« こんなこともあるもんだ | トップページ | せめて配達は夕方までに »

穴釣りとゲロの話

暖房の効いた船内でワカサギ釣り」ってのは非常に魅力的だな。何てったって水洗トイレまで完備してるってんだから嬉しい限りだね。もう10年以上も前に群馬の榛名湖で穴釣りをしたことがあるんだけど、これがまた寒いなんてもんじゃなくてさ・・・。囲いも何も無い状態の中でやったから風が吹きっつぁらしでたまったもんじゃなかったよ。しかも曇りだったから尚更の寒さ。釣りどころじゃないもん。それに辛いのが針へのエサ付け。サシ(蝿の幼虫)を使ったんだけど、このサシってのは米粒と同じかそれより小さくてね、極寒の中だから手がかじかんじゃって小さいサシが上手く指で掴めないんだよ。分かるかい?しかもブヨブヨしてるから余計針が通しにくい。寒さと動かない指先のもどかしさで段々イライラして来るわけだ。やっと付けられて糸を垂らしたって全然釣れない。それを2~3度繰り返すともう限界。最後はヒステリ起こして竿毎ブン投げて終わり(笑) 楽しくも何ともなかったな。テレビのニュースなんかで見掛けると結構楽しそうに見えるんだけど、実際にはとんでもねぇ話だよ。俺はこれを機にその後今現在まで一度たりともワカサギ釣りはしていない。穴釣りはしたいとも思わないね。もう懲り懲り。でも薄着で胡坐かきながら出来る船内での釣りだったら話は別。まぁ船酔いだけが心配だけどね・・・。何せ山下公園から出てる僅か20分間の遊覧船ですら乗った3分後には撒き散らしたぐらいだから。あの時の乗客の皆さんごめんなさい(笑) 俺を見てもらいゲロしてた子供もいてね。ホント悪いことしちゃって申し訳なかったよ・・・。

« こんなこともあるもんだ | トップページ | せめて配達は夕方までに »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント