« カブトムシに変身するゴキブリ | トップページ | 結局真相は何なのさ? »

誤審は事実

広陵の監督は「審判を公に批判すれば自分がどうなるか?」ぐらい全て承知の上で発言したわけだ。腹括ってのことだから辞めるつもりで言ったんだろ。確かにこれは高校野球界において絶対に言ってはならない禁句だよな。しかも舞台は栄えある夏の決勝戦だ。旧態依然の高野連にしてみれば「不愉快だ」で終わらせるぐらいしか能が無いから予想通りの返答なわけだが、ボールと判定されて押し出しになったあの一球は俺も見たけど明らかにストライクだよ。悪いけどあれがボールならピッチャーは投げる所がどこも無い。見れば分かるが、バッターは自信を持った見送りではなく、完全に手が出なかった見送りだ。あのコースは手が出なくて当たり前だけどね。あの判定で流れが変わったのは確かだな。「甲子園には魔物がいる」とは亡くなった池田の蔦監督の言葉なんだが、目に見えない何かがそうであるならまだしも、あまりにも決まり過ぎたコースにズバッと来てしまい、思わずストライクのコールを出来なかった生身の人間が魔物になってしまったとは何ともねぇ・・・。あれがホントにボールだったのかどうかを誰よりも一番分かってるのはあの審判自身だと思うよ。まぁクチが裂けても言えないだろうし、まずそんなコメントを出すことなんて高野連が許すはずもないけどな。ただな、「高校野球は審判にクレームを付けてはいけない」っていう考え方そのものが果たしてホントに正しいことなのかどうか?今回の件がそうだと言うわけではなく、絶対的な存在である審判が、もし仮にどちらかのチームに情が流されて肩入れする判定を要所要所で一人勝手にやっていることがあったとしたら・・・。それは正々堂々と負ければ後が無い真剣勝負をしてる子供たちに対して、実は一番失礼なことに当たるのではないかと俺なんかは思うわけなんだがね・・・。

« カブトムシに変身するゴキブリ | トップページ | 結局真相は何なのさ? »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント