« 悪寒ですよ | トップページ | 白衣より桃衣の天使のが好き »

「ざぶん」にて炭酸泉を学ぶ

暖房ガンガンにしてサウナスーツを着込み、尚且つ毛布2枚に包まってアホの様な汗をかいた結果、一夜で39度の熱を下げた。まぁハッキリ言って暑くて寝られたもんじゃなかったが・・・。てなわけで、とりわけ急ぎの用も無い今日は一応「大事」を取って自主的休業。そのくせ朝も早からそそくさとFORZAに跨り向かった先は、かの有名な相模国一之宮・寒川神社。厚木ICで下りてからが少し混んでたけど、それでも家から45分ぐらいで難なく到着。平日の朝っぱらってこともあって駐車場も境内もガラガラ。たったの100円で「家内安全・交通安全・金運上昇・手術の成功・高松宮記念の的中」の祈願は少し欲張りだったかもなぁ・・・。結構可愛い巫女さんが境内の売店にいたんで、軽く話し掛けながら交通安全の御守りとステッカーを購入。あんまり「ノリ」が良くない巫女さんだったけどね(笑)帰りも厚木からまた東名に乗って横浜町田へUターン。
今日はこの前行った「湯楽の里」
から10分足らずの所にある「スーパー銭湯・ざぶん」を攻めて来た。ここの売りは炭酸泉の露天風呂。何でも「市販入浴剤の約20倍の濃度の炭酸ガスが溶け込んだ弱酸性のお湯」らしい。なるほど水面を見ればパチパチと炭酸があちこちで弾けてる。風呂そのものが「温かい三ツ矢サイダー」なんだろうな。
浸かってほどなくすると全身が細かい気泡でビッシリと包まれた。「へ~これが
炭酸泉( ← 参考サイトをリンクしといたよ)ってやつか!」な~んて思わず感動しちゃったよ。炭酸ガスってのは皮膚から吸収されると毛細血管を開いて血流を良くする効果があるんだってね。これによって血圧が下がるみたいよ。全然知らんかったわ・・・。中でもドイツは昔からこの炭酸泉の研究が盛んらしい。まぁ色々と勉強になるから上のリンクを開いて読んでみてよ。
「ざぶん」の露天風呂には源泉掛け流しの天然温泉もある。(例によってコーヒー色のお湯) 一応、加熱だか加水しかしてなくて消毒薬は入れてないみたいだね。大きな浴槽だから気持ち良いんだけど、底がヌルヌルして滑り易いのが欠点だ。足腰の弱い年配者は特に注意してほしい。内湯のメイン風呂(日替わりなのかな?今日行ったらトルマリン風呂だったけど・・・)も大きくてなかなか良いね。天井が高いから圧迫感も無いし気持ち良く浸かれるよ。窓も大きいから浴場内も明るいしな。

今までやって来た各スーパー銭湯の点数評価も何だか今イチだな。そもそも鶴見の「おふろの国」を基準にするから分かりにくい。今度からそこらの真似して単純に星5つ評価に変えてみるか。

_002_4 _003_4

« 悪寒ですよ | トップページ | 白衣より桃衣の天使のが好き »

スーパー銭湯」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント