« 参院選挙終わる | トップページ | こんなのが校長先生とは・・・ »

責任は協会で負え!

「腰骨が疲労骨折しました。すいませんけど夏のドサ回りには行けません」と言いつつ、何をしてるのかと思えば田舎に帰って玉蹴り遊びに精を出す“素敵な自由人”横綱・朝青龍。そりゃ理事長の血圧が上がるのも無理ないわな。天下の日本相撲協会も随分とナメられたもんだ。八百長疑惑の張本人が普段からしてこのザマなんだから、そろそろどっかで誰かが落とし前付けなきゃならんだろ。今更始まったことじゃねぇんだし。下のもんがヘタ打ったら頭張ってる奴がキッチリとケツを拭かなきゃ示しが付かんよな。サラリーマンの世界だってヤクザの世界だってどこもそうだろ。親方の責任問題もさることながら、こういうのを横綱にした協会関係者、すなわち審議会の連中にも大いに責任の一端はあるはずだ。一体お前らどう責任を取るんだよ?都合の悪い時はいつもダンマリでおトボケか?八百長問題然り、不良横綱の野放し然り、これだけグダグダでいい加減な管理しか出来ねぇママゴト団体なら、もう財団法人なんて偉そうな看板なんか下ろしてさ、プロレス団体みたいにショーマンシップを前面に押し出す営業会社に鞍替えしたらどうだ?そうしたら何もコソコソ隠さずに正々堂々と八百長ショーが毎回開演出来るんだから気楽なもんだろ?

« 参院選挙終わる | トップページ | こんなのが校長先生とは・・・ »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント