« 政策より性癖の方が興味あり | トップページ | 行くなら欧州だよなぁ »

フォルツァの400cc登場か?

聞く所によると、ホンダは今月末を最後に一部を除いた250ccクラスの現行車種を全て生産しなくなるそうで。これは国土交通省が定める二輪車排出ガスの基準強化に影響されてのことらしいんだけど、どうやら規制による対抗策を一切施さなかったのが実際の話みたいだね。これは一にも二にも二輪車の需要自体が大いに落ち込んでることが影響してるのかもな。つまり「わざわざ高い開発費を掛けてまでも250に拘る必要はねぇや」ってことなんだろう。でも実際はどうなのよ?バイクが売れてないとは言え、それでも250より400以上のクラスの方がまだ需要は多いの?そこらを走ってるバイクを見る限りさ、圧倒的に見掛ける頻度が多いのはフォルツァとマジェなんだけど、もしかしてこれって気のせいなのかな?
果たして10月のモーターショーでホンダはフォルツァの400を出して来るのかねぇ?

« 政策より性癖の方が興味あり | トップページ | 行くなら欧州だよなぁ »

車・バイク」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント