« 歌はやっぱり70~80年代 | トップページ | 色んなもんが混入する食品 »

梅雨時の風邪は治りにくい

NHK歌謡コンサートを観てて思ったことなんだが、うちわを振ってる氷川の追っかけ連中ってのはやっぱり大半が学会員なんだろうか?あるいは氷川のファンになるってことは同時に学会にも入会するってことなんだろうか?俺としては非常に興味深い点だ。
まぁコイツに限らず、芸能人で学会員が多いのは「入会すればその分仕事に恵まれる」ってことに繋がるから無理もない。稼がせてもらえるのであれば目をつぶってまでも入るのは当たり前だろう。浮き沈みの激しい業界だからこそ尚更食いっぱぐれのない様に擦り寄って行くのも頷ける。彦麻呂や三船美佳・高橋ジョージなんかが出まくってるのはその最もたる恩恵だ。誤解の無い様に書くが、何も創価自体がどうのと言ってるのではない。それほど創価は多方面に亘って影響力を持っている団体だってことを言ってるだけのこと。

今年は例年より早くクーラー病から風邪に移行した。かれこれ2週間近く調子が悪い。
温泉入って体調を上向かせようかと思い、昨日は同志の湯までわざわざ行ったんだが、蒸し暑さに負けてエアコン全開で往復したんで、結果的に一汗かいて良くなるどころか逆に嫌な寒気に見舞われる様になってしまい調子は更に急降下してしまった。熱が出そうで出ないのも結構辛いもの。今週末・来週末と連チャンで釣行が控えてるから一日も早く復活したいと思っているが・・・。

« 歌はやっぱり70~80年代 | トップページ | 色んなもんが混入する食品 »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント