« 平和って言うより単なるアホ | トップページ | ボクの趣味は釣りと競馬です »

マダムをナンパ出来ず・・・

暇なんでくだらない長話を一つ。

世の中ってのは怖いもんでね。個人情報保護法なんざ実際には存在しないわけだ。
と言うのも

「不動産や株の投資を御紹介したくお電話させていただきました」

って聞いたこと無い会社から今日の午前中に現勤務先の事務所へ名指しで電話が掛かって来たんだよ。電話口は当たりの柔らかい御婦人なんだけど、出るや否やマンションがどうだの利回りのイイ投資がどうだのと講釈が始まってね。こっちはそんなことには一切興味が無いんで話の途中で遮ってやったんだわ。

「いやいや、そんなことよりさ、お宅は何で俺がここに居るの知ってんのよ?」
「ハイ。私どもの顧客名簿の中にお客様のお名前とお勤め先が載ってございまして・・・」
「へ~そうなんだ。んで、一体いつから俺はお宅の会社の“顧客”になってるわけ?」
「・・・・・」
「個人情報が売買されてる世の中だからさ、いきなり変な電話が掛かって来たとしても俺は別に驚きゃしないけどね、それでも本社に電話が入るんならまだしもさ、社内にいる一部の人間しか俺が今ここの現場へ一時的に出向いてるってことを知らないはずなのに、何で見ず知らずのお宅がピンポイントで俺の居場所を探り当てられるわけ?本社に電話したのかい?」
「いいえ。名簿に船橋にお勤めとなってまして、この電話番号も載っておりました」
「へ~。どっから俺の情報を仕入れたのか教えてよ」
「ハイ。ディックという会社様から情報を提供いただいております」
「他社から情報を買い取っておきながら“私どもの顧客名簿の中に”ってのも変な話だよねぇ。仮に俺がお宅の正式な顧客だったとしたら何もわざわざ俺の個人情報を他から買う必要も無いんじゃねぇの?それって少しおかしくないかい?」

「・・・・・」
「そこですかさず“おかしきゃ笑え!”ってツッコんでくれなきゃ面白くないじゃんか」
「すいません・・・」
「いや、別に謝らなくたっていいけどさ。そんなことよりそのディックって会社の電話番号を教えてよ」
「それはちょっと私では分かりかねますので・・・」
「だったらお宅の責任者と電話代わってよ」
「いや・・・その・・・只今席を外しておりまして・・・」
「だったら折り返しで構わないから電話させてくれる?」
「いや・・・それはちょっと・・・」
「俺ね、別にあなたをイジメてやろうってわけじゃないのよ。単にパートでやってるだけのことでしょ?」
「ハイ、確かに・・・」
「あなただって逆の立場でいきなりこんな電話が名指しで来たらさ、“えっ?何で知らない会社が私のパート先のことを知ってんのよ?”ってならない?それって怖いよね?」
「確かにそうですよね・・・」
「っていうか、電話先の相手からこう言われたらこう返答しろとかっていうマニュアルは無いの?」
「一応あります。でもツッコミのこととか世間話の件については載ってなくて・・・」
「まぁ確かに“おかしきゃ笑え!ってツッコミなさい”なんてマニュアルは無いわな」
「ハイ・・・私もこの仕事始めたのが最近なんで・・・」
「相手先に電話してパンフを送付しなきゃ仕事にならないんでしょ?」
「そうなんです。一応これでお金貰ってます」
「もう少しノラリクラリとした対応しなきゃダメじゃんか。そこの事務所小さいの?」
「いえ、結構広いフロアでオペレーターが沢山います」
「知らない電話先の相手と世間話なんかしてちゃ怒られるんじゃない?」
「大丈夫です。別に監視されてるわけじゃありませんし・・・」

結局この後15分近く世間話をしちゃったよ。どうやって俺の居所を探り当てたのかなんてお喋りしてるうちにどうでもよくなっちゃったし(笑) それにしてもこの御婦人は何やってんだかな。ツーショットダイヤルじゃねぇんだから(笑) お互い勤務先が近けりゃ「今度一回会おうよ」って誘えたんだけどねぇ・・・。知らないマダムを掛かって来た営業電話でナンパするってのも結構面白いかもしれんな
smoking

まぁそんなことはどうでもいいんだけど、らく今の居所の情報が漏れたのはamazon、あるいは某釣具屋で共に買い物した時にネット上で届け先を船橋の事務所宛にしたのが原因だろうな。この2ヶ所以外は思い当たらない。あるいは、配達に来たヤマト・佐川・福通の届け先データから流れ出した可能性もある。いずれにせよ、ネットはどこでどう情報が垂れ流されてるのか分かったもんじゃないってことだ。怖いねぇsmoking

« 平和って言うより単なるアホ | トップページ | ボクの趣味は釣りと競馬です »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント