« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

業務終了

ミートホープのインチキが発覚したことにより、同様の手口をしていた他の所はさぞやアワ食って「正規品」に差し替えたことだろう。俺なんか思うに、某有名ファーストフード店なんかのハンバーガーに使われている肉なんて、それこそ何の肉を混ぜて作ってるのか分かったもんじゃない。今はともかく、一昔二昔前なんて今みたいにうるさい時代じゃなかったから尚更だ。ネットの書き込みを見てると、今でもかなりグレーゾーンっぽいけどな。

昨日は最後の業務として群馬へ行って来た。振り返ってみると、まさか自分がこの様な体験をするとは夢にも思わなかったとは言え、普通のサラリーマンなんぞがまず経験出来ない様なことを色々とやれたわけだから、考え様によっては良い勉強になった部分もあったと思う。でも人知れず社内で隠密に動くってのは想像する以上にストレスが溜まったね。その解消を「ツーリング」「釣り」「温泉」に求めたことも多々あった。これらは俺にとって必要不可欠な引き出し。と言うより逃げ道だな。競馬もそうなんだけど、たとえくだらない様なことでも、好きなことが幾つもあるってことは時に自分自身を助けてくれる非常に大切な切り札になるもんなんだよね。その事が今回よく分かったよ。
恐らくこの先も着服やセクハラは後を絶たないだろう。こういうロクでもない奴らは次から次へと必ず湧いて出て来る。全てがガラス張りでない限り、社内のコンプライアンスなどというものは所詮「体裁を取り繕うために描いた餅」に過ぎないのさ。

驕る平家は何とやら・・・

「宝塚記念は2着でしたが負けて強しの競馬でした。私のこれまで所有した中でメイショウサムソンは最高の馬です。最高の馬を、世界最高の舞台に、最高の騎手で臨みたいそんな私のわがままを、みんなが理解してくれました

石橋も随分とコケにされちゃったなぁ。君はオーナーにとってサムソンの最高のパートナーじゃなかったらしいぞ。そりゃ神様・仏様・馬主様だもん、鶴の一声に誰も反対する奴なんているわけねぇわな。俺も来世じゃこういう “驕り高ぶる素晴らしい人間” として馬主生活を送ってみたいもんだね。馬主なんざ「驕ってナンボ」の商売だからな(笑)

武も気の毒っちゃ気の毒だ。これで下手打ったらまた大変だぜ。

「やっぱり最高のパートナーは石橋くんでした。改めて彼を乗せるという私のわがままを、みんなが理解してくれました」

な~んて言われない様に頑張りや~(笑)

くだらねぇ話

今宵は社内コンパってことで関内まで繰り出して来たわけだ。いやいやもうバラエティに富んでる女子ばかりで参ったね。小錦・エスパー伊東・柄本明の強力3トップにさ、誰が呼んだのか知らねぇけど綾戸智絵のバージョンアップ版みたいのまで来やがって散々だよ。唯一救われたのはプロポーション抜群の美人が一人参加してくれたこと。小池栄子並みのナイスバディの子だ。とりあえず到着早々に幹事を便所に連れ出して説教な。

「お前あれは無いだろ。イイの見繕いますから任せて下さいって言ったじゃねぇかよ!」
「すいません。○○ちゃん(美人の子)に声を掛けたらそばにいたあいつらが私も!私も!って・・・」
「何で誰もいない所で言わねぇんだよ!派遣の可愛い子たちに声掛ける予定だったんだろ?」
「ハイ・・・。でもしょうがないかな?って・・・」
「全然しょうがなくねぇよ。その後に “やっぱ中止になりました” って言やいいんだよ!」
「すいません・・・。そうすべきでしたよね・・・」
「キャラ的に小錦は許すけどよ、柄本と綾戸は反則の度を超えてるだろ!」
「ホントすいません・・・。俺盛り上げますから」
「いいよ盛り上げなくて。俺が美人の子と話すからお前らあっちの相手しろよ!」

ってションベンして戻ったら野郎たちは美人に群がってると来たもんだ。人の言うこと全然聞いてねぇし・・・。あいつら相手したのは結局俺だよ。

(伊東) 「私、○○さん(俺ね)にマジでアタックしちゃおうかな?」
(俺)    「・・・・・」
(柄本) 「ズル~い!だったら私もグイグイ行っちゃうから~(おっぱい押し付け状態)」
(俺)    「・・・・・」
(綾戸) 「あんたたちヤメなさいって!迷惑でしょ!ガハハハハ」
(柄本) 「今度助手席に乗せて下さいよ~」
(俺)    「・・・・・」
(伊東) 「彼氏とオープンカーでドライブなんて憧れちゃうよね~」
(俺)    「・・・・・」
(柄本) 「私も彼氏と釣りに行きた~い!(更におっぱい押し付けてニヤニヤ状態)」
(俺)    「・・・・・」

まぁ終始こんな感じな。店出たら強引にカラオケに連行されて、席は柄本と伊東にサンドイッチさ。ここでもおっぱいグイグイ三昧。ちなみにこの二人は34歳でもちろん独身。
まぁこいつらもある意味可哀想なんだよな。帰りは美人に「送ってって下さい」って言われたから何とか最後にイイ思いが出来たんで何よりさ。それまでの時間を全て払拭するかの様に俺は横浜の街を飛ばしたよ。「後は想像にお任せする」ってカッコ良く〆たい所なんだけど、残念ながら相模原のド田舎まで送ってってお終いさ。帰りの16号が虚しかったわ・・・。BGMの東京砂漠が心に染みたね。

「のぞみ」だと多少違うのか?

今日は仕事で静岡へ。
何年か振りの新幹線だったんで結構嬉しかったな。わずか1時間でもたまに乗るとイイもんだね。大して腹減ってなかったんだけど、思わず崎陽軒のシウマイ弁当を買って車内で食べちゃったよ。ついでにどうでもいい話をすると、たまたまだったのかどうかは分からんけど、車内の売り子ってもう少し見てくれがイイのっていないのかね?後ろから見る紺のタイツ姿は非常にソソられるんだけど「こっち振り向かなくても別にいいから気にしないで」って感じで残念だったな。乗ったのが「こだま」だったから質が悪かったのか?
ま、別にいいんだけどね。今日はシウマイ弁当を食えたってだけで満足としよう。

保険は加入しとくべき

結局の所、交通事故による保険の給付金は4ヶ所(生保会社・県民共済・簡易保険・バイクの任意保険会社)で50万円ちょっと貰えた。
月々の掛け金で比較すると、実入り(?)が断然良いのは
県民共済だ。ミドルコース2倍+入院特約Ⅱ(合計3500円)で約15万円。支払いまでのスピードも遅くない。反対に掛け金が高いわりに(県民共済の約4倍)一番安かったのが簡保(合計72000円)だ。更に支払いまでのスピードも一番遅い。養老型で満期まで10年を切ってるから仕方なく続けるけど、そうじゃなかったら正直ヤメたい所だね。CMでよく見掛ける外資系の保険屋ってのは、いざ支払いの段階になった時に果たしてどうなのか?っていう不安があるけど実際はどんなもんなんだろう?単に不払いが表立ってないだけなのか、逆に出し渋りが少なくて意外と評判が良いのか・・・。
ま、いずれにせよ保険は入っといた方がイイよ。給付金が出た時に初めてその有難さが分かるから。俺は上記以外に会社の団体保険(2種類で月1200円)にも一応入ってる。事故絡みは色々うるさいから今回は未請求にしたけどね(笑)

回るのは地球だけ

夏休みの計画は立てられましたかな? うちの会社は毎年お盆の時期に9連休ってのが定番なんだけど、どこ行くのも一番混んでる時期だし、泊まるにしても値段が高い。
「まとまった休みがあるだけでも有難く思え!」と叱られるかもしれないが、これで高給取りならいざ知らず、下手すりゃそこらのフリーターより月の稼ぎが少ない俺なんぞは、御優雅に海外旅行なんてとてもじゃないが行ける訳も無い。まぁせいぜい日帰り温泉か釣りにでも行けるのが精一杯だね。一般的には年齢と共に年収ってのは徐々に増えて行くもんなんだろうが、俺の場合は逆に減って行く一方(笑) 25、6の時から見れば年収は約半分なんだからどうしようもないね。「金は天下の回りもの」なんて言われるけど、残念ながら待てど暮らせど全然回って来やしない。気配すら無いんだから参っちゃうね。きっとこういうのも決まった奴しか回って来ないんだろ(笑) な~んて思わず愚痴をこぼしちゃう今日この頃だ。

気の毒なお嬢ちゃん

たかが明け3歳の牝馬をグランプリで1番人気にしちゃいかんよ。もう少し世の競馬ファンは冷静でまともな判断をするかと思ったんだけどな。これじゃJRAの目論見通りじゃねぇかよ。インターハイを勝ったばかりの女子高生にさ、海千山千が集まる社会人大会でも優勝しろって言う方が酷ってもんだろ(笑) しかも本人の意思とは一切関係なく強引に出場させられたんだからたまったもんじゃないよな。ただでさえ体調に余裕なんて無いのに、あんな悪い馬場なんか走らされちゃ余計疲れが残るだけ。同じ負けでも「差して届かず」ならともかく、直線で力尽きてズルズル後退する様な負け方は一番後を引く。体が完全に出来上がってる大人じゃないんだから、成長途上の子供に無理強いするとロクなことないんだよ。しかも女の子なんだから。
マスコミってのは何の責任も負わないから、週中は煽るだけ煽って垂れ流し三昧の記事しか書かないのさ。追い切りで悪い時計が出なけりゃ「好調キープ」だの「ダービーの疲れは無い」だのと適当な記事を並べてただろ?お前らいい加減にしろってな(笑)
そもそも朝刊のスポーツ紙でまともに追い切りの時計を測れる奴なんていやしないんだから。ほとんどが専門紙から貰い受けてるだけのこと。よくそんな程度で「調教班」なんてヌケヌケと言えるもんだと俺なんか感心してるけどね。
ま、とにかくウオッカが今日の走りでガタガタにならないことを俺は祈るよ。馬主も調教師もJRAも栄えあるダービー馬の扱いをあまりにも軽んじてるよな。常に人間のエゴで走らされる競走馬の宿命ってのは悲しいもんだ。

館山・自衛隊裏護岸にて

「たまにはまともに釣りがしたい」
そんな思いがあって夜釣りをしに館山まで行って来た。場所は自衛隊裏の護岸である。(手前の堤防はクロダイのダンゴ釣りで超有名な所) 18時前に着いたら既に釣り人はほとんどいなかった。「お好きな場所でどうぞ!」ってな感じだ。どこでもよかったんだが、何となく沖ノ島に近い方が釣れる気がしたんで護岸の角っこに陣取ってみた。
いつもの様にエサは川崎の勇竿で極太青イソとスナメを購入。今回は最初から4.2mの竿を3本出してスタート。うち2本は7号のキス3本針で、1本はイシモチ用にセイゴ12号と少々大きめな2本針。暫くは全く音沙汰が無かったものの、時合が来たのは20時を過ぎてから。3本の竿が一斉にチョンチョンと明確なアタリを出した。まず一番ググッと引き込んだ竿から上げてみたら18cmのキスと24cmのアナゴが一荷。2本目を上げたら15cmのメバル。3本目には25cmのアナゴが掛かって来た。全部の竿に掛かるとは珍しいこともあるもんだ。フグ同様アナゴはどうしても針を飲む。外すのも面倒なんでそのまま仕掛けを切ってクーラーに。針掛かりしたのはどれもスナメを付けたものばかりで青イソには全く食い付いていない。当たりエサはスナメで決まりの様だ。仕掛けを新しくして全ての針にスナメを付け1本目を再キャスト。糸フケを取って竿を立て掛けた瞬間にグググググッと一気に竿先が引き込まれた。合わせると結構重い。慎重に巻いて来ると45cmの太いアナゴだ。釣れないよりはマシなんだけど、キスじゃないので嬉しさも正直半分。
即合わせに近かったはずなのにやっぱり針を飲んじゃってる・・・。そのままにして2本目の竿をキャスト。今度は何とか針を外そうとライトを照らしながら頑張ってると、今投げたばかりの竿がガタガタ音を立てている。見上げると竿先がグイグイ曲がってるので慌ててリールを巻くと今度は46cmのこれまた太いアナゴが掛かって来た。梅雨に入るとアナゴが釣れ出すとは言うが、これほど立
て続けに来るとは思いもしなかった。嬉しいけどキスが欲しい・・・。残念ながらこれを最後にパタリとアタリが無くなってしまった。暫く粘ってみたけど一向に反応が無く、エサが尽きた23時半に納竿。結局キスは最初の1尾だけで終わっちゃったけど、久し振りに結構まともな釣果を得られたんでそれなりには満足だったな。帰宅後すぐに全魚の腸を出して冷蔵庫へ。明日は朝から天ぷらだ(笑)
次は刺身で食えるサイズのキスを何とか釣りたいね。

Photo_46

好きな馬から買って下さい

神奈川県を走るJR相模線。下りる時にボタンを押してドアを開けるという何とも田舎臭い電車なんだが、この前仕事で朝早く待ち合わせをするのに利用した「南林間」という駅で実にキレイな女性を沢山見掛けた。30分ぐらい待ってた間にキレイどころのお姉様たちが次々にやって来るんだわ。「何でこんな田舎にこれだけキレイな女たちがわんさかいるんだ?」ってぐらい続々と現れるんだよね。この日は朝から暑かったんだけど、お陰様で多数の美人を拝めたからちっとも待ち時間も苦じゃなかったよ(笑) 横浜線じゃ有り得ない光景だな。同じローカル線なのにこうも違うもんか?
この駅はそれほど大きくないんだけど、そばに日産の座間工場があるんで、ここが全盛期の頃はそれなりに利用客も多かったそうだ。(余談)

さて気乗りがしない宝塚記念。
去年は頭が鉄板だったのもあってディープからナリタセンチュリーへの馬単1点でアッサリ仕留められたんだけど、残念ながら今年はそうはいかない。お祭りレースは好きな馬から・・・ってんでスイープトウショウを軸に流そうかと思ってたら回避しちゃったしな。つまんねぇから買うのヤメようかな?って感じ。
4角手前で逃げ馬を潰しに行くメイショウとダイワ。漁夫の利があれば直線まで死んだフリをしてる馬か?んじゃファストタテヤマ?これじゃちょっと狙い過ぎだな。それだったら杉本と同じく「私の夢はポップロックです」で行くとするか・・・。

嘘ついちゃダメだけどね・・・

年金問題のニュースがコムスンのネタにスリ替わり、選挙対策の一環として社会保険庁改革関連法案、年金時効撤廃特例法案という小手先のネタを振りかざし、強引な会期延長を決めて結局は選挙を延期。そこに今度は牛肉ミンチのネタを大々的にニュースで流させて世間から少しでも自民批判の目を逸らさせる。選挙に勝つためにはあの手この手でなり振り構ってられない状況なんだな。

俺から言わせりゃ「牛肉と偽って実は豚肉を混ぜちゃってました。エヘヘ・・・」なんてもんは実にどうでもいいことだ。「信じられません」「嘘でしょ?」「もう買いません」などと答えてるどこぞの用意した “サクラ” の連中のインタビューなど実にくだらん。人体に影響を及ぼすもんが入ってたならともかく、これしき程度の嘘つき食品でガタガタ騒ぐな。おまえら本当にこのメーカーが出してた冷凍肉をさんざっぱら買ってたのか?観てたらわざとらしくローソンもコロッケを撤去してたよな。あのな、たかがコンビニ如きでコロッケを買って食う様な連中なんざ、中身が豚でも鶏でも別に何だって構わねぇんだよ。こんなもん学校帰りの中学生や高校生が買い食いする程度の代物なんだから。そうだろ?どうせなら「あくまでもビーフコロッケって謳ってるからこそ、僕たち私たちはわざわざ学校帰りにローソンで買ってたのに・・・。裏切られた悔しさで一杯です」ってシクシク泣きながらインタビューに答えるサクラでも出した方がもっと面白かったのにな。どうせやるならここまで凝った演出でもしろっての。
中国産のピーマンに強烈な農薬が使われてたなんてのも別に驚く様なことでもない。

こんなもんどこの外国だってやってることだ。日本人の食べ物に対する習慣は、まず「見た目の良さ」から入るわけだな。野菜でも果物でも形が悪いと売れない。逆に艶があって形が良いと何の抵抗も無くヒョイヒョイと買う。実に単純なんだよ。見映えを良くするには虫食いなんて絶対にNG。だからキレイな状態で出荷するには農薬を散布せざるを得ない。中にはより強い薬を使わないと「木」そのものさえダメになってしまうものだってあるだろう。無農薬が良いに越したことはないんだろうが、自然の植物の中には外敵から身を守るために毒性のものを自ら出すことで自己防衛を図るものもあるという。自然食品でありながら、実は体から出すその毒性のものこそ人体にとって非常によろしくない場合だってあるそうだ。適度な農薬で害虫を駆除してやることで、その毒を自ら出さない様に制御してやるのも重要なことなんだろうな。まぁ俺は農家じゃないからあんまり詳しいことまでは正直知らんけどね。

ミートソースの原料はトマト。そのトマトが採取されたのはイタリアのとある地方の農園。実はここでとんでもない高濃度の農薬が使われていたことが発覚。もちろん人体に影響が無いわけがない。その事実をヒョンなことから知ってしまったメーカーさんは慌てて製造と出荷を停止。卸し先は世の中の誰もが知ってる超大手の某お店。発覚するまでの間は当然消費者に垂れ流し。もちろん買う側なんてそんなこと誰も知るわけがない。
さんざ製造して売っちゃってるし、今更世間に公表したらとんでもないことになる。さてどうしよう?とりあえず卸し先のお店には正直に事実を話してみるか・・・。結果、卸し先も今更世間に言える訳も無く、当然の様にさりげなく黙って店先から撤去。このソースを作ってたメーカーさんは、ソースの中に入れる挽肉やらマッシュルームやらを提供してもらってた他のメーカーさんに対しての保証問題も背負うことに・・・。現地の法人相手に損害賠償を請求しなくちゃならない。何か色々と大変な目に合っちゃったよな~って思わずボヤくしかない製造メーカーの担当者さんだったとさ(笑) ま、知る人ぞ知る内容だけど。

よろしいかな皆さん?もっともっとアコギなことを平然とやってる所なんて山の様に存在するのですよ。
「バレなきゃいい」 「関係ねぇよ」 「今更知ったこっちゃねぇ」
こういうのが平然とまかり通ってる世の中なんです。基本的に国内の食品メーカーを信頼してはいけません。「エッ?まさかこのメーカーも?」 そうです。バレて初めて世間は驚くのです(笑)

たかが釣りでもルールはある

ちょっと前にブームになったブラックバスのルアー釣り。やっと沈静化したと思ったら今度はイカのエギングが流行っている。まぁ俺も釣りをする人間だから “同士と言えば同士” なんだが、中には釣り人としてのマナーがなってない連中もいるから困ったもんだ。
基本的に釣り場はみんなで譲り合うのがマナーであるのは当たり前。これは誰もが承知している。ただ、先に釣り座を取ってウキ釣りやブッコミ、あるいは投げサビキ等をしている連中が沢山いるのにも拘らず、後からゾロゾロやって来てはお構いナシに餌木を投げまくるバカがいるんだよな。これはミノーやバイブレーションを投げ込むスズキ狙いの連中にも言えることだ。確かに釣り場は譲り合わなければならないが、こういう状況下でルアーの投げ込みってのはハッキリ言ってルール違反なんだよ。魚を寄らせる為に根気強く撒き餌を繰り返してる中を(ウキ釣り師がいる中でブッコミをする場合は、仕掛けを投入してる付近には絶対投げ込まないのが暗黙のルール。もちろんチョイ投げでも)無神経にバシャバシャとルアーを辺りに投げ込むなんざ言語道断もいい所だ。しかもキャストの腕が悪けりゃ“お祭り”が頻繁に起こるのも当たり前。こうなりゃ必然的にウキ釣りやブッコミ連中たちとトラブル(喧嘩)に発展するわけだ。こいつらに言わせりゃ「何もここはお前らウキ釣りやブッコミ連中だけの釣り場じゃねぇだろが」って頭なんだろう。確かにそれは一理ある。だが、場の状況をよく把握して、今ここでルアーをキャストすること・し続けることが果たしてマナー遵守になり得ることなのかどうか?ってのをよく考えてもらいたいんだよな。そういう俺だってルアーは好きでやってるよ。こんなのは何百回とキャストを繰り返した中で一回でも魚が掛かれば御の字な釣り方なんだよ。って言うか「何回もキャストしてこそナンボ」の世界だからな。だから俺だって頭からルアーマンの存在は否定なんかしない。ガツンと来た時のやり取りは体験してみないと絶対に分からない醍醐味だからさ。でも、何回も言う様に「場の状況をよく把握すること」を忘れちゃダメだ。どうしても竿を出したければ離れた所でやること。場所が無ければ諦めて他を探すこと。マズメを過ぎたら意味の無いキャストをヤメること。何もルアーマンだけ常に周りに対して気を遣え!って言ってるわけじゃない。ウキでもブッコミでも中にはロクでもない連中だって実際いるし。良い意味で「お互い様」って気持ちが無いと釣りは楽しくならないからさ。

世界一なのにねぇ・・・

もっともっと話題になってもイイんじゃないのか?って思うミス・ユニバース。
まぁぶっちゃけ大してキレイじゃないから仕方ない部分もあるんだろうがね。去年準ミスだった知花もイマイチ、いやイマサンぐらい弾けんな。どうやら世間の、特にババア連中にとっては同性より若くてピチピチした爽やか青年のハニカミとハンカチ王子の方がお好みのようで・・・。ルックスが悪い楽天の田中が不憫に思えて仕方ないのは俺だけか?

生まれた子供に罪はない

3歳の子供が勝手にカップラーメンを食って「知らない」と返答したことに腹を立てて暴行。子供は意識不明の重体。更には腕や胸にあざがあることなどから、日常的に虐待していた形跡も見受けられる。

赤ん坊を含めた幼児虐待のニュースが昨今増加してるけど、ホントもうどうしようもないバカ親が多過ぎるよな。恐らくこういった連中ってのは、元々テメェ自身がロクな教育も受けて来てないんだろう。だから躾と虐待の区別が出来ない。極論で言うなら、ロクでもないバカ親から生まれて先々邪魔者扱いされる上に虐待を受けるぐらいだったら、最初から「赤ちゃんポスト」に入れられた方がその子にとってまだマシなんじゃないかと俺なんかは思うわけだ。子供は親を選べないし、自ら望んで生まれて来るわけでもない。
まぁ如何なる理由があるとは言え、そもそも自分が産んだ子供を「捨てる」という行為そのものが大いに問題なんだけどね。

「どうしてもこの男の子供が産みたい。この男の子供ならたとえ未婚のままであったとしても産んで育てたい。私はそう思う相手としか絶対に寝ない」

昔そう言い切った女がいたな。これ書いててふと思い出したよ。

いつもの釣られ買い

このくだらないブログで最近一番アクセスが多い記事は5/22付けの「半井小絵>山本志織」だ。マイクロソフトのLive Searchからよく飛んで来る。彼女たちに興味ある奴らが多いって証拠なんだな。結構結構。

Photo_42
ホイールの洗浄剤とタイヤコートを買って来た。数ある商品の中で選んだのがこれ。まず左の洗浄剤は、この前車内クリーニングで世話になった「CAR BEAUTY」が開発したらしい。右のタイヤコートは売場でテレビによる実演CMが流されていた。「プロが開発」とか「業界初」とかって文字に弱い俺は、この手のものを目の当たりにするとすぐに飛び付いちゃうんだよね。こういう単純なのがいるから店も儲かるんだな。ホントに凄いのかどうかはそのうち試してみるよ。

ロードスターで釣行

久し振りに一人で釣りに行って来た。まぁ今更言いっこナシなんだが、ロードスターのトランクは竿ケースもクーラーも入らないから(幅と深さが無い。現行型はゴルフバッグが入るらしいけど)非常に不便だ。仕方ないから助手席を使うしかないんで、今後は一回り小さいクーラーの購入を検討しなければならない。

行き先は静岡の静浦港。ここにした理由は長岡の弘法の湯に帰り掛け寄れるから。
面倒だけど川崎の勇竿まで往復高速を使ってエサを買いに行き、そのまま東名で沼津まで向かった。深夜だというのに車が多かったな。天気が良いから遠出する連中もいたんだろう。足柄なんか結構な混み様だったからね。白々と夜が明け始めた頃に到着したら既に何人か竿を出していた。全員カゴ釣り師。恐らく狙いはアジかマダイ。ここ静浦は昔からカゴ釣りで有名な場所だ。釣り場は左側の先端50m手前。3本針の仕掛けにスナメを丁寧に刺して70m程キャスト。満潮から下げに入った時間帯なので心が躍る。もう一本の竿はフッコ狙いで一本針の仕掛けに岩イソを一匹コキ上げて80m程キャスト。25号のオモリなんで結構距離が出る。「いつでもいらっしゃい!」とばかりセブンで買って来た焼きそばパンを食いながら竿先を凝視。程なくしてツンツンと岩イソ餌の竿に軽いアタリが来た。「よしよし、一気に竿を引ったくるぐらいガツンと来いや!」とニヤニヤしながら見ていたものの、最初のツンツンだけで継続反応ナシ。諦めず更に凝視。ハイ、反応ナシ。シロギス仕掛けの方も無反応。根がキツイのでサビくことは無理なんだけど、この時間帯は右から左への潮が早いので、置き竿で放置しとくとあっという間に手前の根まで転がって来てしまう。2本の竿は根掛かりの連発だ。何回も仕掛けを新しくしてるうちに気が付けばすっかり陽が昇ってる。それにしても朝っぱらカンカン照りで暑いなんてもんじゃない。暫くして一本針に再度アタリがあり、引き上げると20cm近いベラ。話にならん。周りのカゴ師連中もサッパリだ。その後は何のアタリも無く、ゴロンと横になったらそのまま爆睡。暑くて起きたら10時近く。3時間も寝てもうたがな・・・。エサを交換しようと引き上げたら15cmもないピンギスが掛かってた。既に生体反応が無い。先端にいるオッサンが黒鯛を釣った様だ。こんな時間でも釣れるもんなんだな。さてエサを交換しようとしたら・・・やっちまったよ。直射日光の下にそのままにしちゃってたスナメとイソメが哀れにも干物になっとるがな・・・。クーラーにしまっとくの忘れて寝ちゃったんだな。ハイ、終了!本日の釣果2匹。わざわざここまで寝に来た様なもんだ。何やってんだか・・・。
予定通り?そのまま弘法の湯へ寄って風呂上りに2時間爆睡。岩盤浴で汗をかくと結構疲れるから尚更眠くなるんだよね。帰りは足柄からオープンにして(実は買ってから初めての試み)スッ飛ばしてみた。風は巻き込まないって話なのにウソばっか。髪の毛がどっか飛んで行っちゃうかと思うほど(ちょっとオーバーか?)猛烈な風を頭に受けて散々な思い。屋根を取った時は静かに走らないとダメみたいだね。「あくまでもオープンを楽しむ」って程度にしとかないと。高速道路走る時はもうヤメよう。
グダグダ感満載で終わった釣りだったけど、久し振りのマイカー釣行だったんでそれだけでも結構楽しかったな。また行こう。

001_4 釣り場から見える富士山
まるで風呂屋の壁画だよ
ロケーションは良くても釣果が悪くちゃね・・・


002_5反対側の先端
右上の光体はエクトプラズム現象(笑)

出走の理由も色々ある

まぁ個人的に言わせてもらうと、ダービー馬が続けて宝塚記念なんぞに出る必要なんか全く無いわけだ。そもそも有馬と宝塚はGⅠであってGⅠじゃない。グランプリってのはあくまでもオマケの別格レースに過ぎないからね。そりゃ観る側買う側は面白いことは面白いけどさ。牝馬はもちろん、牡馬もこのレースを勝ったからといって種馬としての価値が特別上がるわけでもないんだよ。陣営にとって魅力なのは1着賞金が高い点だけ
ウオッカが負けたとしても責めちゃダメだよ。一生に一度のダービーで後先考えない目一杯の仕上げをされてんだから。これで勝ったら大したもんだけど、普通に考えりゃお釣りが残ってないと見てやるのが当たり前。天皇賞経由で来る古馬たちと一緒にしちゃ可哀想さ。ま、仮に俺とか岡部がウオッカの馬主ならこんなレース絶対出さないけどな。
なんてったって「馬優先主義」だから(笑) 3歳の牝馬になんざ無理はさせない。十分休養させてから早めにフランスに入れて環境に慣れさせるよ。それから稽古を積んで本番前に一度叩く。今から万全で余裕を持ったローテーションを組まないとね。

今回の出走はどういう経緯か知らんけど、話題性と馬券の売り上げを考えりゃ
JRAからの「無理なお願い」って背景がチラホラ見えなくもないわな(笑)

無茶な行動は災いの元

小田急線で指を挟まれたまま40m引きずられて大怪我したとかってニュースでやってたよな。車掌がモニターで見落としたのセンサーの作動が何だのと言ってるが、そもそも駆け込み乗車をしようとした当人が一番悪いんだろが。こんなんで被害者面されて業務上過失が問われたら電車側が気の毒だよ。この婆さんを擁護する必要なんて全く無い。そこらはマスコミもしっかり線引きして「自業自得だ」って部分もちゃんと報道しろよな。駆け込み乗車と信号無視で横断する奴は断じて甘やかすな。それでも結局泣きを見るのは加害者扱いされる電車や車側なんだから。俺らもこの婆さんを反面教師にして無茶しない様に心掛けようぜ。

蘇る輝き

新車の様に、いやそれ以上に内装が磨き上げられたカークリーニング。
「シート・マット・カーペット」の洗浄・除菌・抗菌・脱臭、「ダッシュボード・ハンドル・コンソール・ドア」の汚れ落としとワックス掛け、「フロントガラス・両ドアガラス・リアガラス」の磨き、更には「天井(幌の内側)・サンバイザー」までもがワックス掛けされている。御丁寧にルームランプのケースとメーターパネルまでもピカピカだ。そしてトランクルームも。
さすがそれなりの金額を払っただけのことはある徹底したクリーニング。あの変な匂いが見事に消えている。そして端から隙間からキッチリ手抜き無くワックスが塗られていることに驚いた。どうやってフロントガラス下の狭い所までワックスを塗ったんだろうか?塗りムラもガラスの拭き残しも一切見当たらないそのプロの腕前には非常に感心。素晴らしいの一言だ。こうなると車内を禁煙にせざるを得ないだろう。今日の診察でタバコをそろそろヤメろと言われたんで丁度良い機会かもしれないな。


http://www.itos.info/  CAR BEAUTY PRO  アイ・ティ・オー・サービス

その腕に偽りナシ!

現場の質で信用が決まる

長いこと客商売をやってると、喫煙場所を見るだけでそこの会社の現場が “まとも” かどうかが一目で分かる。飲食店だとトイレの清掃具合が判断基準と言うが、喫煙所もまた然りだ。普段の業務がキチンとしたルール(5Sの徹底)に基づいて行われている所は、消火水が置かれ(コップやその他の容器に水を入れておく → 揉み消す時間を必要とせず、安全・確実に消火出来る)吸い終えたらそのまま缶バケツに直接捨てるので、まず灰皿に吸殻が山の様に積まれたままになっていることはない。テーブルにも雑巾などが置かれており、こぼれた灰を拭き取れる様な配慮もされている。また、吸う側も灰が極力床に落ちない様に気を遣っているので、足元も比較的キレイになっていることが多い。絶対何があっても・・・とまではもちろん言い切れないが、まずこの様な現場は揃いも揃って “バカばっかり ” ってことはないと判断して良い。職場の一人一人が細かい所まで気を遣ってる所は、そんな酷くいい加減な仕事はしないものだ。ただし、それはあくまでも「現場レベルだけ」の話であって、これがいわゆる「会社組織そのもの」といった大きい括りになると話は別。現場で働く連中が比較的まともであったとしても、肝心のマネジメントする中枢側が実はそうでもないってことはよくあることだ。「現場への指導・徹底化」なんてのは聞こえは良いが、必ずしも本社の人間の力によるものとは決して言い切れず、結局はそこの現場を取り仕切る責任者のレベル如何によって良くもなれば悪くもなる。会社の信用ってのは、実際には本社にいる社員の質ではなく、常に現場で働く作業者の質で成り立っているものだ。仮に責任者がロクでもない人間だとしても、個々の作業者がしっかりしていれば信用は自然と後ろから付いて来る。ついでに書くと、面白くないのは踏ん反り返ってるだけで何もしない責任者であったとしても、現場作業者の高い質のお陰で業績が上がってしまうこと(笑) 運良くこの様な現場をたまたま渡り歩いちゃったりなんかすると、あれよあれよという間に出世してしまう奴がいる。まぁ大抵こんな人間は「俺がやった」「俺のお陰」「俺の実績」などと勘違いで吹聴してしまうことがありがちになり、そのうち一端に経営論とやらを垂れ流し始めるバカに生まれ変わることも多い。この程度ならまだ可愛いもんだが、中には踏ん反り返りながら売り上げにまで手を付けるロクでもない輩もいるわけだ。能書きの与太話だけならスルーしてやるが、そうじゃなければ容赦せずに排除する。会社の金をチョロまかし、その金で女囲ったり遊び歩いてる奴が大手を振って出世してたら示しが付かん。言うなれば俺の仕事はお掃除するための諜報員みたいなもん。残念ながら殺しのライセンスは無いけどね(笑)

何でもないようなことが~♪

ハニカミ王子の童貞を奪うのは誰なのか?などとくだらんことを考えてしまう暇な今宵。
NHKの朝のニュースで天気予報コーナーを担当してる加藤裕子ちゃんが結構気になってる今日この頃。最近やたらとパチンコメーカーのCMが派手に垂れ流されてるのは果たしてどういう意味なのか?などと妙に深く考えがちな昨日今日。「鬼嫁日記2いい湯だな」にウェイトレス役で出てる柳原可奈子は痩せると結構可愛くなるんじゃね?などと勝手に期待してる毎週火曜の夜。

さぁ今週も適当に乗り切るべ!

イイ歳になったら男はPapas?

恋からの今期メンバーは近年の中で一番の不作だね。あまりにも頭の悪いブスが多過ぎる。番組自体も更にグダグダ感を増しちゃったしな。だいたい最前列があんなレベルじゃ観る楽しみもないだろ。陶芸家を上回る様な艶っぽいのは出て来ないのかねぇ・・・。

来週が父の日ってことで珍しく一家揃って横浜へ繰り出した。母ちゃんが「たまにはお前も親父に何か買ってやれ!」って言うから高島屋を見て回ったんだが、着る物の趣味が全く違うんで選択も一苦労。結局Papasでシャツを1枚選んだら、何となく自分のも欲しくなっちゃって衝動買い。値札見ないで店員に渡したら5万円近くも取られちゃったわ。
それにしてもラルフローレンは相変わらず面白味の無いデザインばっかりでつまらんね。これなら値段が少し高くてもデザイン豊富なPapasの方がまだ面白い。
8月の誕生日にはここでまた何か買うとするか・・・。誰もプレゼントなんてくれねぇから毎年自分で自分に何か買ってんだよね。もう慣れたけど・・・。

美味しい話は全て戯言

ダービー前日に「安田記念を3連単一点勝負で獲らせます!」って新聞で大々的に広告を出してホザいてた胡散臭い予想会社はどうなった?あれからウンともスンとも広告を出さねぇな。最初から結果がどうなるか分かってたんだろうから、会員登録をした皆さんはもちろん全員馬券が当たったんだろ?何だか今週も同じ様なのが広告出してるよな。

「あなたも馬券を毎週1点で当て続けてみませんか!」

「1点的中は難しい」 それは大きな誤解です。

「ご存知ですか?皆様が必死に予想するなか、お電話1本で毎週馬券を1点で当て続けている方がいます」

以前ここにも書いたけどさ、そこまで言うなら「お誘い広告」じゃなくて、正々堂々と買い目を紙上で公開してもらいたいもんだよな。そう思わない?どこもかしこも500円を振り込んで会員とやらになると、個人情報は全てあちこちに垂れ流しだぜ(笑) こういう広告を打つのは、そもそもHPすらまともに構えてない所ばっかりなんだよ。みんなそう。アクセスすれば表紙だけ(笑) 個人情報云々の能書きなんぞどうでもいいからさ、まずは本物の情報とやらの買い目をお試しで公開してみ(笑)
本来競馬ってのは予想することが楽しいんだよ。あーだこーだ考えながらな。だから当たると単純に嬉しいのさ。「馬は男のロマン」って両津勘吉も言ってるじゃん(笑)

あまりにも駄作

「そりゃR-15になるわな」と頷いた黒谷友香主演の “TANKA・短歌” だが、非常に残念なのは、彼女から滲み出る様な濃厚フェロモンが全く無かったこと。それと、二つの愛(年上の所帯持ちとの不倫&年下の独身坊や)の間で揺れてどうのこうのというよりも
「単に “サセ子” のお話でした。チャンチャン!」という内容に過ぎなかったことだ。この作品を通して一体何を伝えたかったのか、何を訴えたかったのかが全く見えないままだったな。黒谷の心底苦しむ迷走愛がしっかり描き切れてないから全てが中途半端の繰り返し。監督も悪けりゃ脚本も悪い。「黒谷の裸体だけを見たければどうぞ」ってレベルの作品だね。“濃厚なSEXシーンで魅せる” って点なら寺島しのぶの方が数段上だ。
あまりにも黒谷は薄っぺらでお粗末だったよな。私生活でもあんなもんか?って感じで妄想すら膨らまない(笑)個人的には残念だったけど・・・。


71105489

キレイなお姉さんは好きです

何週にも亘った埼玉行脚が昨日今日で終わった。ラストを飾る今回は本庄。周りに何も無いこんなド田舎に何で新幹線の駅(上越新幹線・本庄早稲田駅)があるのか不思議だったんでタクシーの運ちゃんに聞いてみたら、駅名の通りここ本庄に早稲田が高校と大学院を開校したからなんだそうだ。学校側がJRに依頼してわざわざ駅を作ってもらったってことは、もちろんそれなりに早稲田も工事費を負担したんだろうな。さすが天下の早稲田だ。やることがデカい。ってことは通学生のほとんどが新幹線を利用してるってことだよな?親御さんたちの負担も大変だわねぇ。ちなみに駅に併設する駐車場は新幹線利用客のために無料で開放してるそうだ。結構停まってたから一般の利用者も多いのかもね。

帰りに乗った湘南新宿ラインのグリーン車でのひとコマ。
本庄を出て2つめの駅で女が一人乗って来た。周りは空席だらけなのに何故か俺の隣にわざわざ座ったんだよね。見れば歳の頃は30前後で化粧バッチリの結構イイ女。これがまた何とも言えずに体から甘いイイ香りをさせてたんだわ。それで座って間もなくおもむろに広げた新聞が何と中国紙。更にショルダーバッグの中に忍ばせてる毛沢東のブロマイドがチラッと見えたんだよ。俺はここで非常に嫌な予感がしたね。
「ガラガラなのに俺の横に座る → 読み出したのが中国紙 →  毛沢東の写真を所持」
何かいかにもヤバそうな感じだろ?席を移ろうかとゴソゴソし始めたその瞬間

「お話し良いですか?」
って流暢な日本語で話し掛けられた。
「中国の人?」
「ハイ」
「日本語上手だね」
「ありがとうございます」
何気ない国際交流はここまでな。
「首相の靖国参拝についてどうお考えですか?」
ハイ来た。
「まぁ難しい問題だからねぇ・・・」
「あなたの率直な意見を聞かせて下さい」
「キレイだね。結婚してるんでしょ?」
「いいえ。彼氏もいません」
「そうなんだ。どこまで行くの?」

はぐらかしに必死だよこっちは。
「横浜の知り合いの所まで行きます」
「そうなんだ。いつまで横浜にいるの?」
「暫く居ます。で、参拝についての考えはどうですか?」
「いきなり参拝云々に対するコメント求められてもね・・・」
何故ですか?何故日本人はそうやってみんな無関心なんですか?」
何だよ何だよ、あっちのお誘いだったら即答だったのに・・・。こんな上玉の中国人美女と知り合う機会なんてなかなか無いのに残念だよな。悪いけど通り掛かった乗務員のお姉ちゃんに通報しちゃったよ。「コイツ変だからどっか連れてけ!」って(笑) モメ出した途端サッサと座席から撤収したわ。いるんだねぇこういうの。下手なこと言ってバッグからナイフでも出されたらシャレにならんからね。こんな時は通報するに限るよ。何かあってからじゃ遅いから。俺はこの問題について決して無関心じゃないんだけどさ・・・。
彼女とは別件で仲良くなりたかったなぁ。

臭いから車内を洗濯

車内がどうも臭うんでクリーニングに出すことにした。結構イイ値段取られるんだけど仕方ない。2シーターだから一般車よりは若干安いけどね。座席を外して丸ごと洗剤でゴシゴシ洗ってもらうよ。臭いと一緒にかなり汚れも落ちるだろ。高温スチームで除菌もやってくれるみたいだから、これでサッパリして気持ち良く座れそうだ。ドアの内側もダッシュボードもピカピカにしてもらおう。正にリフォームだね。

生き急ぐ大食いの馬鹿連中

最近やたらとテレビの露出が目立つ大食い連中。最初こそ俺も観ていて「すげ~な~」って素直に驚いてたけど、この所それも段々飽きて来たな。今は若いからイイわイイわでやってることなんだろうが、こんなこと続けてると間違いなく10年先は成人病だぜ。
病気ってのは患ってみて初めてその怖さに気付くんだよ。大食いなんてのは一芸じゃねぇんだから勘違いしちゃダメさ。タレント気取りで調子こいてるとロクなことないぜ。いずれはテレビに使い捨てにされた挙げ句、残ったもんはテメェ自身の内臓疾患だけ。
痛風・高脂血症・高血圧、それに最後は糖尿病だ。少しでも長生きしたけりゃすぐにでも足を洗うことだな。悪いことは言わねぇよ。

主戦を降ろしてまで行くな!

昨日は昼寝こいてて安田記念を生放送で観れなかった。どっちみち馬券買ってなかったからどうでもよかったんだけど・・・。ダイワメジャーは反動無ければ次の宝塚でもイイ勝負だね。メイショウサムソンと人気を分け合って結果もそのままかもしれん。
そのサムソンはウオッカと一緒に凱旋門賞に出る予定らしいね。残念ながら石橋は降ろされるみたいだけどさ。(武に乗り替わりだってよ) ウオッカの四位も同様に降ろされるってんだから少し気の毒だよな。特にサムソンと石橋は一心同体だろ。「武はロンシャンを何度か経験してるから・・・」ってことで乗せるんだろうが、だからって必ず勝てる保証なんか無いんだぜ。テン乗りで凱旋門を勝てるほど甘かねぇって。ここまで長いことコンビ組んで苦楽を共にして来た戦友をここ一番で降ろすんだから、俺から言わせりゃこの馬主も全く男気がねぇ野郎だぜ。サムソンの全てを知り尽くしたパイロットをそこまでナメてたとは呆れるね。四位も四位で面白くねぇだろうよ。こっちもお手馬をダービー馬にしたジョッキーだぜ。何で地元の騎手にわざわざ依頼する必要があるんだ?日本馬は日本人、しかも主戦ジョッキーで勝ってこそ本当の意味での世界最高峰の制覇なんじゃねぇのか?別にここに書いたからどうなるってもんじゃないけど、少し頭に来たんでね・・・。

お金くれればポスター貼付可

あまりにもお粗末過ぎる安倍ちゃんの舵取りに呆れてる国民も多かろう。結局この人は何も出来ないんだよね。本人さんが希望したのか勝手に担がれてこうなったのかは知らんけど、これ以上この人に首相を続けさせると日本は完全におかしくなる。っていうか既におかしくなってるし。屋台骨を支えられる器を持った閣僚が誰も見当たらないしね。
単に「お友達」を呼び寄せただけのサークル活動内閣なんだから、そもそも日本を背負って立つ様な真剣さなんて一人一人にあるわけがない。少なくとも今の官房長官は「任せて安心」って言う様なレベルには程遠い。政権交代も結構なんだけど、かと言って菅や鳩山に何が出来るってわけでもない。結局こいつらは小沢にしがみ付いてるだけで何の能力も無いからな。どこもかしこも揃って茶番だらけなのさ。「美しい日本」を本当に作れる内閣構成員の面々を是非とも拝んでみたいもんだよな。だからと言って俺はナンミョ~も赤も一切支持してないからね(笑) 勤め先の業界は民主支持系だけど、俺はこっちも一切無視。何かと言えば誰それの後援会に入ってくれだの何だのとうるさくてしょうがねぇ。自宅付近は強烈なナンミョ~地域でこれまたうるせぇし。だから俺は間違っても千趣会なんかで買い物しない。付け入る隙を与えないことも自己防衛の手段だからね。
俺は家の外壁に政党のポスターなんて貼らないよ。月に何百万もくれるんなら話は別だけどな(笑) どこも金くれるなら自民・公明・民主・共産・社会と、フルラインナップでベタベタ顔写真を貼りまくってやるよ(笑)

マニュアル車はやっぱり楽しい

東京のマツダまで電車を何本も乗り継いで引き取りに行って来た。
驚いたのは頼みもしないのに何故かコーティングを施してくれていたこと。この前目にした無数の細かな傷が全て消えていて、まるで新車と見間違うが如くピカピカに輝いているではないか!どこもかしこもツルツルだ。恐らく初めからこの分も販売価格に乗っけてたんだろうな。普通こんなもんまともにやれば何万も金が掛かるんだからサービスなんかでやるわけがない。まんまと “してやられた” けど、くすんで傷だらけの状態よりはイイだろう。まぁ何だかんだ言っても実際に光沢のある車体を見れば素直に嬉しく感じる。
帰り掛けに自宅近所のオートバックスに寄ってKENWOODのU525とPanasonicのETCを取り付けてもらった。何よりフロントガラスにアンテナが貼り付けられたことが嬉しい。
オープンカーには無理だと思ってたからね。
夜走りに行って感触を改めて確認してみたんだけど、非常に運転し易くて思いのままの操作が出来たから楽しかったよ。坂道発進も問題ナシ。同じマニュアルでもバイクの時と違っておっかなびっくりにならないから精神的にも楽だよね。オートマでは決して味わえない「自分で動かしてる」っていう満足感では車もバイクも一緒だな。車幅は掴めても、後ろが短いから長さの感覚がイマイチ掴みづらい。車体が大きいのにずっと乗ってたから仕方ないな。まぁ徐々に慣れていくだろう。明日の晩も走りに行くか。

埼玉はやっぱりダサイ

仕事で埼玉なんぞに行ってたから更新が抜けてもうたがな。
埼玉はもういい加減飽きたね。そりゃ毎週毎週行ってりゃ嫌になっちゃうよ。どこ行っても駅から少し離れれば田んぼと畑しかねぇし。それに土産品は五家寶だけ。ここは関越で素通りすべき県だとつくづく思うね。高坂と上里のサービスエリアだけで埼玉は十分ってのが俺の結論。来週行く予定の本庄がかったるいわ。

ロードスターは明日引き取り。丸2年ぶりの車復活だ。マニュアルだから運転が楽しそうだな。ハイオク車ってのが痛いけど・・・。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント