« 世界一なのにねぇ・・・ | トップページ | 嘘ついちゃダメだけどね・・・ »

たかが釣りでもルールはある

ちょっと前にブームになったブラックバスのルアー釣り。やっと沈静化したと思ったら今度はイカのエギングが流行っている。まぁ俺も釣りをする人間だから “同士と言えば同士” なんだが、中には釣り人としてのマナーがなってない連中もいるから困ったもんだ。
基本的に釣り場はみんなで譲り合うのがマナーであるのは当たり前。これは誰もが承知している。ただ、先に釣り座を取ってウキ釣りやブッコミ、あるいは投げサビキ等をしている連中が沢山いるのにも拘らず、後からゾロゾロやって来てはお構いナシに餌木を投げまくるバカがいるんだよな。これはミノーやバイブレーションを投げ込むスズキ狙いの連中にも言えることだ。確かに釣り場は譲り合わなければならないが、こういう状況下でルアーの投げ込みってのはハッキリ言ってルール違反なんだよ。魚を寄らせる為に根気強く撒き餌を繰り返してる中を(ウキ釣り師がいる中でブッコミをする場合は、仕掛けを投入してる付近には絶対投げ込まないのが暗黙のルール。もちろんチョイ投げでも)無神経にバシャバシャとルアーを辺りに投げ込むなんざ言語道断もいい所だ。しかもキャストの腕が悪けりゃ“お祭り”が頻繁に起こるのも当たり前。こうなりゃ必然的にウキ釣りやブッコミ連中たちとトラブル(喧嘩)に発展するわけだ。こいつらに言わせりゃ「何もここはお前らウキ釣りやブッコミ連中だけの釣り場じゃねぇだろが」って頭なんだろう。確かにそれは一理ある。だが、場の状況をよく把握して、今ここでルアーをキャストすること・し続けることが果たしてマナー遵守になり得ることなのかどうか?ってのをよく考えてもらいたいんだよな。そういう俺だってルアーは好きでやってるよ。こんなのは何百回とキャストを繰り返した中で一回でも魚が掛かれば御の字な釣り方なんだよ。って言うか「何回もキャストしてこそナンボ」の世界だからな。だから俺だって頭からルアーマンの存在は否定なんかしない。ガツンと来た時のやり取りは体験してみないと絶対に分からない醍醐味だからさ。でも、何回も言う様に「場の状況をよく把握すること」を忘れちゃダメだ。どうしても竿を出したければ離れた所でやること。場所が無ければ諦めて他を探すこと。マズメを過ぎたら意味の無いキャストをヤメること。何もルアーマンだけ常に周りに対して気を遣え!って言ってるわけじゃない。ウキでもブッコミでも中にはロクでもない連中だって実際いるし。良い意味で「お互い様」って気持ちが無いと釣りは楽しくならないからさ。

« 世界一なのにねぇ・・・ | トップページ | 嘘ついちゃダメだけどね・・・ »

釣り」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント