閉鎖により800人にカプセルホテルを提供。
中には都の対応が悪いだの何だのと能書きを垂れてる輩が居る様だが
果たしてこの中の何人が本当に致し方の無い事情でこの様な境遇に陥って
しまったのかね?元々正社員として企業に勤めることを自ら拒否して生きて
来た連中だって山の様に居るはずなんだよ。って言うか、この手の連中が
大半だと俺は思ってるけどな。事実、我が社の現場で働いてる派遣の連中も
殆どがそう。主婦や独身女子を除き、20代~50代までの野郎連中が大勢居る。
その中にいる36歳の男とのやりとりを再現してみようか。

俺:「イイ歳なんだから頑張って就職先探せよ」
男:「めんどくさいんですよね」
俺:「今のままじゃ何の保障もねぇじゃん。この先何かあったらどうすんだよ?」
男:「昔っから好きな時に働いて休みたい時に休める生活のが好きなんですよ」
俺:「今まで就職したことは?」
男:「一度だけあったけどサラリーマンてかったるくて・・・。何て言うか、組織に
      縛られるのが性に合わないんですよ。とにかく周りがウザくて直ぐ辞めました」
俺:「で、それからずっとこんな生活?」
男:「そうですね。とにかく気楽だし、煩わしい付き合いとかも無いんで・・・」
俺:「住まいは?」
男:「実家です」
俺:「親御さんからは何も言われねぇの?」
男:「別に何も。つうか、今付き合ってる相手と結婚しようかと思ってるんですよ」
俺:「は?結婚?」
男:「相手の親にも一応挨拶に行ったんで・・・」
俺:「で、何て言ってた?」
男:「別に何も・・・。お義母さんには気に入ってもらってるんですよ」
俺:「向こうの親御さんには無職だってこと言ってんの?」
男:「無職って言うか、派遣社員だってことは言ってますけど」
俺:「それでも何も言わずに結婚には賛成してんの?」
男:「お義母さんはそんな感じですけど、お義父さんはちょっと・・・」
俺:「そりゃそうだろ。自分が父親なら定職にも就いてない男に大事な娘を喜んで
      嫁がせられんわな。余計なお世話だけどよ、順番から言うと結婚よりまずは
      就職が先じゃね?今のご時世、確かに就職すりゃ必ずしも安定した生活が
      送れるってわけじゃねぇけどさ、それでも日雇いで何の保障も無いまま毎日
      不安に生きて行くよりかはまだマシだって。将来生まれてくる子供のことを
      考えてやんなよ」
男:「確かにそうなんですけどね。ま、それでも何とかなるんじゃないかって・・・。
      あれこれ色んな仕事して手に職も付いてるし・・・」
俺「・・・・・」


これ全部実話ね。こういう輩が実際に居るわけよ。
まぁ他人ん家のことだから別にどうでもイイし、そいつの生き方なんだから
とやかく言うこともないんだけどさ、なんつ~かイイ歳して世の中をナメてる
って言うか、考えが甘ちゃんと言うかね・・・。
根本的に「
自由業」と「自営業」ってのは意味合いが全然違うと思うんだがな。
自由業ってのは所詮その時その場の日雇いであって商売じゃない。
庫内の仕分けを長年やってても、そんなもん決して「手に職」にはならないよ。
そこん所の違いも分からずに力強く「何とかなる」って気楽に宣言しちゃってる
んだからさ、ま、俺としては「じゃ頑張んな」って言うしか言葉が見当たらないね・・・。

年賀状にガキの写真なんぞ不要

初詣と遊び帰りの影響もあってか今日はどこも大渋滞。
東名の事故で小田原厚木道路は厚木の料金所手前から
動きゃしない。伊豆高原から4時間以上も要してクタクタだ。


今年も年賀状を沢山貰った。
これは毎年の様に思うんだが、子供の写真をメインにする
年賀状だけはホント勘弁してもらいたいね。ウンザリだよ。
自分が名付け親になってるガキならともかく、他人ん家の
ガキの成長期なんざホントどうでもイイ。
何でどいつもこいつもバカの一つ覚えみたいに同じ様な
ことするのか全く理解出来んわ。
それとも、年の初めの挨拶状にテメェんとこのガキを前面
に押し出すのが当たり前の世の中なのかね?
酷い奴だとガキの写真のみで「今年も宜しく」って印刷文面
だけだもん。こんなもんなら送ってくれなくても結構だよ。
もうね、やるのは勝手だけどさ、そういう類の年賀状は
親類縁者向け専用でやってくれよ。ホント迷惑でウンザリ。

dyson / DC26 タービンヘッド コンプリート

引力の変わらないただひとつの


本日ヨドバシで買って来た。念願と言や~念願だね。
にしても、国内メーカー最新式の掃除機はどれも驚くほど高い。
何ちゃらセンサーだのクリーン排気だの、ホントにそこまで必要
なのか?と思う機能が満載になってる新型は8~10万円もする。
値段だけならダイソンより高いのがいくらでもあるわけだ。
まぁそれだけ色んなものが装備されてんだから高い値段になる
のも仕方ないんだろうがね・・・。
搭載機能を見比べれば国内メーカーの方が遥かに上だろう。

と言うか、そういう点では比較対象にならない。センサーも何も
無い、言うなれば素の掃除機がダイソン。ここの売りはあくまでも
「吸引力が変わらない」っていう所だけであって、その他では特に
どうのと言うものは何も無いわけだ。
サイクロン式のものはフィルターが詰まると明らかに吸いが悪くなる。
これはどんなに高い最新式のものであっても昔から変わらない。
このフィルターの掃除ってのが案外手間が掛かって面倒なんだな。
我が家は毎日俺が掃除機をかけてるんで、その手間隙は誰よりも
よく承知している。重なる購入代金のことを考えなければフィルター
の掃除をしなくて済む紙パックの方が断然楽。何よりも本体の中が
汚れにくいしね。

ダイソンの良い所はフィルター自体の掃除を頻繁にしないで済むこと。
製品情報に出てる様に遠心力でゴミやホコリが空気から分離するんで

フィルターへの負担が掛からない。(2年に一度の清掃と出てるが・・・)
だから吸引力が衰えないんだな。
今回69800円も出して買った理由はフィルターに目詰まりが起こらないから
掃除をこまめにしないで済むっていう点に尽きる。
ただし、国内メーカーに比べると音がうるさい。唯一の問題点はここ。
ま、俺は全然気にしないから構わないんだけどね。


Dsc02685

未だに喉が渇いてる

昨日、かんぽの宿・伊豆高原へ泊まりに行って来た。
年寄り相手の宿舎なんで、バリアフリーだけが強み
であること以外は特筆すべき点は何も無い。
正月向けの特別料理も大したことが無く、味付けが
どれも異様にしょっぱかったのが気になった。
こんなもん何日も食わされてたら誰もがあっという間に
高血圧だ。周りの年寄り連中もみんな文句垂れてたよ。
特に金目の煮付けは水無しでは食えない程の高濃度。
ありゃいくら何でも酷過ぎだぜ・・・。
今回はたまたまだったんでもう二度と行かない。
やはり伊豆で泊まるなら修善寺辺りが無難だね。
「○久(まるきゅう)」「嵯峨沢館」なら間違いない。
ま、値段もサービスも全然違うけどね・・・。

謹賀新年

年末ジャンボの「元気に2010年賞・100万円」は
下2桁違いで残念ながら撃沈・・・。
惜しいと言うか、悔しいと言うか、単にツキが無い
と言うか・・・。ま、金に縁の無い奴はこんなもんの
繰り返しで終わるんだろう。

数え年で今年は厄年。しかも大厄だそうだ。
年末に前厄であったことに気付くこの愚かさ。
厄除けに行かないとな・・・。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント