« オツムもリハウスして下さい | トップページ | ソースに浸す串カツを食いたい »

児島玲子は爽やか美人

大盛況の国際フィッシングショー。本日行って参りました。

各大手メーカーには契約プロが多数訪れていて、それぞれのブースで行われていたトークショーや講習会は人だかり。特に混んでたのはメガバスとエバーグリーン。こういう機会でないと身近でプロの生声が聞けないので、一般のアングラーにとっては大変貴重な時間を過ごせたに違いない。

俺のブースチェックは「ラパラ」→「アムズ」→「ダイワ」→「ジャクソン」→「シマノ」の順。毎回思うんだが、ラパラは小さいブースでも展示が大変お洒落で素晴らしい。アウトソースしてるのか自社でやってるのかは知らんけど、センスの良さは参加メーカーの中で毎年群を抜いているんだよね。まぁ唯一ケチを付ける点はカタログの値段か?(笑)
今年は未使用のX-RAPを引っ張り出して使ってみることにしよう。

ダイワとシマノはメインステージを挟んでの対決だったが、展示のセンスと揃えた契約プロの数では文句ナシにシマノが勝ち。コンパニオンを置かなかったシマノに対し、ダイワは数人置いていたもののどれも不作でパッとせず・・・。ゲストに水野裕子でも呼んでれば良かったのにな。ついでに書くと、シマノの前にブースを構えてた「ジールオブティクス」でパンフを配ってたお姉ちゃん(多分コンパニオン)は全ブースの中で一番の美人。見落としてた人たちは残念だったねぇ(笑)

で、シマノだ。テレビでお馴染みであるマダイ釣りの第一人者「職人・永井裕策」のおじさんは一見気難しい雰囲気も話してみればとても気さくな人。そして反対側では我が本命であるヒラメハンター堀田光哉くんと対面だ。付き添ってたのは永浜いりあちゃんだったのかな?いや~感激だね。本家本元のヒラメハンターと会えたなんて嬉しい限り。
一度でイイから一緒にサーフで釣りをしてみたいもんだわ。そんな矢先に後ろで人だかりが出来てたんで行ってみると児島玲子ちゃんのサイン会。気合を入れたメイクとカワイ子ちゃんファッションのせいもあったにせよ、生の玲子ちゃんは歳の割りには意外と可愛い。顔が小さくて30半ばにはとても見えない健康的で爽やかな美人。こうして玲子ちゃんを見ちゃうと俺なんか余計に水野裕子を見たくなったよ。ダイワさん、来年は是非彼女をお宅のブースに連れて来て下さい。

001 ダイワはバック付きで200円
シマノはDVDが2枚付いて500円

だったそうです


002 追加で貰ったダイワ・ショアラインシャイナーSL14LD
上から
マットピンク、レーザーグリーンバックゴールド
レーザーブラックイワシ


003 レーザーブラックイワシは真っ黒の魚体に赤い斑点
写真でも見にくいね




1001431 08ツインパワーは非常に良い感じ
やはり「買い」ですな
シーバス・ヒラメならC3000か4000

« オツムもリハウスして下さい | トップページ | ソースに浸す串カツを食いたい »

SALT WATER」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント