« 大磯港の悲劇 | トップページ | 今は技術より値段とデザイン »

多少の後遺症は自身の戒め

今日は体中が猛烈に痛い。全身筋肉痛だ。テトラ登りが相当堪えたと思われる。そりゃ波に打たれながら全身に力入れて必死に這い上がったんだから普段使わない筋肉が何事かと悲鳴上げるわな・・・。

一応今日の診察で右手の骨折治療が打ち止めとなった。11/22から数えると「全治7ヶ月と17日」だ。随分と長い月日を要したもんだね。手の平をそこらに強く打ち付けるとまだ痛いんだけど、もうこれは一生残る痛さだから仕方ない。いくら相手の保険屋が全面的に面倒を見てくれるとは言え、これ以上ダラダラ診察回数を悪戯に延ばしても治るってもんじゃないしな。「もういいや」って感じで今日でお終いにしたよ。更に今までの治療費を負担してくれたのとは別に、今度は「慰謝料として何十万円かお支払いさせて下さい」とかって言われてるんだよね。これにはさすがの俺も気が引けてるよ。十分なくらい面倒見てもらったわけだし、これ以上になるとちょっとな・・・。

« 大磯港の悲劇 | トップページ | 今は技術より値段とデザイン »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント