« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

今月はこれにて終了

どうも痛くてね・・・。腕や足の擦り傷や切り傷の痛さならいくらでも我慢出来るんだけど、目ん玉の痛さだけはどうしようもない。片目を庇うからもう一方の目に負担が掛かって極度の眼球疲労だよ。PC見るのも疲れるんで明日から暫く休載します。

我、角膜潰瘍に見舞われる

昨日まで何ともなかったのに、どういうわけか今日は午前中から急に目が沁み始めて充血が止まらなくなった。とにかく目が沁みてしょうがない。午後に入るとそれに痛みが加わって来て我慢にも限界。未だかつて経験の無いこの症状に恐怖を覚え病院へ飛んで行ったわけだ。結果「角膜潰瘍」で全治一週間と診断。


角膜潰瘍とは

角膜の一部がえぐれた状態になった場合、これを角膜潰瘍といいます。ふつう、角膜潰瘍は細菌などの感染によっておこりますが、感染と関係なく発症するものもあります。目の表面やまぶたの裏側にはつねにいろいろな細菌がいますが、ふだんは角膜の表面の膜[上皮]や涙が目を保護しているので、この細菌は悪さをしません。しかし、かわき目で涙が出ないとか、
コンタクトレンズのために角膜に傷ができたりすると、この細菌が角膜をおかして潰瘍をつくります。 また、副腎皮質ステロイド薬や抗生物質の点眼を長い間つづけているときや、植物で目を突いたときなどには、カビによる潰瘍がおきる場合もあります。


今回の原因はコンタクトレンズの着けっ放しによるもの。
角膜のえぐれが酷かったり、何度もこの潰瘍を繰り返すと(気を付けてないと再発しやすいそうだ)失明しちゃう危険性があるらしい。3種類の目薬を処方され、これを一日に何度も点して治療することになった。


教訓

コンタクトレンズの装着時間は最大で12時間というラインを守り、決して俺みたいに着けっ放しで何日間も過ごさないこと。(ちなみに俺は使い捨てタイプを使用してる)


俺なんか酷いと一週間ぐらい外さないままにしてるからね。そりゃ角膜もおかしくなって当然だわな・・・。ま、自業自得ってやつだ。

風呂上りに目薬点して痛み止めも飲んだんだけど、あんまり効いてないみたい。
ゴロゴロして結構痛いんだよね。今晩はあんまり寝られないかもな・・・。

空振りが続くフィッシング

満を持して?いや、起死回生を狙って本日の釣行は内房の竜島堤防へ突撃したものの、残念ながらまたもや惨敗で・・・。穏やかな波で絶好の状態だったんだけど、水が澄み過ぎてる挙げ句、沖にナブラが立たずに目の前2mで単発ナブラじゃどうしようもない。景色が良かったから、せめて写真でも・・・って思ったんだけど、空振り続きの最近じゃそんな気力もいつの間にか失せちゃってね。ったくどうにかならんもんかねぇ?何だか釣りが嫌いになりそうだよ

若者よ、南林間へ急げ!

相変わらず小田急・江ノ島線の南林間駅はキレイでスタイル抜群のOLさんが多いんだよね~。ここはホント穴場だな。艶女をナンパしてみたいと思う若い諸君は迷わず行ってもらいたい。時代は南林間だよ(笑)

まぁそんなわけで「黒い太陽」のスペシャルだ。このドラマは永井くんと伊原剛志が共に当たり役なんじゃないかと俺なんかは勝手に思ってるんだが、皆さんはいかがかな?
そういや以前「静かなるドン」で主人公の近藤静也役を演じた香川照之も意外や意外、実にハマった感があったな。対照的に薄っぺらい演技しか出来ない中山秀征の近藤静也はかなり酷かったけどね・・・。

本物はマズイだろ

今日の横浜は天気が良かったから絶好の遊び日和になったんじゃないの?
これでもう少し涼しかったら尚のこと過ごし易かったことだろう。


で、今日のタイトルなんだが、
朝から飛び付いたニュースがこれだ

 「福山雅治=悪霊に取りつかれている

 などと意味不明な文章が書かれた大量のビラを抱え

 「やめて下さい!親方!親方!」

 と奇声を発し、女性警備員の制止を振り切って土俵に向かった。


写真を拡大すると高見盛の顔が何とも言えんね(笑)
この女は協会が用意した余興ではなく本物の「ガチ」であるからして、いわゆる混じりっ気ナシの純度100%だ。布教活動なら他でやってくれって感じなんだけど、こんな程度だから笑えるんであって、もし刃物でも振り回して大暴れしたら大変なことだったよな。
悪いことは言わんから、こういうのは終身コースをお選びいただいて病院で余生を過ごしてもらった方がイイ。そこら徘徊させるとロクなことないから。こんなのに駅のホームからいきなり突き落とされてみ。シャレにならんよ。殺人犯しても「キチ○イ」ってだけで事実上の無罪になるんだからな。決して自ら望んでクルクルパーになったわけじゃないんだろうが、結果的にそうなってしまった以上は隔離せねばならん。気の毒なことは確かなんだけどね・・・。

合掌

長嶋夫人の件で複数のブロガーが出してるんだが、たとえ真相がアレだったとしても変にほじくり返すのはヤメとけって。一般のマスコミが敢えて伏せてるのは「長嶋」というブランドと家族に対する心遣い。何もこの家に限らず、世の中の家庭なんて多かれ少なかれ様々な事情を抱えてるもんだ。そっとしといてやれよ。ほじくり返して暴露するのは政界の裏話で十分だろ。

色んなことがあるようで・・・

日テレと読売新聞の政治部が世論操作で福田くんを支援していたことを某ジャーナリストが告発。次いで有名ブロガーの大御所さんもその情報の裏を取り、驚愕の全貌をネットで大々的に暴露している。その筋のプロ中のプロが情報を集めた結果出しているのだからまず間違いのないネタだろう。また別の所では安倍ちゃんの自殺情報まで流れているんだが・・・。

政府がマスコミを使って世論操作をするなんてのは何も今に始まったことじゃないとは言え、民放テレビと新聞社が中心となって意図的に総裁選の情報を捏造しちゃうとはねぇ・・・。日経・朝日・毎日も恐らくこのネタは掴んでいるんだろうが、そこは世間一般が知る由も無い「業界ならではの色々な裏事情」も絡んでるってことから、みんな揃ってスルーしちゃうんだろうな。まぁ暗黙の了解って言うかね。都合の悪いことを一切報道しないのが大手マスコミの手段だから仕方ないけど。


それにしても小泉チルドレンってのは何の信念も無いまま議員をやってるんだと改めて感じたよ。記者から「なぜ小泉さん擁立から一転して福田さん支持に回ったんですか?」の問いに「小泉さんが福田さんを支持するので・・・」と猪口がキッパリ言ってたな。片山なんぞは福田が挨拶回りに来た時に「先生への支持が国民にも浸透しつつあります」とか何とか言ってヨイショしてる始末だよ。いつから浸透してんのか教えてもらいたいもんだね(笑)こういった様子を見るだけでも、結局こいつらは政治家としてテメェの保身しか考えていないってのがよ~く分かるわけだ。政治理念なんてもんは何一つ持っちゃいない。武部からの福田支援の要請を「冗談じゃねぇ!」って反発しちゃった杉村くんのが多少まともに見受けられるわな。まぁそれとは引き換えに今後は干されて大変なんだろうけどね。別に何も失うものなんて初めから持ち合わせてないんだから好きにやればいいさ。


自民党総裁選について


勝ち馬に乗ることだけが勝ちだとはとても思えない。

ましてや、派閥の親分が右だからと言って右に向くような、そんな先祖も驚きの先祖返りをするような選択しかできないようならば、はっきり言って政治家なんて誰でもできるじゃないか。

本当にこの国の未来を託せるのはどちらの候補者なのか。

議論が尽くされたとは到底思えないこの段階で、結論を出すことなど私にはできない。

最後の最後まで、じっくりと両候補者の政策主張に耳を傾け、いくら歳が若いからといっても国民を代表する政治家の一人として、投票のその瞬間まで自らの政治信条に照らし、私は一票を投じたいと思います。

杉村太蔵



と言いつつ「やっぱりボクは福田さんを支持します」っていうオチかもしれんな。
ま、それはそれで別にイイんだけどね。

高波で歓喜はサーファーだけ

とんでもない強風でね。朝の3時半ぐらいに大磯ロングビーチ付近の高台から海を眺めたら波が吹き上がってた。「こりゃ~今日はダメだなぁ・・・」って諦めたんだけど、このまま引き返すのもつまんないし、とりあえず茅ヶ崎港へ行ってみることにした。案の定、ここも強風の影響で波が高い。何も釣れない確信はあったものの、折角なんで竿を出してみたわけだ。こんな風だと弓ヅノでは辛いんで40gのメタルジグを使用。テトラの上から真っ暗な海に投げまくる。反応ナシ。やがて白々と夜が明けて来るも魚の気配が全く感じられず、泥水の様な海水が確認出来た5時半過ぎに早々と撤収。7時8時まで粘った所で結果は見えてるからね。水が濁って釣れるのはクロダイとイシモチぐらいなもんだ。
今週末に予定してる遠征釣行で何とかカッコつけたいよなぁ。40cmクラスのイナダを釣ってみたいんだけど多分ムリだろうね・・・。

工夫が足りないだけなのかもしれないんだけど、どうしてもフォルツァにクーラーボックスが積めないんだよね。荷掛けフックが無いからお手上げだよ。何とかならんかね?

秋へのトライアル始まる

立会い演説会の中継を観てたんだけど、内容は紛れも無く麻生くんに軍配だったね。
福田くんは言い回しが多くて焦点が定まっておらず、どうもダラダラ喋っていただけの様に感じたのは俺だけかな?まぁ結果は既に決まっちゃってるから、形だけの演説会なんて何の意味も無いんだけどさぁ。どいつもこいつも福田さん福田さんの大合唱になっちゃってるけど、確か彼は年金の未払い発覚で辞任したんだよね?そ~ゆ~人でも総裁になれちゃうんだ?日本て国はやっぱり美しいのね(笑)

さて本日のローズS。折り合い付いてあの勝ちっぷりなら秋華賞はダイワで頭鉄板。
王道のトライアルレースをキッチリ勝ったことに意義がある。ウオッカはどこから始動するんだっけか?何せダイワを差せるのはこの馬しかいないからね。


懲りずにこれから釣りに行って来ます。今日は竿を背負ってフォルツァで出陣。

お魚がいません・・・

勢いに乗って西湘・酒匂海岸に早朝出撃して来たわけなんだが、魚の“サ”の字も全く釣れず、何をして来たかと言えば車のトランク横にクーラーボックスを誤って落として軽く凹ませて帰って来ただけの話で・・・。

それにしても、現地到着早々に砂浜の駐車場でタイヤが埋まっちゃって大ピンチだったよ。前進ダメ、後進ダメで全く動かず・・・。降りては砂を掘り起こし、降りては砂を掘り起こしを繰り返すこと十数回でやっと脱出に成功。全く朝っぱらから何やってんだかな・・・。
ここの駐車場は一見確かに広くて良いんだけど、実際に難なく停められるのは西湘バイパス下のほんの一部分だけであって(ここだけは砂地が硬くて問題無い)その他の所はまずダメだね。それこそ足回りがしっかりした四駆の車じゃない限りは無理だと思うよ。普通の乗用車だと話にならん。

散歩に来てた地元のオッサンに聞いた所によると、ここ最近は回遊魚のエサとなるイワシがあまり接岸してないらしく釣果がサッパリとのこと。寄って来さえすればガンガン釣れまくるらしいんだけどね。なるほど、だから地元の連中らしき釣り人はほとんどいなかったわけだ。連日の様に爆釣してるなら竿を片手に近所からチャリンコでオッサンたちが押し寄せて来るはずだもんな。釣り場を眺めりゃ一目瞭然だね。地元は正直だ(笑)

濁りまくってた海

まぁね、結局ワクワクしただけで終わっちゃったんだけど(釣れなかったから詳細レポを書く気も無い)改めて明日の明け方に平塚のサーフにで行っちゃおうかぐらいの勢いが今の俺にはあるわけだ。明日はレポを書ける結果になることを期待したい。

明日は新竿でルアー釣行

明日は午後から仕事絡みで有明に行く用事があるんだけど、ついでにそのまま千葉へ釣りに行っちゃおうかと画策してるわけだ。これがまた中潮で夕方が満潮という何だか非常にワクワクする日なんだな。「こんな凄いの釣れました~!」って報告を是非とも載せてみたいねぇ。ちなみにターゲットはスズキなんだけどさ。

君は紛れも無く種馬だ

思い付きで剥奪しといて「やっぱり取材証を返ちまちゅ」か?ホント幼稚園児レベルそのものだな。杉山のオッサンも易々と受け取るなっての。

みんなブン投げて泣きながら逃走しちゃった安倍ちゃん。彼も今すぐモンゴルに行って静養すべきだね。慶応じゃダメよ。何ちゃらランドじゃないと良くならないから。「僕たちどんだけ~」ってやってりゃすぐに回復するよ。これを機に政界から身を引いて静かに余生を送りゃいい。でも文春と現代がうるせぇからそれどころじゃないな。総裁選は麻生と福田(多分出るだろ)の一騎打ちか・・・。二人とも出費が嵩みそうだねぇ(笑)

そういやフラッシュに載ってた舛添くんの記事を読んだんだけど、前妻だか前々妻と愛人たちとの間に子供が5人もいるんだってね。やっぱり絶倫だったんだ(笑)
素敵だよ要一!

モンゴルで余生を

あまりにもレベルが低過ぎて呆れ返っちゃうニュースがこれだ。

相撲協会批判で取材証剥奪(毎日新聞)

以下抜粋


・8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる

・テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない


報道陣から問題の経緯を聞いた日本相撲協会理事の友綱親方(元関脇・魁輝)が
「杉山さんは正論を言っている。協会内部の対応が悪い」と話すなど、親方衆の間にも北の湖理事長の措置に首をかしげる声が上がっている



もう手が付けられないほど完全に頭がイッっちゃってるね。このブログでも今まで何度か書いてきたけど、前代未聞の朝青龍騒動の責任を安部ちゃん並みにスットボケて一切負わず、何をやるかと思えばこの有様と来たもんだ。ホントにもう「低脳ここに極めり」だな。まともな親方衆にお願いなんだが、そろそろこのオッサンを理事長の座から引きずり降ろしたらいかがかな?ぶっちゃけ皆さんもそろそろ限界でしょ?まぁそうは言っても、そのまま放り出すのも何だからさ、功労賞として半永久的にモンゴルの何ちゃらランドにでも行っていただいたらどう?向こうで朝青龍と一緒に仲良く人差し指を振って「僕たちどんだけ~」ってやりながら余生を過ごしてもらうプランなんて素敵だと思うよ。もちろん二人でサッカーやるのもアリだな。何だか楽しそうだよねぇ・・・。

もう一度ここに書こう。次は九重(千代の富士)政権てことで。ついでに横綱審議会の面々も総入れ替えしてくれ。若くてまともなことが言える奴にな。その一人に俺はデーモン小暮を推薦しとくよ。それと二度と女は入れないでくれ。ロクなことねえから。

今日はダメだったなぁ・・・

案の定、昨日の疲れが抜け切らずに今日は一日中グダグダ。何度も睡魔に襲われ、その度に居眠りの繰り返しだった。遊びの疲れは会社で癒す。これ俺の基本(笑)

疲れ果てた航空ショー

茨城の百里基地へ航空ショーを見に行って来た。生涯初の見物だったんだけど、飛行そのものより、とにかく人の多さに驚いたね。敷地内はどこもかしこも人・人・人だらけ。仮設トイレなんて大行列だよ。こんなんじゃしたくなる前に予め並び出してないとタイミングが合わないだろうな。「ヤベ~糞したくなっちゃった・・・」の時点だと確実にアウトだね。ピーピーになっちゃったりなんかしたら、それは即ち死を意味することになる。何せ隠れる場所が全く無いから野グソも出来ないもん。何万人もいたんだろうから、中には1人や2人ぐらい爆死した奴もいたんだろうな(笑) パンツ履いたままジェット噴射なんてシャレにならんよ。GⅠ開催日の競馬場も凄い人だけどさ、こっちはパドックやスタンドの各フロアに人が分散する分まだマシだね。基地は建物の中に一切入れないから観客は全員外。しかも暑かったから大変だったよ。格納庫なんか避暑地と化しちゃってんだから。

肝心の演目の方なんだけど、メインのブルーインパルスまでの間はハッキリ言ってどうでもいい感じ。どれも2~3回上空を飛んですぐ終わりだから。「おいおい、もう終わりかよ?」の繰り返しでさ、とにかく演目間が長いから飽きちゃってね。それに気温も高かったから尚更イライラしてたまったもんじゃなかったよ・・・。まぁそれでも雲が多めだったお陰で差したり陰ったりがあったから少しは助かったけど。あれで完全なピーカンだったら熱中症で倒れる奴が続出しただろうな。

行きは夜中ということもあって石岡ICから30分もしないで基地まで着いたんだけど、帰りはナント4時間半。IC迄の一本道は大・大・大渋滞でロクに動きゃしない。何せ駐車場から表の道に出るまでの200mちょっとが40分だからね。14時38分に駐車位置を動き出した後、ICの料金所に辿り着いたのが19時10分。大笑いだよ。

「暑い中を汗だくで一日中ほとんど立ちっぱなし → マニュアル車で大渋滞の中をStop&チョロチョロGo」


で、帰宅したのが22時30分。そりゃ疲れるなって方が無理でしょ?(笑)


001 昼時前の格納庫
この後は足の踏み場に困るほど人で埋め尽くされた





003 004 展示機を間近で撮影
これと同じやつが飛行してくれたけど凄い爆音だった




007 009 ブルーインパルスの飛行
序列がキレイだね





012 2機でハートを描き、別の1機がすかさず射抜いてくれた





013 中の3機が逆さ飛行

フィッシング中原へ是非一度

一般的に釣具屋と言えば上州屋かキャスティングなんだけど、そこら辺を走ってて見掛ける率が圧倒的に多いのは上州屋の方だね。まぁキャスティングと違って全国展開だし、それだけ店舗数も多いってことなんだろう。メーカーの取り扱い比率なんかを比べると、キャスティングは明らかにダイワ寄り。対する上州屋はシマノ(&リョービ)寄りになっている。恐らく資本の関係でそうなってるんだろうけど、その他のメーカーを含む品揃えって点から見ると、やはり規模の大きい上州屋の方が全体的には充実してる。
ただし、店舗によってムラがあり過ぎるのがここの欠点なんだけど・・・。
ところで不思議なのは、キャスティングも上州屋も何故かネット通販をしないんだよね。特に上州屋なんて系列でキャンベル(ルアー・フライの専門店)とかアウトドアワールド(キャンプ・登山用品の専門店)もやってんだから、楽天で店を出せばナチュラムなんかとイイ勝負になると思うんだけどなぁ。ついでに書いとくと、川崎なら黙って「
フィッシング中原」だ。ここは痒い所まで手が届く大変素晴らしい品揃えの店。神奈川県内でこれほどまでのラインナップを揃えてる店なんて他になかなか無いと思うよ。

GⅠジョッキーのチンピラ物語

安田康彦ってのは現役時代から注目してた騎手じゃないから別に逮捕されても「あ~そうですか・・・」ってな感じでね。引退届をJRAに出したのが本人ではなく父親(現調教師)ってのも変な話だし、それを機に行方不明になってたってことは、どうせそこらでチンピラまがいの生活でもしてたんだろ。いくら酒に酔ってたとは言え、コンビニの店員掴まえて「殺すぞ!」なんてさすがに普通の人間なら言わないわな・・・。恐らく現役の時からロクなことやってなかった息子を見るに見かねて親父が強制引退させたってのが図星かもしれんな。いくら引退後とは言っても、実の息子が逮捕されたんだから親父も仕事がやりにくくなるね。気の毒に・・・。そういやオサイチジョージに乗ってた丸山は賭博やって捕まったんだっけか?もう大昔のことだから詳細は忘れちゃったけど。


今日のBGMは長渕 剛の「泣いてチンピラ」ってことで・・・。

暑さに強い牝馬と言えど

台風がやって来てるみたいだね。気が付けばいつの間にやらすっかり陽も短くなってるし。そういや今年の夏は近所で一匹もタヌキを見掛けなかったな。もしかして奴らも熱中症で道端に出て来る余裕なんて無かったか?

なんか競馬も目新しい馬がいないからつまらんね。今週末の朝日チャレンジカップにせよ京成杯オータムハンデにせよセントウルステークスにせよ、出て来るメンツを見渡せば新鮮味が全く無い。どのレースも帯に短し襷に長しの馬たちばかりで確固たる軸が見当たらんな。陣営はラッパ吹いてるけどアグネスラズベリはそろそろお疲れ気味なんじゃないのかねぇ・・・。過度な期待は禁物じゃないのかい?

使えないエリート社員

うちの部署に痛い男の子がいてね、早稲田を出て英語も喋れる優秀な子なんだけど、残念ながら仕事では全く使いもんにならなくて正直困ってるんだな。国語・算数・理科・社会という、いわゆるマニュアルに沿った学校の勉強は物凄くデキても、社会人として生きて行く仕事の適応力が全く無いんだよね。とにかく「誰よりも自分は頭が良い」っていうプライドがあるらしくて、上司を含めた周りの大人たちを小馬鹿にしてる所が見受けられるわけだ。何かにつけ「ボクはあなた達と違う」みたいなね。そこらでたまに見掛けるでしょ?こういう奴。行く末は農水大臣にでもなるつもりなのかどうかは知らんけど、一事が万事こんな調子だから前の会社を追ん出されたみたいでね。たかが社会に出て1年ちょっとの経験しかない坊やが事ある毎に一端の口をきくもんだから、既にうちの部署では総スカンのお荷物状態なわけよ。どうしたもんかと俺なんかは考えてるんだけどさ、いかんせん理屈が多い割りに仕事面では全くの無能な奴だからフォローのしようが無くてね。他の部署にも噂が回ってるからどこも引き取るのを嫌がっててさ。使い道が無い人間は採用した所が最後に責任持って面倒を見なきゃならんはずなんだけど、その人事部すらソッポ向いちゃってるもんだから収拾がつかないんだわ。かといって会社としてはクビにすることも出来ないから、恐らくこの先何もさせずに飼い殺しを続けて自ら辞めて行くのを待つ作戦なのかもしれんね。汚いやり方と言えばそうなんだろうけど、こればかりは御本人さん自身も多分に悪い所があるんだから仕方ないと思う部分もある。
でもねぇ・・・。捨てるのは簡単なんだけどさ、この子の将来を考えると「世の中は10分の能書きよりたった1秒の経験」てのを今のうちに体で教えさせたいっていう気もするんだよな。大きなお世話かもしれんけどね。

フォルツァも競馬も秋から始動

スズキからアドレスのリコールに関する葉書が届いたんで早速近所の店に出して来た。
丸2年以上も乗ってるので今更の内容なんだけどね。ついでにオイル交換を兼ねたチェックも頼み、ブレーキパッドの交換と空気圧の調整(全然気にしてなかったけど相当減ってた様だ。だからスピードも落ちてたのかな?)を施してもらった。暫くはブレーキの効きが弱いからスピードの出し過ぎには注意せねばなるまい。走行距離は11000kmを超えてるけど、まだまだ活躍してもらわないとね。目指せ3000kmだ。

さてさて、最近はロードスターの活躍によってすっかりベンチ要員になってしまった感のあるフォルツァくん。涼しくなって来たことだし、そろそろ出番が巡って来る時期だ。まぁ監督が出し渋りをしてたから可哀想な思いをさせてただけなんだけど(笑)
これには駐車スペースの問題があってね、ロードスターを停める都合上、どうしても邪魔だから家の裏側に引っ込めるしかなかったんだけど、その通用口を車で塞ぐ形になるんで毎回奥から引っ張り出すのが単に億劫でさ。
「一度車をどかす → 狭い奥からえっちらおっちらバックで出して来る → また車を戻す → 帰って来たらまた車をどかす → 奥に入れる → 車を戻す」
この行為が凄く面倒なんで、ついつい手抜きをしてそのままロードスターで出掛けちゃうわけ。アドレスはスペースを取らないからそこらに置いてるんで、こちらはいつでもスクランブル発進が可能なんだな(笑) 車2台、大小のスクーター2台を余裕で停めておくには、それなりの敷地がある家に住まないとやっぱりダメなんだね・・・。俺の稼ぎじゃ100坪の土地なんて夢のまた夢だよ(笑)

回遊魚も本格シーズン

ワカシ(ブリの幼魚。ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリの順に大きくなるにつれて呼び名が変わる。いわゆる出世魚ってやつだ。ちなみにカンパチの幼魚のことを関東一帯ではショゴと呼ぶ)でも釣り行こうかと思ってたんだけど、不覚にもシーバス用の竿を折っちゃってパー。継ぎ竿は時としてスッポ抜けるからどうも好きになれん。近年のシーバスロッドはどのメーカーも継ぎタイプを主流にしてるんで、好みの振出を探すのも一苦労の状況だ。ベストは1本通しなんだけど、こんな3m近くもある竿をどう考えたって気軽に持ち運び出来るわけもなく・・・。やっぱり移動しながらの釣りには振出タイプが一番使い勝手が良い。まぁあくまでも俺個人の意見なんだけどね。
今月ダイワから発売される新商品のシーバスロッドの中には残念ながら振出タイプが見当たらない。先に出ている村越プロデュースの平狂にしようかと思うも、値段が6~7万円もするとさすがに躊躇しちゃうしな。エバーグリーンとかAbuなんかが2~3万円台の振出タイプを出してくれると俺としては物凄く嬉しいんだけどねぇ。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント