« 好きな馬から買って下さい | トップページ | 気の毒なお嬢ちゃん »

館山・自衛隊裏護岸にて

「たまにはまともに釣りがしたい」
そんな思いがあって夜釣りをしに館山まで行って来た。場所は自衛隊裏の護岸である。(手前の堤防はクロダイのダンゴ釣りで超有名な所) 18時前に着いたら既に釣り人はほとんどいなかった。「お好きな場所でどうぞ!」ってな感じだ。どこでもよかったんだが、何となく沖ノ島に近い方が釣れる気がしたんで護岸の角っこに陣取ってみた。
いつもの様にエサは川崎の勇竿で極太青イソとスナメを購入。今回は最初から4.2mの竿を3本出してスタート。うち2本は7号のキス3本針で、1本はイシモチ用にセイゴ12号と少々大きめな2本針。暫くは全く音沙汰が無かったものの、時合が来たのは20時を過ぎてから。3本の竿が一斉にチョンチョンと明確なアタリを出した。まず一番ググッと引き込んだ竿から上げてみたら18cmのキスと24cmのアナゴが一荷。2本目を上げたら15cmのメバル。3本目には25cmのアナゴが掛かって来た。全部の竿に掛かるとは珍しいこともあるもんだ。フグ同様アナゴはどうしても針を飲む。外すのも面倒なんでそのまま仕掛けを切ってクーラーに。針掛かりしたのはどれもスナメを付けたものばかりで青イソには全く食い付いていない。当たりエサはスナメで決まりの様だ。仕掛けを新しくして全ての針にスナメを付け1本目を再キャスト。糸フケを取って竿を立て掛けた瞬間にグググググッと一気に竿先が引き込まれた。合わせると結構重い。慎重に巻いて来ると45cmの太いアナゴだ。釣れないよりはマシなんだけど、キスじゃないので嬉しさも正直半分。
即合わせに近かったはずなのにやっぱり針を飲んじゃってる・・・。そのままにして2本目の竿をキャスト。今度は何とか針を外そうとライトを照らしながら頑張ってると、今投げたばかりの竿がガタガタ音を立てている。見上げると竿先がグイグイ曲がってるので慌ててリールを巻くと今度は46cmのこれまた太いアナゴが掛かって来た。梅雨に入るとアナゴが釣れ出すとは言うが、これほど立
て続けに来るとは思いもしなかった。嬉しいけどキスが欲しい・・・。残念ながらこれを最後にパタリとアタリが無くなってしまった。暫く粘ってみたけど一向に反応が無く、エサが尽きた23時半に納竿。結局キスは最初の1尾だけで終わっちゃったけど、久し振りに結構まともな釣果を得られたんでそれなりには満足だったな。帰宅後すぐに全魚の腸を出して冷蔵庫へ。明日は朝から天ぷらだ(笑)
次は刺身で食えるサイズのキスを何とか釣りたいね。

Photo_46

« 好きな馬から買って下さい | トップページ | 気の毒なお嬢ちゃん »

釣り」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント