« フォルツァも競馬も秋から始動 | トップページ | 暑さに強い牝馬と言えど »

使えないエリート社員

うちの部署に痛い男の子がいてね、早稲田を出て英語も喋れる優秀な子なんだけど、残念ながら仕事では全く使いもんにならなくて正直困ってるんだな。国語・算数・理科・社会という、いわゆるマニュアルに沿った学校の勉強は物凄くデキても、社会人として生きて行く仕事の適応力が全く無いんだよね。とにかく「誰よりも自分は頭が良い」っていうプライドがあるらしくて、上司を含めた周りの大人たちを小馬鹿にしてる所が見受けられるわけだ。何かにつけ「ボクはあなた達と違う」みたいなね。そこらでたまに見掛けるでしょ?こういう奴。行く末は農水大臣にでもなるつもりなのかどうかは知らんけど、一事が万事こんな調子だから前の会社を追ん出されたみたいでね。たかが社会に出て1年ちょっとの経験しかない坊やが事ある毎に一端の口をきくもんだから、既にうちの部署では総スカンのお荷物状態なわけよ。どうしたもんかと俺なんかは考えてるんだけどさ、いかんせん理屈が多い割りに仕事面では全くの無能な奴だからフォローのしようが無くてね。他の部署にも噂が回ってるからどこも引き取るのを嫌がっててさ。使い道が無い人間は採用した所が最後に責任持って面倒を見なきゃならんはずなんだけど、その人事部すらソッポ向いちゃってるもんだから収拾がつかないんだわ。かといって会社としてはクビにすることも出来ないから、恐らくこの先何もさせずに飼い殺しを続けて自ら辞めて行くのを待つ作戦なのかもしれんね。汚いやり方と言えばそうなんだろうけど、こればかりは御本人さん自身も多分に悪い所があるんだから仕方ないと思う部分もある。
でもねぇ・・・。捨てるのは簡単なんだけどさ、この子の将来を考えると「世の中は10分の能書きよりたった1秒の経験」てのを今のうちに体で教えさせたいっていう気もするんだよな。大きなお世話かもしれんけどね。

« フォルツァも競馬も秋から始動 | トップページ | 暑さに強い牝馬と言えど »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント