« ワタクシは至ってノーマルです | トップページ | 真打登場!「オシア ヒラメリミテッド」 »

危機管理が皆無ってことさ

ローゼンには二〇〇五年三月以降、三光フーズに関する苦情が二十二件も寄せられていた。うち十二件は「腐敗臭がする」など商品の問題を指摘する内容だったが、ローゼン側は特別に対応しなかったという
三光フーズの常連客だったという主婦(69)は「お祝い事があるたびに、この店ですしを買っていた。裏切られた」と憤慨。(Yahooニュース内より)



お祝い事の度にローゼンで寿司を買う客ね・・・。まぁこう言っちゃ何だが、ここのスーパーの御常連さんは所詮そういう程度の客層ってことだな。つまり経営側もそういうのを分かっているからこそ苦情を寄せられてもシカトしてたってことなんだろ?ある意味客をナメてるっていう証拠だよ。何せ3年にも亘ってインチキしてたってんだから、苦情の件数も実際には会見発表よりも多いかもしれん。あまりにも多かったからこそ仕方なく内部調査に踏み切ったってのが図星か?鮮魚売り場にいる従業員からのタレコミも考えられるわな。これは委託業者を抜き打ちで調査してなかった時点でローゼンの落ち度だよ。
しかも生ものを扱ってる売り場なんだから荷主側としても常日頃から神経を遣わなきゃダメさ。業者に金だけ払ってブン投げてるだけじゃ何の管理もしてないってことだから。
ま、これも自業自得だね。他のスーパーもローゼンを反面教師にして直ぐにでも調査した方が無難なんじゃねぇの?

そういや30年ぐらい前に東寺尾店の建物に爆弾が仕掛けられたって騒ぎがあって近隣は一時パニックになったんだけど、あれはローゼンに対する恨みでもあった奴の悪戯(事件自体は確かガセだったと記憶してる)だったのかねぇ・・・。

« ワタクシは至ってノーマルです | トップページ | 真打登場!「オシア ヒラメリミテッド」 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント