« 目立ちたがりも度が過ぎる | トップページ | 稼動調査 »

仮病・八百長・殺人・大麻

タイトルの通り日本相撲協会ってのは既に収拾が付かないほどの腐敗団体であって、今やそこらの外人集めてショーを行ってるだけの「ドサ回り見世物小屋」って言った方が適切だろ。結局ね、相撲の世界も外人だらけになると伝統も秩序も無いわけよ。何せ管理する奴が誰一人として居ないからさ、そりゃどいつもこいつもみ~んなやりたい放題になるのも当たり前の話でね。所詮外人なんざ日本の国技を重んずる気持ちで来日してるわけでも何でもないんだよ。ただ単に出稼ぎ半分遊び半分で来てるだけのこと。
それ以上もそれ以下も無い。そういう状況をせっせと作ってるのは誰でもない協会最高責任者である理事長・北の湖なんだな。全てはコイツ。
「可哀想なボクちゃん・・・」を一生懸命演じてるアホな間垣共々とっとと角界から消え去ればイイ。悪臭とバカは元から絶たないと不快であり世のためにもならないってことだ。

それと例の八百長問題の裁判は何の進展も無いな。まぁあるわけがない。ああいうのは決定的な証拠と当事者が自ら口を割らない限り立証なんざ出来ねぇんだから。
大掛かりな賭博が裏にあるとすれば尚のこと真相は深い闇の中で表にはまず出ない。
いわゆる立ち入り禁止の世界には誰も踏み込めないってことだわな。

« 目立ちたがりも度が過ぎる | トップページ | 稼動調査 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント