« ストレス無くても釣りに行く | トップページ | 多少の後遺症は自身の戒め »

大磯港の悲劇

まず余談から。
いつもの様に自宅を出てエサを買いに川崎の勇竿(岩イソ&スナメ購入)へ行ってから現地に向かったんだが、寝ずに行ったので居眠り運転の繰り返しでヤバかった。川崎へ向かう首都高神奈川線の東神奈川辺り、川崎港海底トンネル、東扇島からベイブリッジへ向かう途中、狩場手前、横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパスでウツラウツラの繰り返し。さすがにマズいと思い、西湘パーキングに入って仮眠。本当に眠いとシートを倒せないロードスターでも寝れることが分かったよ(笑)


酒匂川河口へ向かったものの残念ながら駐車場に停められず、場所を手前の大磯港へ変更した。港前の有料駐車場は開くのを待ってる車で既に手前から縦列状態。4時前だというのに気合が入ってる連中が多いものだ。釣り場所に選んだのは向かって右側にある堤防の白灯付近。(ちなみに立ち入り禁止のエリアだが・・・) 重い道具一式をエッチラオッチラ運んでようやく白灯についた時には既に先端は人だらけ。どうやら常連さんばかりの様だ。外海側のテトラ一帯が空いていたのでここに釣り座を構えてみた。テトラが大きいので一見竿を出し易い様に見えるんだが、実際にはキレイに積まれてるわけじゃないので大きな隙間が多く、足を踏み外すと軽症じゃ済みそうにないほど非常に危険な場所だ。

4時半から開始。これから満潮に向かって行くので時間的には悪くない。と言っても今日は小潮。過度な期待はハナからしない。水が濁っていたからイシモチ狙いで1本出した。2本針で上下とも岩イソメ。もう一本はシロギス用に3本針で全てスナメ。左右に100m程投げ込んでみた。最初のアタリが来たのは5時半過ぎ。実はこの一発目のアタリが悲劇を生むことになる。イシモチ竿にチョンチョンと反応があったので身構えたもののすぐに穂先が静かになってしまったんで少しリールを巻いて様子を見た。反応ナシ。竿を置き(海面近くのテトラに立て掛けて)堤防に引き返して振り向いた瞬間グググググっと一気に竿先がしなった。ハンパじゃないほどの物凄い引きだ。慌ててテトラを渡って引き返すが、あまりにも強烈な引きで竿がテトラから落ちてしまった。持って行かれたかと覗き込むと、運良く下のテトラとテトラの間に挟まっていて無事だったが、見れば竿先は相変わらずギュンギュンしなり続けてるままだ。「さてどうしたもんか?」と途方に暮れた。
リールと竿尻は水の中。勢いのある波が次から次へとガンガン打ち付けて来る。引き上げに行くには、ここから3つのテトラを下りて行かなければならない。しかも挟まってるテトラは海の最前列だ。濡れてるテトラはヌルヌル滑る。下手すると滑り落ちて波に飲まれる危険があるから大いに悩んだが、竿とリールが目の前にある以上は見捨てることも出来ないので意を決して取りに行くことにした。幸い打ち付けてくる波も無くなったので一つ目のテトラを尻から滑り下りた。ところが2つ目のテトラが変な角度になっているので、足首を曲げたままで体勢を変えなければならない。急がなければいつ波が来るやもしれん。非常に気持ちが焦るんだが、肝心の足元が滑ってバランスが取れない。メチャメチャ焦った。ようやく騙し騙し体の向きを変えて3つ目のテトラに向かった時、ここで遂に悲劇が訪れた。そう、波だ。しかも強烈なデカい波。間際に頭上のテトラに手を伸ばして体を支えた。腰から下が一気にズブ濡れ。足元がツルっと滑って大ピンチ。もう一発来れば海に投げ出されるところだったんだが、運良く続けて来なかったんで助かった。やっとこさっとこ竿を回収したはイイが、帰り道が全て登りだから簡単に引き返せない。しかも片手には竿。相当ヤバい予感・・・。案の定ここから連続して波に襲われた。足を引っ掛ける所が一切無いからテトラを登って行けない。暫くの間ただただ波を被りまくってジッと堪えた。ようやく波が来なくなったのを見計らい、竿をシャツの背中に入れて根性で登り始めた。まさにフリークライミング状態だ。指先と腹筋に力を入れて這い上がる。横から背中から襲って来る波をひたすら耐え続け、手と腹だけで険しいテトラを這い上がった。往復の時間は約15分。長い長い15分だったよ。これほど必死になったのは、多分人生で初だったかもしれないな(笑) 糸は切らずに帰って来たんで、スプールから出続けていた糸は既にあちこちのテトラに絡まってて巻き取り不可。まだ魚は掛かったままだとは思ったが、今更どうしようもないんで諦めて切った。多分サメだ。もしくはスズキ。ドラグを緩めとけば良かったんだろうが、まさか竿を持って行かれるほどの魚なんて掛かるとは夢にも思わなかったからな。まぁ仕方ない。この後仕掛けを再セットしてこの竿で釣れたのが写真のイシモチ。結構厚みのある良型だったわりに引きはコツンコツンと上品なアタリ。本日の釣果は後にも先にもこの1尾のみだ。死ぬほど苦労したテトラ登りが少しだけ報われたよ(笑)

002_732~3cmぐらいだね
塩焼きにして食いました

« ストレス無くても釣りに行く | トップページ | 多少の後遺症は自身の戒め »

釣り」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント