« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

兄貴分が逮捕で藤田が燃える(何のこっちゃ?)

明日から一泊で福島へ紅葉を見に行って来る。
磐梯吾妻スカイラインからレークラインを抜けて
五色沼を周ってみようかと思ってる。
大内宿で中尾彬絶賛の長ネギを箸代わりにして
食う蕎麦屋へ寄ってみたい。


さて天皇賞。
一度叩いて迎えるウオッカの完勝か?
それとも距離が短いと嘆くオーケンブルースリが
展開ハマッて一気にケツから差し切るか?
いずれにしてもイマイチ俺の中で盛り上がりに欠ける
今年の秋天。当てに行かずに小額で遊ぼうかね・・・。

◎シンゲン
○エアシェイディ
▲ホッコーパドゥシャ
△ヤマニンキングリー
△オーケンブルースリ

シンゲンは「頭あっても2着ナシ」なんで当然馬単で勝負。

土曜のスワンSはホッカイカンティかクラウンプリンセス
かで大いに迷ってるとこだ。ソコソコ荒れそうな気がする。

どこの店もこんな程度なのかね?

先週末に山中湖へワカサギ釣りに行って来た。
ドーム船ってやつなんだが、これがまたサービスが
悪くて出船前から寒さでガタガタ。
出船時間を決めているのであれば、客を乗船させる
前から船内を暖房しておくのが当たり前だよな。
それが出船間際になって「ストーブ焚きますか?」
ってんだから聞いて呆れる。これじゃ客が来なくて
当たり前だわな。
あえて店名までは載せないが、写真見てどこの店か
判断してくれ。


008 001 002_2





003 004





エサの赤虫が小さ過ぎてハリ掛けにかなりの苦労。
サシも含めてエサは予め釣具屋で購入して持参すべき。
このサイズの赤虫だと釣りエサ用じゃなくて飼育用だよ。

食い渋りもあって数は伸びなかったが、釣りそのものは
結構楽しい。放っとけば勝手に掛かるイワシのサビキ釣り
と違ってアタリの取り方が意外と難しい。
思った以上にワカサギ釣りは奥が深いもんだ。
次回は違う店のドーム船で挑戦したい。この店はもうイイ。

正に混戦の菊花賞

セントライト記念のレース後に
「鞍上強化なら本番はフォゲッタブル!」と決めたのに
残念ながらその目論見が外れて吉田がそのまま騎乗。
どうやら陣営は本気で勝ちに行く気が無いようだな。
ポルカマズルカなんて訳の分からん馬に横山を取られ
るぐらいなら前もって声を掛けてりゃ良かったのに・・・。
そこらの条件戦ならともかく、クラシックの長丁場じゃ
吉田なんて買う気にもなれんわ・・・。
折角見付けた穴馬だと思ったのにホント残念。

前走7番人気で快勝したイコピコはどうなのかねぇ。
確かに末は強烈だったんだが、気楽な立場で乗った
結果が“たまたまハマっちゃった”ってだけの話なんじゃ
ないのかい?
アンライバルドもトライアンフマーチも1800~2000mが
ベストの馬だしな~。

やる度に着順がコロコロ変わりそうな今年の菊花賞だね。

降着あれど良いレース

「やっぱり2頭は強かった・・・」だったな。
ブエナの降着は残念だったけど、あれは馬のせい
じゃないから仕方ない。

それにしても四位は腕が上がったよ。
ウオッカを降ろされた頃から変わって来たかもな。
何れにせよ次のエリ女でも2頭は勝ち負けだろう。
アクシデントが無い限り他馬が付け入る隙は無い。
次回はどっちに運があるかだな。
外回りコースに変わってどうなるか?

馬券はレッドから追加で買ったんでコッソリ的中。
にしても本線馬券で買ったラインドリームは全く
お話にならなかったね・・・。

最近競馬熱が下がり気味でも・・・

何だかんだと10月も後半。気が付けば秋のGⅠが開幕だ。
何とか今回ブエナに一矢報いたいレッドディザイア陣営。
前哨戦を叩いて松永くんはキッチリと仕上げて来たね。
2頭の実力は他馬を圧倒してるんで、終わってみれば
「やっぱりコイツら強かった・・・」ってな感じでシャンシャン
になるんじゃないかと思うんだが、まぁ競馬ってのはやって
みなきゃ分からない所もあるんでね・・・。
心情的にはレッドに勝たせてやりたいものの、ヘソ曲がり
の俺としてはそれじゃ馬券がつまらないんで、先行抜け出し
がドンピシャで決められそうな穴馬をさっきから一生懸命
探してる。短い直線を最大限に生かせそうな馬だ。
多分勘違いで終わるんだろうが、今年の秋華賞は大荒れを
祈り、思い切って振り回すことにした。

◎ラインドリーム
○モルガナイト
▲ホクトグレイン
★レッドディザイア
△ハシッテホシーノ
△ミクロコスモス


府中牝馬Sはトールポピー。
差して届かずの多いベッラレイアは今回も掲示板までか?

シャカタクのベスト入手

Dsc02631






20年以上前にTBSで放映された伝説のドラマ「男女7人夏物語」
の中でBGMとして使われたシャカタクのアルバムである。
収められている曲の大半が流されていたんで、どの曲を聴いても
非常に懐かしい。今の時代でも十分オシャレな感じで通用する
んじゃないか?

劇中にさんざ流された「デジャブ」の軽快なピアノ演奏は絶品だね。

やしきたかじん東京参上

新宿の厚生年金会館で行われた「やしきたかじん」の
コンサートに行って来た。公演は7年振りらしい。
前回観に行ってからそんなに月日が流れたのか・・・。

歌よりトーク中心なのは昔と何ら変わらないんだが
還暦を迎えてもその声量は抜群に素晴らしいまま。
久し振りの生歌を聞けた観客も十二分に満足したはずだ。
この歳で男としての色気もあるんだから大したもんだよ。

今日会場で見掛けたのは
研ナオコ・三宅某(ツルっ禿げの政治評論家)・秋元康
それに謹慎中の北野誠。
北野以外は全員座席が俺と同列。研ナオコは4つ隣だった。
「歳の割には若く見えるのが芸能人」ってのが定番である
はずなんだが、残念ながら彼女は一般人同様に歳相応(笑)
ただし、着てる服はいかにも高そうな感じなんで、そこん所は
「さすが芸能人」なわけだ。

前回と違い、着物姿の一流ホステスさん御一行は見当たらず。
これも景気が悪い影響なのかな?

たまには横浜でも公演をやってもらいたいね。

ルミノックス

Dsc02627





赤秒針になったニュータイプ。
2代目のルミノックスなんだが、これで電波時計だと
言うことないんだけどねぇ・・・。

アジングは楽しい

最近ハマッてるのがソフトルアーで釣るアジング。
先週は江ノ島付近、昨日は城ヶ島へと行って来たんだが
アジって魚は回遊魚なんで、その名の通り群れで泳いで
来てくれないと全く話にならないわけだ。この点はサビキ
で釣る時と同じだね。
唯一違う点は、居座わらずに釣れなきゃ居そうな場所を
探して次々に移動する、言うなれば探り釣りだな。

仕掛けは至ってシンプルなんで、金も手間も掛からずに
気軽に楽しめる点もアジングのイイ所だと思う。
ただ、これが思うほどそんなに簡単には釣れないんだな。
実際にやってみるとエサ釣りよりもルアーのが断然難しい。
これは何もアジに限らず、シーバスやヒラメも同じであって
魚ってのは潮が効いてないとダメだし、捕食するベイトが
居ないとまず釣れない。色々と頭と体を使ってやるのが
ルアーでの釣りってわけだ。

ちなみに、江ノ島付近では運良く20尾ほど釣れたんだが
昨夜の城ヶ島ではボウズだった。まだまだ修行不足だね。

Photo Photo_2
メジャークラフト・クロステージ 
CRS-732AJIモデル

お手
頃価格で扱い易い


Photo_3
シマノ ・アルテグラアドバンス 2500S

級クラスじゃなくてもAR-Cスプール付き



Photo_4
ルアーはエコギアとダイワの月下美人
リグはカルティバのメバル弾丸
これに中通しのシンカーも使う




ラインはメバル用のナイロン0.8号を直結。
俺はサーフ仕様と違ってPEは使わない。
よってショックリーダーも使わない。
余程の大アジでも狙わない限りシンプルな仕掛けで十分だ。

行楽日和にフラッと箱根

東華軒と言えば昔から「おたのしみ弁当」が定番なんだが
こないだ箱根へソロツーに行った際に湯元の駅で探したら
もう置いてなかったね。終売になっちゃったのかな?
で、代わりに「デラックス・こゆるぎ弁当」ってのを買ってみた。
まぁなんて言うか可も無く不可も無くって感じかね・・・。
目の前を流れる早川で一人寂しく味わって来ましたよ。

弁当食った後は駅そばにある「
弥次喜多の湯」でショート入浴。
悪くはないけど、特別オススメは致しませんな。
ま、参考までに貼っときます。

立ち寄り温泉みしゅらん

http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/yajikitanoyu/yajikitanoyu.htm


Dsc02629 Dsc02630伝統のそぼろは相変わらず美味い  

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント