« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

私の夢はアルナスです

やけにアクセス数が多いと思ったら、知らぬ間にセローの記事が
ヤマハのサイトに紹介されてたよ。気が付けば一気に5万超えだ。
実際に買うか買わないかは未定なんだけどね・・・。


さて宝塚記念。
ウオッカが出なけりゃディープの一本被りは当たり前。
まぁタダ貰いみたいなもんだな。てか負けられないだろ。
持ったままで勝つくらいじゃないと怒られちゃうよ。
でも俺は頭から買わないけど(笑)

◎アルナスライン
○ドリームジャーニー
△サクラメガワンダー
△ディープスカイ

本日は映画2本

トランスフォーマーと剣岳。久し振りに一日2本も映画を観た。
どちらも内容は微妙なんだが、特にトランスは期待ハズレ。
やはりシリーズものは何でも一作目のが面白いね。

馬さんの店

八景島のシーパラに初めて行って来た。ここは淡水系の魚が少ない水族館。
売りは白イルカなんだね。まぁ特に強くはオススメしませんが・・・。

帰りは中華街の「馬さんの店」へ。
この店は安くて美味しいね。それにどの品も割りと薄味なのがイイ。
こっちは強くオススメします。とにかく行って絶対に損はしない。
是非一度皆さんも足を運んでみて下さいな。


馬さんの店「龍仙」

鮃力2

Dsc02481_2前作より丁寧な解説、並びに攻略を紹介してくれてます。
今回のが断然イイ出来だと思うよ。
なかなかイイのが釣れなくて堀田君も苦労してるけどね。
ま、ヒラメは簡単に釣れちゃいけない魚ってことです。

ヒラメアングラーは必ず買って下さい。3990円です。

セロー250に試乗

Pic_005zoom




今日仕事帰りに試乗して来た。特にこれといって
強烈な印象は無いけど、足着きもイイし乗り易い。
ゴールドは生で見ると品があってなかなかイイね。
店長に30分以上も付き合ってもらってセローの
良さを色々聞かせてもらった。
やはりオフ車の入門にはこれが一番かな?

加仁湯に行って来た

だが、あまりにも酷過ぎて写真入りで載せる気がしない。
大変申し訳ないが、リピーターになる奴の気が知れないね。
「うちは黙ってても客は来るから」的な雰囲気の宿に俺は
二度と金なんて出さないよ。
玉子湯や不忘閣が90点以上なら、ここは10点以下だな。
晩飯はやっつけ仕事、風呂場の脱衣所は清潔感ゼロ。
ここの宿に「客をもてなす」という気持ちは皆無に近いね。
とにかく最悪の宿。金をドブに捨てるとはこのことだ。
テレビや雑誌で取り上げられることによっていつしか
胡坐をかく様になる典型的な温泉宿だわな。
個人的には残念だったよ。

一瞬ガッツポーズも・・・

ミリオンドリームの1等100万円が惜しくも外れた・・・。
それも下一桁2つ違い。前々後賞ってのがあればな~。
でも一緒に買ったドリームジャンボが3000円当たったから
まぁイイか・・・。

韓国からのアクセス

以前ここにアイマのフローティングベストを写真入りで紹介した
ことがあったんだが、昨日のアクセス状況を何気なく見てみると
リンク元ページにその時の記事がナゼか韓国語に訳されていた
んで驚いちゃったよ。他にもAR-Cの記事が同じ様に韓国語で
訳されていたんだな。アドレスを見ると韓国からアクセスされてる
みたいなんだが、どういった経緯とカラクリで俺の記事が韓国語
になってるのかよく分からんね・・・。

まぁなんつ~か、このくだらないブログも国際的になりつつある
ってことなのかもしれん。んなわけね~か・・・。

シンゲン強し

今日はヒモで流した馬同士で決まった馬券だらけ。
これは決して良い感じのハズレ馬券じゃないんだな。
同じハズレでもヒモが間違ってる方がまだ良い。

CBC賞の勝ち馬はともかく、府中で勝ったシンゲン
の強さは本物だろう。秋天でも面白い存在になるか?
とりあえず毎日王冠での走りが楽しみだね。

フォルツァ売却

数日前に30万強でフォルツァを手放した。もう一度バイクに乗ろうと決めたからだ。

CBRの時に事故で左手首と右の手の平を骨折し、当時若干の後遺症が残った
ことで結局握りの軽いフォルツァに乗り換えたんだが、数年経ってほぼ完治した
今となっては何とかもう一度バイクに復帰したいという気持ちが強くなったわけだ。
ただし、大型ではなく250CCでじっくりと乗り遊びたい。オフにするかオンにするか
まだ未定。これから時間を掛けて検討する。

不忘閣に行って来た

玉子湯に続き、水・木で秋田の青根温泉「不忘閣」に行って来た。
ここは「じゃらん」のクチコミで東北エリアのNo.2温泉宿に選ばれた
老舗中の老舗旅館である。
青根は1528年の開湯で古く、また伊達一族御用達の温泉でもある。

不忘閣の「不忘」は、かの伊達政宗がこの宿を訪れた際、その湯の
素晴らしさに感動し「忘れることの無い様に・・・」という意味で名付け
られたそうだ。現在の宿主は数えて21代目になる。


Photo_3 Photo_4 不忘閣は山形道・宮城川崎ICより
15分ほど





Photo_5 Photo_6 部屋は帳場の直ぐそばだったんで
各湯に近くて便利だった
宿泊者が少ない日は一人でも
泊めさせてくれる



Photo_8「新湯」
伊達政宗も入った湯船だ
芥川龍之介・川端康成・山本周五郎らも
この湯に入ったそうだ(貸切で使用)



Photo_9100年以上前に一度建物は全焼
唯一残ったのは蔵だけだったとか・・・





Photo_10 Up 「蔵湯」
一番奥の蔵を丸々使用して
作られている
(貸切で利用)



Photo_13 「大湯」
幅2m  長さ9m弱ぐらい
夜中の2時に一人で入ったが、広々とした
浴室は結構怖かった・・・(一応貸切で使用)



Photo_14 Photo_15 昭和3年、宿の裏山で自殺未遂を図った
古賀政男(作曲家)が療養した部屋
ここで「影を慕いて」を作ったらしい




Photo_17宿の手前にある古賀政男の記念館





Photo_16これが「青根御殿」
火事で焼失後に復元(と言っても100年以上経っている)
翌朝、朝食後にこの中へ案内してもらった




016伊達の家紋
伊達家が外部に家紋の装飾を許可したのは
不忘閣とどっかのお寺だけだそうだ




011_2 正宗が使用した弓と矢
宿泊時に裏山で雉(きじ)撃ちをした際に使ったものらしいが・・・
(手にしてるのは宿泊者のおっさん)

この他、正宗直筆の手紙もある





とにかくこの宿の歴史は古い。正宗を始め、歴代の伊達藩主たちが
訪れていた不忘閣は今や大変貴重な存在だろう。
お湯はもちろん、全てに重厚感があり過ぎるほどの由緒ある宿だ。
優しい女将に親切な仲居さん。料理長の腕前も抜群。
確かにリピーターが多いのも納得出来る話だな。
良い宿に泊まれたことを嬉しく思う。


不忘閣HP

* じゃらんからも予約出来るが、宿への直電予約じゃないと
  帳場に近い良い部屋は宿泊不可。

大荒れを期待

良ならウオッカの頭は不動。
だが雨は上がってもレースまで急激な回復は望めない。
重に近い稍重ってのが一番厄介な予想だな。
ウオッカとホーネットじゃ新横浜まで買いに行く楽しみが
無いってもんだ。ならば今のデキと時計の掛かる馬場で
もう一押しを期待してトウショウカレッジから宝くじを買おう。

◎ トウショウカレッジ
○ ウオッカ
▲ スズカコーズウェイ
△ アブソリュート
△ スマイルジャック
△ スーパーホーネット

ルーキーズがうるさい

毎日の様に出演者たちがあちこちの番組に出まくってるな。
ここまで金掛けて宣伝しなけりゃ元が取れない映画なのか?
クチコミで観客動員数が増加して行く様な映画でも撮ってみろ。
最近はコイツらの顔見るだけで俺はチャンネル変えてるよ
smoking

社員の生活を屁とも思わない会社

うちの会社は夏のボーナスは何とか出す様だが、冬は「未定」と
既に発表してるわけだ。
で、住宅ローンのボーナス月払いで困ってしまう社員には金を
貸してやると言い出した。
それはそれでイイにしても、聞けば「利子は頂きますので!」だと。
返済は月々の給料から天引きされるってのは分かるが、その月給
すら何%もカットされてるのに、それでもまだ利子をふんだくるってん
だから聞いて呆れるよ。
こんなのが「緊急救済措置」と銘打った貸付制度とは笑えるね。
そのくせ経営が苦しいだの何だの吹いてる割には相変わらず
毎月の様に使いもんにならない天下りの高給取り連中が大挙
舞い込んで来る。月給100万を下らないバカどもを何十人も引き
取れる金はあっても、生え抜き社員に無利子で貸す金は何故か
無いんだな。うちはホント面白い会社だよ。
ナメてるとしか言い様が無いね。

最近ガソリンがまた値上げしてるな

遊び疲れと言うか運転疲れで両足のふくらはぎがパンパンだ。
とか何とか言いつつ、来週は宮城までまた温泉入りに行って来る。
何でこうも続けて遠出ばかりするのかと言うと、既に7月までたくさん
有休を取ってるからだ。
それ以降は取り難くなるから、あちこち出掛けるなら今のうちなんでね。
20日は栃木の奥鬼怒。24日からの4連休もどっかに行こうかと計画中。

まぁそれはそうと、高速道路の1000円均一に世間の目が向いてる隙を
突くかの如く、この所さりげなくガソリンがジワジワと値上がりしてるよな。
不思議なことに何故かニュースで取り上げられない。変な話だぜ。
気が付けば家の近所なんて
既にハイオクが134円だよ。
一気に5~6円も値上げしやがった。何で世間は騒がないのかね?
ガソリン高くなったな~って思ってるのはもしかして俺だけ?

玉子湯に行って来た

前々から行きたいと思ってた宿とはズバリ「玉子湯」のこと。

数年前に飯坂温泉に行ったんだけど、ホントはその時ここへ
泊まりに行きたかったんだよね。でも残念ながら部屋が空いて
なくてさ・・・。で、渋々(?)飯坂に行ったわけよ。
帰り道に目の前を通った時は恨めしかったね。
まぁ今回は運良く取れたからホント嬉しかったわ。

「じゃらん」のクチコミで東北エリアのNo.1温泉宿に選ばれた
玉子湯は、正にクチコミ情報の通り素晴らしき所だったよ。
この前行った乳頭温泉が霞むほどイイ雰囲気の温泉だ。


Photo Photo_2 これで天気が良かったら最高
だったんだけどね~





Photo_3 Dsc02342 この小屋がホントの「玉子湯」だ
正面入って左が女湯、右が男湯
この小屋は大昔からあるそうだ




Photo_5これが小屋の湯
見ての通りこじんまりした湯船
風呂は全て掛け流しだ



Photo_6これは源泉のひとつ





Photo_8 Photo_9玉子湯小屋の横道を下ると
「天翔の湯」(左) 「天渓の湯」(右)
男女日替わり制
濁りが濃い(露天の入浴は22時まで)



Photo_10足湯もあった





Photo_11Photo_13小さな内湯(左)
ゆったり疲れる大浴場(右)
露天より湯の色は薄い(館内は24時間入浴可)




Dsc02349夕食だ
福島牛のすきしゃぶが美味かった






今回の感想はじゃらんのクチコミにも投稿しといたよ。
そのうち掲載されるだろう。
この宿には是非一度行ってほしい。行けばその良さが分かる。
スタッフもみんな気持ちの良い人たちばかりだからね。
次回は7月に再訪したいけど果たして部屋は空いてるかね~?

とりあえずHP見てくれ
     ↓
玉子湯6/1付けでリニューアル)

極悪馬場でも結果は結果

たとえ馬場に助けられたとしても展開が向いたとしても
ロジユニヴァースの劇走には恐れ入りました。
全てに完敗ですな。
栄えあるダービージョッキーの仲間入りをした横山が
喜びよりも馬に対する反省の弁ばかりだったのがとても
印象的だったね。

まぁそれにしても、まさか皐月賞で1・2番人気に押されて
惨敗した両馬がこの大舞台で揃ってワンツーとはね・・・。
競馬の難しさを改めて知りましたよ。

これでアンライバルドとは“おあいこ”。
真の決着は菊花賞になる。
秋に向けてのロジユニヴァースの課題は末の切れ。
アンライバルトの課題は気性面(折り合い)の成長。
夏を越して両馬がどれだけ進化するか楽しみだね。


日本ダービー

◎ アプレザンレーヴ
○ トライアンフマーチ
△ シェーンヴァルト
△ ナカヤマフェスタ
△ アイアンルック


カスリもしない馬券でした・・・。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント