« 高波で歓喜はサーファーだけ | トップページ | 合掌 »

色んなことがあるようで・・・

日テレと読売新聞の政治部が世論操作で福田くんを支援していたことを某ジャーナリストが告発。次いで有名ブロガーの大御所さんもその情報の裏を取り、驚愕の全貌をネットで大々的に暴露している。その筋のプロ中のプロが情報を集めた結果出しているのだからまず間違いのないネタだろう。また別の所では安倍ちゃんの自殺情報まで流れているんだが・・・。

政府がマスコミを使って世論操作をするなんてのは何も今に始まったことじゃないとは言え、民放テレビと新聞社が中心となって意図的に総裁選の情報を捏造しちゃうとはねぇ・・・。日経・朝日・毎日も恐らくこのネタは掴んでいるんだろうが、そこは世間一般が知る由も無い「業界ならではの色々な裏事情」も絡んでるってことから、みんな揃ってスルーしちゃうんだろうな。まぁ暗黙の了解って言うかね。都合の悪いことを一切報道しないのが大手マスコミの手段だから仕方ないけど。


それにしても小泉チルドレンってのは何の信念も無いまま議員をやってるんだと改めて感じたよ。記者から「なぜ小泉さん擁立から一転して福田さん支持に回ったんですか?」の問いに「小泉さんが福田さんを支持するので・・・」と猪口がキッパリ言ってたな。片山なんぞは福田が挨拶回りに来た時に「先生への支持が国民にも浸透しつつあります」とか何とか言ってヨイショしてる始末だよ。いつから浸透してんのか教えてもらいたいもんだね(笑)こういった様子を見るだけでも、結局こいつらは政治家としてテメェの保身しか考えていないってのがよ~く分かるわけだ。政治理念なんてもんは何一つ持っちゃいない。武部からの福田支援の要請を「冗談じゃねぇ!」って反発しちゃった杉村くんのが多少まともに見受けられるわな。まぁそれとは引き換えに今後は干されて大変なんだろうけどね。別に何も失うものなんて初めから持ち合わせてないんだから好きにやればいいさ。


自民党総裁選について


勝ち馬に乗ることだけが勝ちだとはとても思えない。

ましてや、派閥の親分が右だからと言って右に向くような、そんな先祖も驚きの先祖返りをするような選択しかできないようならば、はっきり言って政治家なんて誰でもできるじゃないか。

本当にこの国の未来を託せるのはどちらの候補者なのか。

議論が尽くされたとは到底思えないこの段階で、結論を出すことなど私にはできない。

最後の最後まで、じっくりと両候補者の政策主張に耳を傾け、いくら歳が若いからといっても国民を代表する政治家の一人として、投票のその瞬間まで自らの政治信条に照らし、私は一票を投じたいと思います。

杉村太蔵



と言いつつ「やっぱりボクは福田さんを支持します」っていうオチかもしれんな。
ま、それはそれで別にイイんだけどね。

« 高波で歓喜はサーファーだけ | トップページ | 合掌 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント