« 色ババア | トップページ | 雪が舞う伊豆スカイライン »

黒は黒でも・・・

大相撲の八百長疑惑だが、協会としては一応ポーズも兼ねて訴訟を起こさないと、伝統ある「国技の沽券」に係わるからな。まぁやって当然だろ。俺としては白黒の決着を望みたい所だが、残念ながら最後はウヤムヤになって終わりになるに違いない。それは一口に八百長と言っても、常に力士(部屋)同士の内輪レベルとは限らず、色々とそれに付随してダークな世界も絡んでるからだ。だからこそ該当者は決して口を割らない。問題は「いつ・どのタイミング」で仲介者が入り、双方に対して「落とし所」を陰で提示するかだろう。あるいは既にどこぞから圧力が掛かってるかもしれん。俺としては裁判そのものより、世間が知る由も無い「裏の手打ち」ってのは一体どんなものなのか?って方が断然興味深いね。横綱審議会の面々も機会があったら同席すればいい。きっと八百長が行われる根底を垣間見ることが出来るだろうからな。いくら言論の自由とは言ったって、世の中には書いちゃマズイこともある。「VS協会」だけで済まされないことも承知の上で載せたんだから、現代もそれなりに腹くくってんだろ。まぁそれがハンパなものじゃないことを祈りたいけどね。
「過去に八百長を週刊誌で告発した力士たちのその後」って特集をどっかの雑誌で組んでくれないかな?どこからどんな報復をされたのか知りたいもんだ。

« 色ババア | トップページ | 雪が舞う伊豆スカイライン »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント