« 喫煙者は風の子です | トップページ | 本日もフォルツァは快調です »

たかが知れてる道交法の改正

自転車運転のマナーを定めた道交法の改正についてなんだが、果たしてどこまで厳格に取り締まれるものなのか俺としては甚だ疑問でね。大方は「警告」で済んじゃう話なんで、徹底した罰金の徴収でもしない限りまず違反者なんざ減らないわけだ。
「ごめんなさい、これから気を付けます」で終わっちゃうならそれこそ警察は要らないよ。
まぁそこら辺のことはあっちこっちに出てるんで興味のある人は検索してみればいい。
中には「だったら車だって走行中に音楽聴くのを禁止しろ!」とか言ってるバカもいるから面白い。完全に耳を塞いでズンチャカ音楽を聴いてれば外部からの音が遮断される。色んな面での危険性が生じるという認識が全く無いこんなバカがいるから事故も起こるわけでね。それに「雨の日に傘を差しながら片手走行すると危ないからヤメなさい」なんて何を今更・・・って感じだよな。人手不足の警察が一体どれほどの警官を街角に立たせて違反者に対する取り締まりが出来るものなのか、俺としてはそっちの方がよっぽど興味あるわ。

« 喫煙者は風の子です | トップページ | 本日もフォルツァは快調です »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント