« 空振りが続くフィッシング | トップページ | 今月はこれにて終了 »

我、角膜潰瘍に見舞われる

昨日まで何ともなかったのに、どういうわけか今日は午前中から急に目が沁み始めて充血が止まらなくなった。とにかく目が沁みてしょうがない。午後に入るとそれに痛みが加わって来て我慢にも限界。未だかつて経験の無いこの症状に恐怖を覚え病院へ飛んで行ったわけだ。結果「角膜潰瘍」で全治一週間と診断。


角膜潰瘍とは

角膜の一部がえぐれた状態になった場合、これを角膜潰瘍といいます。ふつう、角膜潰瘍は細菌などの感染によっておこりますが、感染と関係なく発症するものもあります。目の表面やまぶたの裏側にはつねにいろいろな細菌がいますが、ふだんは角膜の表面の膜[上皮]や涙が目を保護しているので、この細菌は悪さをしません。しかし、かわき目で涙が出ないとか、
コンタクトレンズのために角膜に傷ができたりすると、この細菌が角膜をおかして潰瘍をつくります。 また、副腎皮質ステロイド薬や抗生物質の点眼を長い間つづけているときや、植物で目を突いたときなどには、カビによる潰瘍がおきる場合もあります。


今回の原因はコンタクトレンズの着けっ放しによるもの。
角膜のえぐれが酷かったり、何度もこの潰瘍を繰り返すと(気を付けてないと再発しやすいそうだ)失明しちゃう危険性があるらしい。3種類の目薬を処方され、これを一日に何度も点して治療することになった。


教訓

コンタクトレンズの装着時間は最大で12時間というラインを守り、決して俺みたいに着けっ放しで何日間も過ごさないこと。(ちなみに俺は使い捨てタイプを使用してる)


俺なんか酷いと一週間ぐらい外さないままにしてるからね。そりゃ角膜もおかしくなって当然だわな・・・。ま、自業自得ってやつだ。

風呂上りに目薬点して痛み止めも飲んだんだけど、あんまり効いてないみたい。
ゴロゴロして結構痛いんだよね。今晩はあんまり寝られないかもな・・・。

« 空振りが続くフィッシング | トップページ | 今月はこれにて終了 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント