« 校舎に泊まる | トップページ | SS巡回スタート »

網張温泉は文句ないね

やっぱり場所が場所だけに、ここまで来ると一泊で帰るのは勿体無いね。色々考えた末、岩手を含めた北東北のツーリングは来年改めて計画することにした。
遠野に始まり、浄土ヶ浜、龍泉洞、八幡平、十和田湖、奥入瀬、それに田沢湖と、十分余裕を持って回れる日程で組み直したい。子供の頃に一家で回ったことはあるんだけど、正直覚えてない部分も多いんだよね。良い所が沢山あるんだから、大人の目でもう一度見て回りたいと思う。

帰りは花巻南から東北道を使い、盛岡ICで下りて小岩井農場へ向かった。ここも以前訪れているもののウル覚えだったんで行ってみた。まぁ別にどうってことはない所だね。お土産を買いに来た様なもんだから長居はしなかったけど、ここのオムライスが評判良いみたいなんで試しに食ってみた。3種類のソースから選んだのはトマト。これは絶!超絶!卵を3つも使ってるだけのことはあって非常に美味い。評判に偽りはないよ。好物であるオムライスには結構うるさい方だけど、ここのは素直に◎を打ちたいね。小岩井に行くことあったら忘れずに食ってもらいたいもんだ。美味いもん食って気分良くした所で次に向かった先は網張温泉。小岩井の奥に進んで行けば行き止まりに網張温泉スキー場。ここにある休暇村は以前泊まったことがあり、よく覚えている。今は休暇村の手前に日帰り温泉施設がオープンされていたので入ってみた。たったの500円で源泉100%の掛け流しを堪能することが出来るとは嬉しい限りではないか。ここの温泉は「にごり湯」で、硫黄臭が漂う湯船は“いかにも温泉に入ってる”ということを実感させてくれるもの。そして心も体も和んだ後は当然コーヒー牛乳を一気飲み。この瞬間がたまらないね。休憩所で横になりたかったんだけど、大混雑で割り込む隙間など一切無かったんで諦めて出発した。今度来る時は是非泊まりたい。

来た道を戻り、再び盛岡ICから東北道に乗っていよいよ帰路。13時半。何とか陽のあるうちに福島を抜けたいと思ってガンガン飛ばした。もちろん覆面には細心の注意を払いながらね。来る時と違ってサービスエリアは1つ置きで休憩。幸い道も思ったより混んでなかったんでスイスイ気持ちよく走ることが出来た。ただ、福島と栃木の県境辺りから強い雨に暫く降られて全身ビショビショ。陽も落ちて気温も下がり始めてたから寒さも倍増。こうなると気持ちも萎えるね。栃木からはずっと渋滞。雨もなかなか止まないし、テンションも下がりっ放しだ。そんなこんなでやっと浦和。ここまで来ればもう帰って来た様なもんだ。アホみたいに大渋滞していた3号渋谷線で時間食ったものの、21時10分に無事帰宅。
いつものことながら疲れた。トータル1272km。岐阜に行った時と同じくらいの距離だけど、あの時は3泊4日だったからね。世の中には1日でもっともっと走ってるバイク乗りがいると思うけど、俺は2日でこの距離が精一杯。今回はお世辞にも「実りあるツーリングだった」とは言えない所が残念っだったな。まぁしゃ~ないね。


Photo_60 Photo_61 小岩井農場の入り口にて
写ってる女の子は微妙だな
顔がハロウィンになってる



Photo_62 「メ~」じゃなくて「ウメ~」って鳴いてたよ
羊って意外と臭くないんだね




Photo_63 網張温泉の日帰り施設
写ってないけど右奥に休暇村がある




Photo_64 鉛温泉の裏手
陽が当たると「山が燃えてる」って感じだったよ

« 校舎に泊まる | トップページ | SS巡回スタート »

温泉」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント