« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ボッタクリ本の紹介

昨日の投稿分の下(Ads by Google )に張り付いてた非常にくだらない広告を紹介。

30過ぎて彼氏もいない← リンクしてあるから軽く見てみ。

彼氏いない歴30年の女性に彼氏が!115人以上の女性に彼氏ができた女性のカリスマ研修講師が結婚紹介所、合コン、パーティーも一切使用せず誰も知らない秘密の彼氏をつくる恋愛術をあなただけにその全てを明かします・・・

胡散くせぇババアが俺のブログと同じくらい垂れ流してるぞ。
冒頭で全て明かすと言うくせに、結局は単なる自己啓発を含んだ恋愛指南本とやらの押し売りだ。しかも3万円で売りたい所を12800円で譲ってやるだのと、別に頼みもしねぇのに恩まで着せてやがる。何者だか知らんが、随分と高い所から物を言ってるよな。何せ男を作るのにも色々とマニュアルが必要らしいから。直接コイツの研修を受けに行くと90分で21万円もボッタクられるんだってよ。凄いねぇ。超高級ソープ嬢も真っ青な稼ぎだな(笑) 悪いけど、俺は宗教臭が漂うセミナーなんぞに興味は無い。
そういやXJAPANのボーカル野郎もインチキ宗教にドップリらしいね。完全に顔がイッちゃってたな。
ホント宗教ってのは怖いわ。

GWの予定を立てる

今年のGWは「FORZAと行く 南紀白浜~熊野~伊勢の旅」と銘打ち、いつものことながら一人寂しくお出掛けする予定を立ててみた。「鳥羽 → 熊野 → 白浜」の順に泊まるのが理想なんだけど、時期的な問題もあって上手い具合に連なった宿取りが出来なくてねぇ・・・。仕方ないんで初日は一気に大阪経由で白浜へ行くことにした。6時間もあれば着くだろ。(なんてタカくくってるけど、CBRで飛んで行くわけじゃないし・・・) 熊野古道を少しでも歩ければ理想だけど、移動が長いから多分そんな余裕は無いな。那智の滝を見たら鳥羽へ急がないと日が暮れる。毎度のことで慌しい日程だよ。

安全第一

今さっきフォルツァを洗って来た。雨雪の中を走ったんで酷く汚れてたよ。メーター周りもジャカジャカ構わずに水をかけちゃったけど、あのデカいスピーカーってのは果たして大丈夫なのか?まぁ元々剥き出しになってんだから問題無い様に作ってんだろうけどな。

そろそろ慣らしも終盤に入り、早いもので走行距離も700kmを超えた。
店からは1000kmまで5000以内で静かに乗るように言われてるけど、取説によれば500kmまでで良いみたいだから伊豆の帰り道は構わず6000まで回しちゃったよ。じゃないと上り坂もキビキビ走れないし、後続の車にも迷惑掛かるからね。別に急発進を繰り返してるわけじゃないから問題無いだろう。
スクーターはノンビリ乗るもので、間違ってもCBR並みの速さを求めちゃいけないのは十分承知してるけどさ、慣らし中で80~90しか出せないとは言え、やっぱり高速道路をこれで走ると少なからずストレスが溜まるよね。流れに乗れない辛さもあるし。今までは120で走るのが普通だったから尚更だよ。ちょっと多めに開けば160~180なんてあっという間に出ちゃうから怖い面もあったけど。これからはスピードが出ない乗り物だってことをよく自分に言い聞かせてノンビリ焦らずチンタラ走ることにするよ。

頑張れ三十路女たち

昨日の無茶?が響き、今日は夕方まで床に伏せていた。外に出たのはアドレスのオイル交換を頼みに近所のバイク屋へ行ったのみ。クソ寒い中を朝から晩まで走り回ってたんだから、そりゃ体の調子もおかしくなるわ・・・。

昨夜は帰宅後に川崎までお好み焼きを食いに行ったんだけど、先に始めてた連中が俺の嫌いなもんじゃ焼きを食ってやがって、着いた早々いきなりテンションが下がっちまったよ・・・。もんじゃってのはどうもダメだね。俺にはどうしてもゲロにしか見えない。鉄板の上に吐いたゲロをかき混ぜて食う様な感じがして食欲なんか湧きゃしないよ。あれが美味いって言う奴の気が知れないわ。「お好み焼き屋に行ってもんじゃを食わない奴の方がどうかしてるよ」って言われるかもしれないけどね。

ここから内輪ネタ。
本人がどうしてもここに書いてくれって言うから書くけどさ、今日集まった連中は俺が以前勤めていた会社の元同僚たちなんだけど、今回から俺の意向で新メンバーを加入したわけよ。30女の智子って言う、いわゆる「引き篭もり」の女の子ね。何年か振りに会うし、少しは俺の股間を適度に刺激してくれるイイ女になってるかな?って思ってたけど、残念ながら剥けてなくてね・・・。まぁ俺も俺で未だに「剥けてない」から偉そうなこたぁ言えないけどよ。こう何て言うの?グイングインえぐってくれる様な三十路女の色気が俺としては欲しかったんだよな。色んな部分で「男も女も30から」ってのが俺の持論なんだけど、智子はまだまだ時間が掛かりそうだね。色気は一日にして成らず。誰かコイツに男でも紹介してやれ。逆にレギュラーメンバーの仁美はすっかりイイおばさんだな。32にもなるから弾ける様な若さを求めるのは酷なんだろが、そろそろお前もドモホルンリンクルの歳
なんじゃないのか?「年齢を重ねたお肌に無料お試しセットを・・・」ってやつを頼んでみなよ(笑) お前らも右上に出てる写真の女優さんぐらいキレイになってくれ。次回のお食事イベントは「夜でもやってるバイキング」を探せ。プロデュースは勇司な。よろしく頼むぜ!

雪が舞う伊豆スカイライン

河津桜を見に行って来た。修善寺から海側へ抜ける一本道は事故も重なって大渋滞。
七滝に寄り道したこともあって現地に着くまで4時間も掛かった。折角だからゆっくり散策したかったんだけど、道がすんげ~混んでたし、夜に別件で出掛ける用事もあったんでチョコっと眺めて終わり。何しに行ったんだかよく分からん。帰りは海沿いを通り、途中から伊豆スカイラインに入ったんだけど、これがまた極寒・・・。雪が舞ってアホを通り越すほどの寒さだった。朝からロクに日差しも無くて気温も低かったから寒いことは寒かったにせよ、今回は二輪に乗り始めて以来一番の寒さだった様な気がする。箱根のターンパイクを下りて来た時には下界が暖かく感じたほどだ。それでも体の震えは止まらない。小田原厚木道路に入り、大磯でようやく一服した時には既に17時半を過ぎていた。昼飯を食ってなかったのもあって、かけそば一杯が妙に美味く感じたな。ある程度体が温まるまでゆっくりしたかったんだけど、別件の約束が遅れちゃうからすぐ出発。一旦帰宅した時には、このまま風呂に入ってすぐ寝たいぐらいだった。疲れよりも体が冷え切っててどうしようもなかったね。


_002_14 _003_3 20年近く振りに通ったループ橋。当時は開通して何年も経ってない頃だった。
川沿いにギッシリと続く桜並木。菜の花も桜に劣らないほど鮮やかだったよ。

黒は黒でも・・・

大相撲の八百長疑惑だが、協会としては一応ポーズも兼ねて訴訟を起こさないと、伝統ある「国技の沽券」に係わるからな。まぁやって当然だろ。俺としては白黒の決着を望みたい所だが、残念ながら最後はウヤムヤになって終わりになるに違いない。それは一口に八百長と言っても、常に力士(部屋)同士の内輪レベルとは限らず、色々とそれに付随してダークな世界も絡んでるからだ。だからこそ該当者は決して口を割らない。問題は「いつ・どのタイミング」で仲介者が入り、双方に対して「落とし所」を陰で提示するかだろう。あるいは既にどこぞから圧力が掛かってるかもしれん。俺としては裁判そのものより、世間が知る由も無い「裏の手打ち」ってのは一体どんなものなのか?って方が断然興味深いね。横綱審議会の面々も機会があったら同席すればいい。きっと八百長が行われる根底を垣間見ることが出来るだろうからな。いくら言論の自由とは言ったって、世の中には書いちゃマズイこともある。「VS協会」だけで済まされないことも承知の上で載せたんだから、現代もそれなりに腹くくってんだろ。まぁそれがハンパなものじゃないことを祈りたいけどね。
「過去に八百長を週刊誌で告発した力士たちのその後」って特集をどっかの雑誌で組んでくれないかな?どこからどんな報復をされたのか知りたいもんだ。

色ババア

50のババアがグラビアのポージングを気にしてどうすんのか知らんが、一体この婆さんは何を目指してるんだろうか?そこらの街中でも香水プンプンにしてる盛りの付いたババアなんぞを見掛けることがあるけどさ、ご本人さんはまだまだイケてるつもりでも、傍から見ると痛々しいし、単なる色物ババアにしか見ない。何よりも目にするこっちが不愉快だね。真っ当な家庭である井戸田家の人々は、嫁さんの母親を見ててさぞかし不快感極まりないだろ。安達はどのツラ下げて旦那の実家に行ってるのかねぇ。まぁ普通の神経じゃ~敷居なんぞはとてもじゃないけど跨げないわな。まぁそうは言っても親は親。子供は親を選べないから気の毒と言えば気の毒だけど。でも同情はするけど金はやらないよ(笑)

イルマーレ

62299243_1 たまにラブストーリーを観ると非常に心が穏やかになるものだ。
今日は帰りにキアヌとサンドラの「イルマーレ」を購入して来た。別に内容は悪くないんだけど、いかんせんサンドラが老け過ぎてて少し残念。まだ40になるかならないかってはずなのに、3つ4つ年上のキアヌの方が断然若く見えるのはどういうこった?「スピード」から十何年の歳月は少し残酷だったね。まぁこの二人だからこそ出せる間の雰囲気ってのは凄く分かるけど、俺的にはナオミ・ワッツとかケイト・ベッキンセールが相手でも良かった様な気がしないでもない。ただ、劇中サンドラが随所に見せる切ない表情には心が揺さぶられるものがある。

誰かがあなたを愛してる

45656823 買い溜めていた何枚ものDVDを引っ張り出してみた。
沢山あり過ぎていつ買ったのかさえ覚えていないものばかりの中で封を切ったのは
「誰かがあなたを愛してる」(原題:秋天的童話/1987年 香港)
これは数年前に一度だけビデオで観たことのある作品で、チョウ・ユンファとチェリー・チャンの二人が秋のニューヨークを舞台にして贈る甘く切ない大人のラブストーリーだ。俺は基本的に恋愛物は好きなジャンルじゃないので観ない方なんだけど、この作品に関しては別格。以下はジャケット裏の紹介。


演劇を学ぶためにニューヨークへやって来たジェニファー(チェリー・チャン)は一足先に留学していた恋人に新しい彼女が出来たことを知ってショックを受ける。遠縁にあたるシュンタウ(チョウ・ユンファ)の家に居候しつつ新しい生活を始めるが、なかなか思い通り行かずにアルバイトも立て続けにクビになってしまう。そんなジェニファーを支えるシュンタウは次第に彼女へ恋心を抱くようになり、またジェニファーも彼に好意を持ち始めるが、雑な性格で博打とケンカに明け暮れる日々を過ごすシュンタウとの環境の違いを意識してしまうジェニファーは彼との恋に躊躇してしまう。悩んだ末にシュンタウの家を出て行くジェニファーだが・・・。

香港映画史に残る名作「男たちの挽歌」以来、日本ではハードボイルドなイメージが強かったチョウ・ユンファが、繊細なロマンスもこなす演技の幅広さを見せつけたラブストーリーとして、ミニシアターで異例の大ヒットを記録した作品。女流監督のメイベル・チャンの緻密な心情表現と主演二人の自然体の演技が見事開花し、その年の香港電影金像奨作品賞(香港アカデミー賞最優秀作品賞)を獲得してる他、「20世紀最高の香港映画」の第2位にも選出されている。


ユンファとチャンは「過ぎ行く時の中で」と「狼たちの絆」でも共演してるが、この作品での絡みが一番俺は好き。出来の良い恋愛映画なので、機会があったらこのブログを覗いてくれてる人たちにも是非観てもらいたいと思う。
ちなみに我がブログのタイトルは、上記作品名をそのまま使用したものである。

梨元と東海林のCMは笑う

ここに来て事務所も結婚にOKを出したってことは、藤原紀香も賞味切れってことか?
まぁ今まで沢山稼いでくれたことだし、ここらで自由にさせてやろうってことなんだろ。確かに女っぷりも少し落ちたって気がしないでもない。それでも見てくれだけでチヤホヤされてるだけの蛯原友里なんかと違って頭の回転は良さそうだから今後もそれなりにやって行けるんだろうけどね。

ビッグスクーターにフルフェイスは必要か否か。だいぶ前にCBR用で買った「RAPIDE SR SPIRAL 白/銀」がそのまま手付かずになってるのよ。俺の中では「近場=SZ-Ram3」で「高速使って出掛ける様な遠出=RAPIDE」にしようかと思ってるんだけど、アドレスでジェットタイプに慣れちゃってる分、どうしてもスクーターだとフルフェイスが鬱陶しく感じちゃうんだよね。高い金出して買ったんだから使わなきゃ意味無いのは十分承知してるんだけどさ。結果的に失敗しちゃったって気がしないでもないな・・・。

来週はお花見に行く予定

清水は獲ったが俺は抜け。強いのは承知も、府中の成績が「1・0・0・6」じゃ買う気にならんよ・・・。ペースも味方したとは言え、安藤の仕掛け所はさすがだね。幸も決して腕は悪くないけど、最後の脚色を見る限り今日は位置取りが少し後ろ過ぎたか?ペースが速すぎて馬が付いて行けなかったのかもしれないけどね。

今日は直線2km以上続く桜並木で有名な近所の海軍道路を走りに行って来た。我が家の梅のつぼみは結構大きくなって来てるけど、さすがに桜はまだまだ先か・・・。これからは一雨ごとに暖かくなって来るだろう。来週末は一足早いお花見ってことで、河津桜を見に伊豆へ行ってみようかと思う。ループ橋を走るのも久し振りだ。

イッセー尾形はまたハズレ・・・

クソ寒い中をフォルツァで走り回って来た。取説ではイマイチ分かりにくかったモード変換も、実際に走りながら試してみれば別に何のことはない。
今日走ってみて分かったことは、基本的に「Dモード」と「Sモード」の切り替えだけで通常走行は事足りるということだ。慣らし後に目一杯開けられる様になったら、全てのモードで爽快に走ってみたいと思う。本日の走行は62km。慣らし目安の1000kmまでトロトロ走りはまだまだ続く・・・。

明日は今年一発目のGⅠてことで、気合を入れて野毛まで買いに行って来た。

◎サンライズバッカス
○フィールドルージュ
▲メイショウトウコン
△シーキングザベスト
△タガノサイクロン

シーキング以外は清水と買い目がダブったな。当たりゃいいけど(笑)

神様は存在します

昨日は珍しく「お金」に縁がある日だった。
通勤途中でタバコを買おうと自販機に立ち寄ったら、札の投入口に千円が挟まったままになっていた。「店はシャッターが下りたまま → 周りには誰もいない → 警察に届ける時間も無い」ってことで、とりあえず俺が「預かる」ということにした。
次は昼飯の時。出先の蕎麦屋で900円のカツ丼セットを食って5千円札を出した。余所見をしながらお釣りをもらってそのままポケットに。帰宅途中コンビニで東スポを買った時にゴソゴソとポケットからお金を出したら何故か9100円もある。一瞬「???」だったけど、どうやら蕎麦屋のオバちゃんが5千円札と1万円札を間違えちゃったみたいだね。返しに行こうと思っても、その店は磯子。俺は既に自宅の近所。仕方ないから「預かる」ことにした。最後は夜。明日は久し振りにスーツを着て出掛けなきゃならないので、タンスの中をかき分けて探してたら見たことのない燕尾服を発見。親父のなんだろうけど、面白半分で着てみた時に何気なくポケットに手を突っ込んだら・・・。何と3万7千円も入ってるではないか!「最近こんなもん着てるわけないし、きっと忘れてんだろ」ってことで、これも仕方なく「預かる」ことにした。朝に千円、昼に5千円、夜には3万7千円。今日の「あがり」は占めて4万3千円也!(笑) ま、俺もそこまで悪い人間じゃないからさ、せめて蕎麦屋には今度行った時に返すとするよ。朝と夜のは抜きにするけど。この分は神様が「君も色々と頑張ってることだし・・・」ってことで、きっと思し召しをしてくれたんだろうな。悪いけど俺はそう解釈させてもらう。有難くそれに従うよ(笑)

フォルツァは明日来る

早くも明日の夜にフォルツァが納車されることになった。一応明日は「仏滅」なので大変宜しくない日なんだけど(翌土曜日は大安)、今回は自宅配送を希望した上、店の方でも色々と都合があった様なので持って来てもらうことにした。土曜は天気が悪いみたいだし、雨の中をわざわざ持って来られても嬉しくないからね。暦注を気にするより、今回こそは事故を起こさない様にくれぐれも気をつける方のがナンボも大事だからさ。もうこれ以上の骨折はゴメンだよ・・・。(右手の骨折は、来週医者と相談の上で手術するかしないかを決める予定。離れた骨同士を接合するって方法もあるらしい) 「ゴメンだよ・・・」とか言うわりに、平気でキャッチボールしたり原チャリ乗ってんだから世話ねぇけど(笑) でも確かに右手の握力は落ちたね。左は60kgなのに33kgしかないもん。半分近くも違うよ。

来週末には慣らしを兼ねて箱根辺りでも行ってみるか。いや、その前に寒川神社にでも行って安全祈願を受けて来た方が良いかもな。

バレンタインンデー

昔はね、こんな俺でもバレンタインデーにはチョコの5~6個は貰ってたもんだよ。(ゴメン、ちょっと見栄張っちゃったわ。全盛期で2~3個ね。まぁ全盛期って言っても中学生の頃だけど・・・)それがさ、いつしか「義理チョコで配布されるのを貰うだけ」になっちゃってね~。まぁ別にいいんだけどさ。この歳になると俺なんか正直な話、愛だの恋だのチョコだのと言うより、ズバリ「現金」が一番嬉しいんだよね(笑) チョコ3つより現金で3万円。何?それじゃあまりにも夢がねぇってか?「私の気持ちです!」って差し出された袋を開けてみると、チョコの下に福沢諭吉の顔がさりげなく覗いてる・・・なんてのが最高なんだけどなぁ。気持ちの意味が違うか?時代劇の見過ぎだな。

アホな話はともかく、店から電話があってカスタマイズキャンペーンはボディカバーもOKってことだ。それと車体は今日入荷されたらしい。メーカーに注文して3日後に入って来る所を見ると在庫は豊富なんだろ。ドリームほどじゃないにせよ、昔からホンダ車をメインで売ってる店だからそれなりに繋がりはあるんだろうけどね。ついでに言うと、昨年家の近所にオープンしたドリーム店は感じ悪いんだわ。名前出してやるけど横浜旭店な。何がそうさせてるのか知らんけど、やたらと高飛車な物言いをする店だ。恐らく全国のドリームの中でも稀なんだろうがね。モビスターの見積りを頼んだ時にそんな感じだったから二度とこんな店には行かない。天下のドリーム店なんだから評判落とす様なことしちゃいかんよ。相模原の店のが全然マシだ。ま、余談だけど。

釣り博を逃す

国際フィッシングショー2007」を見逃した。来月の開催だと勘違いしてたよ。失敗しちゃたなぁ。ラパラの新作ルアーが見たかったのに・・・。村越くんは今年も来てたのかねぇ。一度でいいから彼にヒラスズキの実釣を教わってみたいもんだよ。
ルアー用の竿も人それぞれ好みがあってね、1本通しが好きな人、振り出しが好きな人、継ぎ足しが好きな人って分かれる。一番良いのは通し竿なんだけど、いかんせん振り出しと違って短く出来ないから持ち運びが難点なんだよね。まぁこの話をすると長くなっちゃうからそのうち書くとしよう。

さてさて今週末は早くもGⅠレースの開催だ。雨で足抜きが良い馬場になることを想定してサンライズバッカスとシーキングザベストが軸候補。ハマれば一発あるメイショウトウコン。ブルーコンコルドは府中の実績がね・・・。京都記念は荒れそうだな。

イッセー尾形の芝居

3連休は家でグダグダ。暇だから久し振りにアドレスを洗ってピカピカにしちゃったよ。
たかが原チャリでも洗車をすると実に気持ちが良い。コンビニ行くのもウキウキだ。

さてフォルツァ。チャラチャラしたバカスクにするつもりは毛頭無いが、せめて多少なりとも見映えを良くしようかと思い、マフラーをモリワキのスポーティフルエキに替えることにした。ついでにフェンダーレスにする。カスタマイズのキャンペーン適用分は、プーリーカバーとパーキングレバー。残った1万円をボディカバーにしたいんだが、果たして「取り付け品」とはならない物を無料でくれるのか?これについては店に問い合わせ中。

イッセー尾形の一人芝居が東京の赤坂で来月行われるらしく、ぴあのプレリザーブ抽選に早速申し込んでみた。昔から行きたい公演なんだけど、残念ながら今の今までチケットをゲットしたことがない。彼の芝居を観るのはテレビかDVDだけだ。ただ、今開催は一ヶ所でのロングラン公演だから今までの様にプラチナチケット化することはないだろう。(と思う)第一希望のみの一発勝負にしてみたが、果たして結果はいかに?

眼精疲労

やっとこドラクエのモンスターズジョーカーが終わった。最後のエスタークを倒すと仲間になってくれるけど今更の話だ。とにかく次の新作ではルーラで好きな所に行かせろよな。ったく移動が面倒でしょうがねぇ。

折角の3連休も「足」が無いからどこにも行けない。つまらん。最短納車が24(土)ってことだから、それまではホンダのHPで取扱説明書でもジックリ読んで予習しとくか・・・。
今日は疲れた。一日中数字を追ってると凄く肩が凝るんだわ・・・。

飼い犬はいつか必ず噛む

ブログというものは毎日更新してこそ意義があるが、なかなか忙しくてそうもいかず・・・。
ここ半年で300万近く売り上げを抜いていた事実を見つけたが、大して面白くもない誤魔化し方だから調べてても実につまらん。どうせならもう少し凝った着服の仕方でもすりゃ調べ甲斐もあるってのに、アホ丸出しで教科書通りの抜き方をしてやがった。
ったくバカタレが。年に100万や200万程度で抑えてたらバレなかったものを、調子に乗って毎月毎月やってるから嗅ぎ付かれるんだよ。
「大胆且つ慎重に。そしてさり気なくサッと抜く」
これが金を誤魔化す基本だろ。いざという時の為に架空の領収書を何枚も用意しとかないとダメ。その気になりゃ逃げ道なんていくらでも作っておけるんだよ。何事にも成功の基は全て「段取り」で決まるのさ(笑) 調べる側の俺が着服の支援してどうするよ?ってか(笑)着服金額の度合いによって歩合が付けば俺も俄然やる気が出て来るんだけどな。調べ上げた額の5%が報酬とかね。それなら日本全国どこにでも出張調査してやるのに。ちなみに俺の給料は20万ソコソコね(笑) 人知れず特命業務に就いてても、給料に関しては「社内規定に則って・・・」だからさ。そもそもこの仕事をやってる人間は俺しかいないのに、
いつどこで規定が作られたんだよ?ってな。俺みたいな奴は見方によって「会社の犬」ってことになるんだろうけど、飼い犬なら飼い犬でもう少しイイ餌(給料)もらっても悪くないと思うんだがねぇ・・・。さて、いつどこで社内の連中に俺の業務をバラそうか?

何だかんだと新しもん好き

そんなこんなでエロDVDを観ながら夜が更ける。
配合に配合を重ねて行くとレベルも早く上がってくれて結構楽しんじゃってるDQM。
イイ歳こいた大人が夜な夜な何やってんだかな・・・。
とりあえずフォルツァを注文した。結局あれこれ考えた末、どうせ買うならやっぱ新しいのがいいや!ってことで「SパッケージのZ・ABS」にしちゃったよ。2/19から発売開始ってなってるけど、実際の所はいつになったら納車されることやら・・・って感じだね。店からも正式な返事が来てないし。まぁじっくり待つとするよ。

Pht_public_info

普通のリーマンに戻りたい

晴天の下、本日CBRの譲渡が無事に終わった。今回は続けて250のスクーターに乗り換えることになるが、あくまでも車生活に戻るまでの繋ぎ的役割でしかない。車にしない理由は、単に今の勤め先が私有車通勤を認めてないからだ。
俺は今まで車通勤しかしたことがないし、その条件を飲んでくれる所にしか勤めたことがないから、電車・バス通勤というものが物凄く苦痛に感じて仕方がない。母親が半死状態で入院し、集中治療室で死ぬの生きるのという状態がその昔長い間続いたことがある。容態が悪くなった時に勤務先から飛んで行けたことや、毎日仕事帰りに難なく病院へ寄ることが出来たのも、全ては車通勤が可能であったからに他ならないのだ。
いざという時、遠く離れた北海道や九州の病院に入っているのであれば諦めも付くが、勤務先と同じ横浜市内や川崎市内の病院に入っているというのに、ノコノコ電車やバスを乗り継いで行かざるを得なく、仮に「死に目にさえも会えなかった」なんてことになったら、俺としては悔やんでも悔やみ切れない。今はいいが、いずれまた調子が悪くなって病院に入る日が来るだろう。その時のことを考えると、俺は地方に転勤がある会社には勤められないし、東京はおろか千葉や埼玉にすら勤められない。と言うか勤めたくもない。親を取るか仕事を取るかとなれば、俺は何の躊躇もなく親を取る。極端な話、親が生きてる限りは仕事など何でもいい。ソコソコ稼げて家の近所であれば別に何でも構わない。融通の利かない上、ロクでもない仕事をやらされている今の会社も長くはないだろう。車通勤が出来る職場であると言うから入ったものの、実際には通勤出来ない本社勤務であり、入社時の条件も何から何まで嘘だらけ。挙げ句の果てには「経営企画部所属」を隠れ蓑として、陰で社員の素行調査の仕事に就かされている有様だ。俺はこんなことをやりたいが為にこの会社に移ったのではなく、純粋に現場で働かせてくれると言うから入ったまでのこと。社内の連中にも今の業務は一切知られてないし、俺の口から公にすることも出来ない。
「急に部署移ったけど何で?」
「今の所で何の仕事やってんの?」
といった問いかけが一番困る。
「お前らの悪事を裏で調べてるんだよ」
と言った所で真に受ける奴もいないだろ。よもや社内にそんな部隊があるなんて誰も想像すらしてないはずだ。だいたい部署内の連中すら俺が役員付けの身分で何をやってるのかすら知らない状況なんだから。人によっては「テレビドラマみたいでなんか面白そうな仕事じゃん!」って思うかもしれないが、俺は別に正義感があるわけでもないし、自ら好んでこの特命業務に就いているわけでもない。そもそもロクでもないことをやってる連中を野放しにして来た会社自体が悪の根源だよ。臭いものは元から絶たないと意味がないのさ。俺が裏取りに動くのはノーマルな社員だけであって、社内のあちこちにウジャウジャ潜り込んでいるヤクザ連中は対象ではない。「会社の裏家業は抜きにして・・・」の社内浄化運動など何の意味のないことだ。なぜ俺に白羽の矢が立ったのか知らないが、以前にもここで書いた様に、長居すればするほど俺自身がいずれロクでもないことに巻き込まれそうな気がしてならない。別に何の弱みも会社に握られてるわけじゃないから、早いとこ辞めた方が得策だよな。だいたい転職する時にこんな業務内容なんて職務経歴書に書けないよ。どの会社にも敬遠されちゃうって(笑) 早く条件の合う所が見つかればな・・・。
このブログは勤め先の連中には誰一人として知られてないから、結構際どいことも平気で書ける。ま、俺の捌け口みたいなもんだね(笑)
明後日から行くはずだった大阪が後回しになって、横浜にある某営業所が調査対象になった。ここ数年で2千万以上も横領してると思われる所だが、どうやら所長以下数人がグルになって悪事を働いてる様だ。昔ヤマトにいる時にさんざ身近で見て来たことだから、ある程度「金を抜くとしたら多分この方法だろう」というのは見当が付く。ただ、内勤者もグルになってるとしたら非常に厄介なんだわ。所長だけなら本人が休みの時にあれこれ調べればいいだけなんだけどね。何せ俺しか「調査員」がいないから、結構手間隙が掛かりそうだ。
今度からこのブログは「特命裏調査員・只野仁」って題名でネタでも綴るか?(笑)

明日など作れない会社

どこぞの外人社長が赤字解消の為に「再建」と言う名の下でやったこと。

1. あちこちの土地を片っ端から売り払っただけ
2. 単価の高い下請けを切っただけ
3. ロクでもない高給取りの連中を追ん出しただけ

後にも先にもこれだけだ。車屋は車が売れてナンボだろ。土地を売ってナンボではない。外人だからこそ変なしがらみに囚われずに色々と整理出来たことは認める。ただ、こんな調子で今後もっと会社が傾いて来れば、恐らく全てをブン投げて国へ帰ることだろう。ここの従業員がそう言ってるんだから間違いない。肝心の「車部門」に関しては大したことなど何もやっちゃいないしな。企業努力もロクにせず、センスの無いモデルチェンジや新型を出したことも再建と言うのなら、これほど楽な改善はないだろう。ここの従業員は会社信者が多く、事ある毎に「我が社の技術は世界一」を自慢げに話す輩が多い。糞ミソにトヨタの悪口を言うわりには「カンバン方式もどき」をちゃっかりパクって現場で使ってるそうだ。何をしても常にトヨタの後手後手なんだから、大した車が作れないのも無理はない。閉鎖した座間も一部を除いて土地が遊んでるだから早く処分しなよ。あちこち立たせてる守衛の人件費は無駄じゃないのかね?

改めて骨折

今更ながら右手が骨折してるそうだ(笑) 場所は手の平の左下部分。以前から疑われてはいたけど、なかなか確信的な写真が撮れず、その箇所が微妙に写りにくい場所にあることなどから正式な判断がされないままだったんだよね。だから「保留で様子見」ってのが続いてたわけよ。それで今日久し振りに診せに行って改めてCTを撮ったら、折れてる部分がやっと判明した次第。ある程度痛みは治まってるものの、骨折箇所から見て自然治癒は無理らしい。写真で見ると、小さな塊が本体からほんの少しだけ微妙に別離してるのが確かに分かった。ホント微妙にね。剥離骨折とは違うみたいなんだけど、少なからず後遺症が残るってことで、最善案は手術して別離した骨を取るしかないそうだ。
それにしても事故後2ヶ月も経ってたから骨折判明とは何だかなぁ・・・。

予定ギッシリの2月

この所すっかり更新を怠ってたな。

カスタムピープル社から「SD(スクーターデイズ)」という雑誌を取り寄せてみた。ツーリングやキャンプの紹介記事なんかを見てると非常に面白そうだ。俺なんか単純だから、こんなの見ると今すぐにでもフォルツァやスカイウェイブに乗って出掛けてみたいという衝動に駆られちゃう。「所詮原チャリの延長だろが」なんてバカにしてた思いは何処へやら。
確かに荷物が沢山積めるってことは素直に興味をソソられる。CBRでは釣りに行けないけど、これなら余裕でクーラーも乗せられるだろう。普段は荷物になるから絶対に携帯することがない雨具も、これだけあちこちにスペースがあれば何の気兼ねも無く積んでおける。
理想としては「メインでフォルツァ、セカンドでCBR(普通は順番が逆か?)、あると便利なアドレス」ってな感じで布陣を敷きたかったよなぁ。でもそれは欲張りってもんかい?
何だかフォルツァは今月から4月一杯まで31500円分のカスタマイズパーツプレゼントキャンペーンが実施されるそうで・・・。慌てて乗り換えなくて良かったわ(笑) 新発売のSパッケージは別にどうってことないし、これなら2006年式の「Zタイプ」で十分だね。

来週からロクでもない仕事で大阪入り。また暫く更新出来そうもない。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント