« 痛さの中にも歓喜アリ | トップページ | 日曜は重馬場です »

薄命に合掌

どこぞの元アナウンサーが自殺した件なんだが、世間は大して関心なんざ持ってない。
ダボハゼの如く食い付くマスコミも相変わらずだな。こんなこと別にどうでもイイだろ。
人の噂は七十五日とは言うが、悪いけどこのネタはそんなに長続きしないよ。

そもそも理由があるから自殺する。しかし、その理由なんて赤の他人が知る必要は無い。詮索する義務も無い。知った所で一体何になる?
そういう結末を迎えるのも人生。人の生に偶然など無い。全てが必然。オギャーと生まれた瞬間、将来は自殺するか病死するか事故死するか老衰で死ぬかは既に決まっているんだよ。こればかりはどうすることも出来ないし、どうなるのかも分からないんだな。

« 痛さの中にも歓喜アリ | トップページ | 日曜は重馬場です »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント