« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

横綱審議会のレベル

今回11月場所の番付より

* 旭鷲山(モンゴル)は引退の為外す


横綱・朝青龍(モンゴル)

大関・白鵬   (モンゴル)
大関・琴欧州(ブルガリア)

小結・黒海   (グルジア)
小結・露鵬(ロシア)

前頭筆頭・安馬(モンゴル)
前頭三枚目・時天空(モンゴル)
前頭六枚目・旭天鵬(モンゴル)
前頭六枚目・把瑠都(エストニア)
前頭七枚目・春日王(韓国)
前頭八枚目・鶴竜(モンゴル)
前頭八枚目・朝赤龍(モンゴル)
前頭十四枚目・白露山(ロシア)

幕内41名中、なんと13名が外国人。およそ3割だ。誤解の無い様に言うが、何も外人が悪いと言ってるのではない。日本の「国技」とされている相撲が、これだけ「マル外」に頼らざるを得ない状況になっているということ自体が異常なのだ。裏を返せばそれだけ日本人力士が弱くてだらしがないっていう証拠そのものだろう。どうやっても日本人で横綱を張れる奴がいないんだから外国人にお任せするしかない。だからこそ朝青龍を横綱にしたわけだが、審議会の連中は不思議なもので、何かというと彼の言動に対して「横綱としての品位に相応しくない」だのとケチを付ける。この前「けたぐり」を出した際もそうだ。この「けたぐり」という技は相撲のルールで正式に認められているものにも拘らず、すぐさま「横綱が出す技としてはいかがなものか?」などとコメントを出したバカな委員がいた。では聞くが、審議会が定義している「
横綱としての品位」とは具体的にどんなものなんだよ?いちいち文句を垂れるなら、日本相撲協会のHPにそれを明確に載せておけ。俺に言わせれば、格闘技に「キレイに勝つ」も「汚く勝つ」も無いんだよ。叩き込みで勝とうが、相手の顔が腫れ上がるほど張り手をカマして喧嘩腰で勝とうが勝ちは勝ち。プロは勝ってナンボの商売だ。常に四つに組んで寄り切りで決めなければならないルールなんて相撲には無いはずだろ?
事ある毎にイチャモンを付ける審議会の連中は、どう見ても俺には「単なる外国人イジメをしてるだけ」としか見受けられないんだけどね。そもそも朝青龍を横綱に上げたのは、あんたたち「横綱審議会」だぜ。自分たちで横綱にした挙げ句、後から「やれ、あの仕草がどうの」「あの勝ち方がどうの」とケチを付けるそのものこそ「いかがなものか?」って俺なんか思うけどね。横綱としての品位より、彼の「人としての品位」を実質問うのであれば、「相応しくない部分」を見落としていたお宅らの責任でもあるんだよ。違うかい?外国人にあれこれ日本人的発想を押し付けるなって。既にこれだけの外国人がいる以上、もはや相撲なんて国技じゃないんだから。そんなに品位に拘るなら、今後外国人を土俵に上げさせるな。
「外国人と刺青をしてる方はお断り」って看板を各部屋の表に出しとけよ。この程度の連中が「識者」なんて呼ばれてるんだから、横綱審議会ってのはどうしようもない所だな。

深夜の田舎でヘリ飛ばすな!

現在、午前1時3分。さっきから何機ものヘリコプターが上空を飛んで行く。
恐らく厚木基地からだろうが、どっかで何かあったのか?うるさくてしょうがねぇよ。
まさかこの時間から三沢基地で飲み会始めるからって皆で行くんじゃねぇだろうな(笑)

ついでにもうひとつ。いつの間にやら変なトラックバックが張り付いていたんで紹介しよう。

「不倫してみませんか 不倫の心得 掟のブログです。http://www.nikikakimasu.com/

悪いが俺は若い時さんざ不倫してたからもういいよ。
あんたに教えてもらわなくても「暗黙のルール」ぐらい身に付いてるから(笑)

紅白は今年で終焉

今日は紅白について垂れ流す。

石川さゆりはNHKの幹部が大のお気に入りだから仕方ないにせよ、いくら何でも今更森昌子はないよな。同じホリプロの先輩である和田アキコの強力プッシュなんだろうが、どう考えても他のベテラン歌手に対して失礼だろ。それにアンジェラ何とかって誰よ?mihimaru何とかって何者よ?こんなの知らねぇよ。訳の分からん奴を出すぐらいなら田川寿美とか門倉有希でも出せって。歌謡コンサートに年中出してるくせに肝心の紅白に何で出してやらねぇんだ?紅白選考に限って所属プロダクションの大小が関係するからか?川中美幸なんて亭主が覚醒剤で逮捕されても出続けられるんだから不思議だよな。よっぽど裏で何かあるんだろ。美空ひばりの身内問題の時はさんざ本人を干してたくせに。

男は男で相変わらずだな。布施明・さだまさしが今年何をした?教えてくれ。美川も細川もそう。それで何?DJ OZMAだと?おいNHK、お前らは受信料払ってる国民をナメてんのか?こういう類も不払いの一環になるんだよ。バカタレが。こんな馬の骨以下のチャラ野郎を出す「意味」を受信料払ってる皆さんにキチンと御納得していただける様に説明しろ。まさかOZMAでF1層を取り込めるっていう浅はかな考えじゃねぇだろうな?こんなくだらねぇの出すなら山川豊とか冠二郎を出してやれよ。視聴者の大半は40~80歳の間だぞ。年配者が知らねぇガキどもを並べるなって。中途半端な人選しか出来ねぇんなら全員演歌歌手で固めた方がよっぽどマシだよ。まぁそもそも中居を司会にしてる時点で終わってるけどな。
とにかく去年よりも中身が酷い紅白だってことに間違いはない。断言するよ。

ふと気になったこと

どうでもいいけど、最近とんと志茂田景樹をテレビで見掛けなくなったな~。どっか体の具合でも悪いのかい?それに亀田くんのネタも出て来ないよね~。どうしたのよTBSさん?
みのもんた君とかテリー伊藤君なんかに「絶賛」させないと忘れられちゃうよ(笑)
お宅が身元引受人なんだから。

何事も“やっつけ”の病院(笑)

Photo_73 今更こんなもん食ってどうなるもんでもない。が、しかし、俺は食い始めている。一日も早い骨の接着を願って長崎産のカタクチイワシを・・・。



診断書の内容は

・ 右手有鈎骨骨折 ・・・ みぎてゆうこうこつこっせつ
・ 左橈骨遠位端骨折 ・・・ ひだりとうこつえんいたんこっせつ
・ 右手創傷(皮膚の欠損)
・ 右膝打撲

何だか難しい骨折だなぁ。共に治りにくい骨折箇所らしいけどね。全治6週間を要するんだってさ。ちなみに右膝打撲って書いてあったけど、全く診察なんかしてもらってないから。
確かに痛いとは言ったけど「どれどれ診せてごらん」なんて一言も言われてないし。患者が痛いと言ったから打撲。診察すらせずに診断書に書いちゃうこのいい加減さ(笑) しかも書いたのは先生じゃなくて受付事務のお姉ちゃんだし。なんちゅう病院だよ・・・。ホントにここは救急指定の病院なのか?
ちょうど受付に院長が来たからツッコミを入れさせてもらったよ。

「こういうのって先生が直々に書いてくれるもんなんじゃないの?普通」

「いいんだよ別に。病院名と俺の名前が最後に書いてあるだろ?ここにハンコ押してありゃ
誰が書いたって構わねぇんだよ」

「何?そういうもんなの?」

「そうだよ。俺よりこの子の方が字が上手いからよ」

ここはこういう病院なんです(笑) いかにもそこらの町医者って感じでしょ?
骨折してても「湿布貼っときゃ治っちまう」、「誤診したから金要らねぇ」、挙げ句に「タクシー券やるから勘弁してよ」
病院変えた方が無難な気がするよね(笑) 更に別れ際

「手の傷はもういいから次は好きな時に来な」


「好きな時っていつよ?(笑)」

「そうだな~。週に一回でいいよ。ちょこちょこ診せに来ても骨がくっ付くわけじゃねぇから」

もう一度書くけど、こういう病院です(笑) 院長自らが発するセリフだからね(笑)
色んな意味で凄い病院だよ・・・。

諭吉が50人必要らしい

ディープの勝ちはともかく、ドリームがこれほど走るとは全くの予想外。3歳の中ではソコソコ強い程度としか見てなかったけど、今日の走りを見る限りでは相当成長してる様だね。
これで高田が乗ってりゃ言うことなかったのにな。

年明けの三が日を過ぎたら2~3泊で湯治にでも行こうかと思っている。骨折療養には定番の下部にするか、それとも相性の良い弘法の湯にするか・・・。
そんなことより、修理代の見積もりが50万近く行っちゃってるんだけどさ。これじゃ余裕で車の頭金になるじゃんかよ(笑) 特命の仕事を有料化にしてもらおうかねぇ。

メンツ的にはつまらないJC

エンタに出てた「ですよ。」ってのは何だ?単なる学生の飲み会レベルじゃねぇかよ。さすがの俺も呆れたわ。前から書いてるけどさ、ネゴにしても「不満だ~」って叫ぶ女にしてもバカテンポにしても、ああいうのは「お笑い」でも何でもねぇぞ。観客の笑いも大半は仕込みなんだろうが、それにしても内容が酷すぎるよ。この番組のプロデューサーも相当視聴者をバカにしてるよな。完全にナメてるよ。こういうのを野放しにしてるからノリで出て来るだけの何の芸もないチャラチャラしたバカどもが「自分はお笑い芸人」なんて勘違いしちゃうんだよ。コージーや神無月みたいにキチンと芸の出来る奴をたまには発掘して来い!

どうでもいい前置きはここまで。明日は本チャンのJCだ。ディープインパクト・ハーツクライ・ウィジャボードの実質3頭立てなんて言われてるけど、わざわざノド鳴りを週中に発表した橋口くんにはガックリだね。レース前に言い訳をしてどうすんだって。こうなると買う気にならないな。これなら仕掛け所次第でイイ脚を使う横山のスウィフトカレントの方が面白い。
今回は前走の汚名返上とばかりにキッチリ仕上げたディープの頭は不動だろう。2週連続で追い切りに跨った「今度は見てろよ!」っていう武の本気度もビシビシ伝わって来る。どうせなら有無を言わさずブッチ切って勝ってもらいたいもんだ。

◎ ディープインパクト
△ スウィフトカレント
△ ウィジャボード

馬券はこの2点しか買えない。淀の3000の後に府中の2400は酷と見てメイショウサムソンとドリームパスポートは切る。

院長を脅迫?

本日の診察にて右手首(外側)にも亀裂骨折が判明。今日は院長自らの診察だったんだけど、一昨日の時点で見落としていたことに対する詫びを入れられた。

「すまなかったねぇ」
「院長先生さ、最初から右も痛いって俺言ってたんだよ」
「そうだったの?」
「そうだよ!それなのにこの前の先生は“大したことないよ”だったんだから」
「すまなかったねぇ」
「湿布貼っときゃそのうち治るとか言ってたんだよ」
「そりゃいけないねぇ」
「誤診じゃんか」
「ごめんねぇ。俺からも叱っとくよ」
「ホント頼むよ先生さ~」
「今日は診察代要らないから勘弁してよ」
「CT撮ったから高いんじゃないの?」
「いいよいいよ」

それで帰る時にはタクシー券を3枚もらっちゃった。結果的に「タカリ」だね(笑)
いい加減な病院も病院なら、患者も患者でロクなもんじゃねぇな(笑)

救急車に初めて乗った

色々と悪口を書いてるとバチが当たる様で、昨日バイクで走行中に自爆した。
急ブレーキでタイヤがロック。勢いで前方にカエル飛び。バイクは逆立ちからでんぐり返しする形で背中に落ちて来た。目の前にあったガソリンスタンドの人が救急車を呼んでくれてそのまま近所の病院に搬送。結果、左手首の何チャラ骨が亀裂骨折。右の手の平が一部ズル剥け。共に全治一ヶ月。えらいこっちゃだな。一夜明けた今日の方が体中痛い。脇腹や腕が凄い筋肉痛だよ。バイクも相当修理代が掛かりそうだね。この際ついでにフルパワー化も頼んじゃおうかな?復帰はクリスマス頃になりそうだ。何がって暫く電車・バス通勤しなきゃならんのが一番面倒臭いよ・・・。

事実は事実、嘘は書きません

昨日の分でヤマト運輸のことを書いたけど、この件で昔の仲間からクレームが入った。
「本当のことを書くな!」って(笑) ごめんなさいね。悪気はないんですよ。じゃあもう書きません。コレクトの集金をポッポに入れちゃうのは日常茶飯事だとか、営業所で酒盛りした後にそのまま車で帰っちゃうことだとか、強姦未遂で警察に厄介になった社員がいたとか、チョメチョメの事務所に出入りしてた社員がいたとか、ノミ屋で馬券買ってた社員が沢山いたとか、不法侵入で捕まった社員がいたとか、不倫で奥さんと愛人が営業所に乗り込んで修羅場があったとか、某新幹線の駅のそばにあった営業所で所長とドライバーが殴り合いの喧嘩をして問題になったとか、麻雀賭博も昔はやってたとか、本社採用のエリートさんが鳴り物入りで支店に来たのに、結局そいつも売上金を着服して赤社報に載っちゃった(クビになった)な~んていう様な類の話はもう絶対に書きませんから安心して下さい(笑)
この会社はお客さんが出してくれた物を「
荷物」と平気で言います。今でもそうですか?
運送屋という客商売をしてる以上、「荷物」という言い方はお客さんに対して失礼です。
しかも個人宅相手が多いんですからね。どうして「
商品」と呼べないんでしょうか?この会社が根本的にダメなのは、こういう所なんですよ。「お荷物」は丁寧語ではありません。あくまでも「荷物」という言い方自体が既におかしいんです。いつになったら「荷物」→「商品」という呼び方に変更されるんでしょうか?そういえば、何年も前にドライバーが梅干だの便所の紙だのを車に積んで売り歩いてましたね~。お懐かしゅうございます(笑)

着服・賭博の巣ですから

「京都ヤマト運輸で年間1億円の野球賭博、元幹部ら逮捕」

支店長を始めとして、次長だの課長だの係長だのと捕まったらしいが、別にこんなもん驚きゃしない。昔っからヤマトはこういう会社だからね。所詮「雲助・籠かき」がやることなんてこんなもんよ。程度が知れるだろ?まぁ一気にパクられたんだから「赤社報」を全国の営業所に送付する必要なんてないな(笑) 銀座の本丸は今回もこの件はスルーかい?

以前このブログで某運送屋で働く連中の着服ネタ(バックナンバー 5/16付 「着服は犯罪です!」)を書いたことがあるけど、その某運送屋とは正しくヤマト運輸のこと。基本的にロクなことやってない会社だよ。その昔長いこと働いてた俺が言うんだから本当さ(笑)

横浜市内の某営業所でたんまり売上金を盗んだ挙げ句、浜名湖の競艇で遊んでた元所長さんは元気かね?あの時自宅はずっとカーテン引きっぱなしだったな(笑)

師匠がアホだと弟子は育たず

節操の無い調教師とはこのことだね。何度も言うけど、何故ドリームパスポートに高田を乗せない?しかも去年の10月に一度しか乗せてない岩田を何故わざわざ乗せる必要があるんだ?アホか。ホント気に入らねぇな。何から何まで気に入らねぇ。こういうロクでもない調教師にはいくらでも悪態ついてやる。高田よ、早くこんな厩舎から出た方がいいぞ。そこに居たらいつまで経っても腕なんか磨けやしねぇって。プロは騎乗回数をこなしてナンボだ。恵まれない環境と諦めずに自分からアクション起こせよな。

本日は雨で寝て曜日

やっぱりダイワメジャーか・・・。何だか知らんけど急に強くなっちゃったな。まぁ別にどうでもいいけど。
今週も仕事が忙しい。でも釣りの疲れもあるからサラッと流しちゃおうかなぁ・・・。

富津新港にて

久し振りの釣りだ。川崎の「勇竿」で青イソ、千葉の「フィッシング稲毛」で赤イソを買って現地に向かった。富津新港の堤防は結構大きいんだけど、途中から先端までは幅が狭くなってるから非常に危ない。真っ暗な中を荷物抱えて行ったので怖かった。

朝の4時から実釣開始。北風ビュンビュンで寒いったらありゃしない。かなりの厚着でも効果は薄い。もう少し風が緩いと楽なんだけどねぇ。今日は日の出から9時の干潮までが勝負の時間帯になる。正直、暗いうちは釣れないのだ。
陽が上り始めて間もなく、同行者の勇司がアイナメとイイダコをヒットさせた。俺のブッ込み3本竿にはヒトデばかりがヒットする。アイナメ必釣の値が張る赤イソだってのに、こんなもんばかりじゃ元が取れないわ。しかし、暫くして4本目の竿にカレイがヒット!って言うか、正確にはヒレに針が引っ掛かった状態で上がって来た。まぁこれもアリってことで・・・。
続けて別の竿には強烈なアタリ。リールを巻くと物凄い手応えだ。「スズキでほぼ確定だろう」なんてワクワクしてたら何とサメ・・・。これじゃよく引くわけだよな。バカヤロー、高い赤イソに食い付くんじゃねぇよ。これ以外には子供メバル、ナマコもどきをゲット。そして最後にもう一尾カレイもゲット(今度は口に針掛かり)した。そのうちアタリも無くなったんで14時過ぎに納竿。今日は珍しく「まとも」な土産が出来たね。それにしても今日は朝の一時以外はずっと風が強くて参ったな。それも冷たい北風が吹きっぱなしだもん。
いつもの如く熱出さなきゃイイけどね・・・。

Photo_65 Photo_66 勇司が釣ったアイナメとイイダコ





Photo_67 Photo_68 27cmのカレイ
サメは40cm以上あった





Photo_69 ナマコだよね?





Photo_70 Photo_71 綺麗なサンライズ
遠くにかすかに見えるランドマーク
(真ん中の高いやつ)




Photo_72 釣り場から堤防を見る
この先端まで結構歩くのよね・・・

カレイを釣るぞ!

NHKは相変わらず国民をナメてるね。年に一度の国営放送大イベントの司会に中居くんとは恐れ入る。天下のNHKまでジャニーズのご機嫌取りか・・・。情けないねぇ。それに相変わらずNHKに何の貢献もしてないTOKIOをまた出すんですか?もう少し「話題性」のある人選をして下さいよ。お願いしますから。

さてマイルCS。◎はアグネスラズベリで行くか。相手は北村を降ろして武で勝負に出たダンスインザムード、前走イイ脚使ったシンボリグラン。

これから釣りに行って来ます。

今日もRRは快調です

本日、相手先の自賠責保険会社へ被害者請求を送付した。これでまともに払わなければ相手先とは別に訴えてやるか。この請求手配にせよ、訴訟の準備にせよ、何でもかんでも自分でやらなきゃならんので非常に手間隙が掛かる。でもまぁこれも良い社会勉強の一環として捉えているわけで・・・。今更ながら「お互い無かったことにしよう」などと寝惚けたことを抜かしている相手先は馬鹿の極地としか言いようが無い。と言うか、何と素晴らしい「御都合主義」なんだろうか。40近い所帯持ちの大人が聞いて呆れる。あれほど一方的に被害者面をしていたのに、今頃になって無かったことにしたいとは、少なからず自分らの非を認めてるってことだろう。こんな馬鹿亭主を連れ合いにしてる女房のレベルもたかが知れてるよな。夫婦揃って裁判所からの出廷要請を楽しみに待ってるがいいさ。これだけ何ヶ月も引っ張られて迷惑を被ってるんだし、取れるもんなら慰謝料でも請求したいねぇ。行政書士にでも相談してみっか。

ハマればハットトリックか?

馬(松坂)が60億円で落札されて牧場(西武)は万々歳だね。願ったり叶ったりのセリ市だったんじゃないの?馬はこれから「逆マル外」としてアメリカで出走か。しっかり稽古して本番で活躍することを期待するよ。

って書いてたら藤原紀香が陣内智則と結婚だと?へぇ~。この男に将来性を見出したってことか?ふ~ん。ま、末永くお幸せに。

今週のマイルCSは何とか当てたいな。当日雨ならダイワメジャーが勝っちゃうかもね。
パンパンなら候補は3頭。
アグネスラズベリスーパーホーネットハットトリック。ただし、アグネスはヤネ次第。ここの陣営は先週「降着」を食らった西浦厩舎&本田コンビなんだな。この前でケチが付いちゃったから「どうかねぇ?」って気がしないでもないけど・・・。
最終結論は枠順が確定してからにしよっと。出来ればオグリとバンブーみたいなレースでハラハラしたいね。

凄い会社

奈良県の病休職員が逮捕されたそうだが、5年9ヶ月も病気を理由に休んでて2400万円も給与を貰ってたらしいな。単純計算すると「2400万÷69ヶ月」で「347826円/月」だぞ。何ともまぁ羨ましい話だねぇ。それにしても仮病が5年以上通用しちゃうってのもおかしな話だよな。どういう仕組みになってんだよ?さっきニュースで放送されてたけどさ、とても県の職員には見えないね。風貌からしてまともじゃねぇもん。そこらのチンピラかと思ったよ。

でもね、うちの会社だって似た様なもんさ。某有名企業からの天下りが腐るほどいるんだけど、こいつらなんて毎日本社来て一日何やってると思う?お茶飲んでダベッて煙草吸ってネットサーフィンだよ。んで皆さん年収4ケタ以上。こんなのがザッと100人以上いる。
現場に勤務(と言っても仕事など何もせず、同じ様に毎日サーフィン三昧)してる天下り連中も含めると200人以上になる。「いくら何でもそりゃ言い過ぎだろ?」とか「そうは言っても何かしらの仕事はしてるだろ?」と思われるかもしれないけど、残念ながら事実そのものなんだよね。嘘みたいな話だけどホントさ。元々うちにいる、いわゆる「生え抜き連中」なんてクソミソ扱いだよ。給与規定なんて3ヶ月に一度のペースで改定の繰り返し。中身は常に天下り組が有利になる様に変えられて行く。普通で考えればあり得ないことでも、うちの会社ではそれが「当たり前」のことになってる。おかしな会社だろ?同じ役職でも天下り組と生え抜き組では給与に大幅な差が付けられてるんだからね。例えば課長さん。天下りの奴は月額50万・賞与2回で150万(共に手取り)、生え抜き組は30万で賞与は90万。これが部長さんになると、天下りは100万で賞与が300万。生え抜きは50万で賞与が150万。
(天下り組の課長と生え抜き組の部長の年収が同じ)ちなみに執行役員は全員天下り組。社内の部長さんは全員で127人。そのうち生え抜き組の人はわずか3人。課長さんは全員で103人。そのうち生え抜き組の人はわずか15人。しかも生え抜きの場合、最高役職が「課長まで」と規定されてる。何ともまぁ凄い会社だよな(笑) 全体で社員が500人もいない会社なのに、管理職が230人もいるんだから。どういう会社なんだよ?天下りと言ってもさ、昔はこの某有名企業からいくらか資本金を入れてもらってたらしいんだけど、ここ何年も前から抜かれちゃってるんだよね。厳密に言えば、この某有名企業から来る連中は「天下り」とは呼ばれないのかもしれないけど、実際には今でも仕事をもらってそれで食ってる会社だからさ、資本を抜かれてるとは言っても事実上の親会社には変わらないんだよ。早い話「仕事回してやってる代わりに、うちで単価が高くなった連中をお前ん所で面倒みろや!」ってこと。それで毎月毎月何人もの奴らがうちに「下りてくる」ってわけ。だから天下り(笑) 正確に言うなら、うちは向こうをおん出された連中の「受け皿会社」だね。
まぁこういう実態だから、生え抜き連中にしてみれば当然面白くないわな。何をしたわけでもないのに最初から自分たちより給与が高いんだし、来ていきなり課長だの部長だのってポストに就いちゃうんだから。そりゃバカバカしくてやってられないよ。
もっと面白いのは、経費削減の一環として何をやると思う?電気だの水道だのコピー用紙だのを節約するなら分かる。でも違うんだね。うちはまず「平社員の給与をカット」するのさ。これまた凄い会社だろ?普通はさ、例えば
「売り上げが落ちて会社が傾いて来ちゃいました。まずは社長以下役員の給与をカットします。それでもダメなら一般管理職の皆さんの賞与まで減らさざるを得なくなります」
っていうのなら理解出来る。でもうちは違うのよ。
「すいません。経費削減の手始めは平社員の皆さんの給与からカットさせていただきます」だからね。あり得ないよな。ペーペーの給与なんてたかが知れてるぜ。「安月給の連中から銭をカットしてどうすんのよ?」って思わない?まずはお前ら高給取りからだろって。おかしな会社だよ。だから20~30代の社員はポロポロ辞めて行くわけよ。バカバカしいからさ。それでいつの間にやらこの世代の社員はわずか十数名。500人弱の社員数でだよ。どこの企業でこんな偏った年齢層があるんだよ?俺はこんな所初めてだわ。会社全体の平均年齢が54歳だもんな。これまたあり得ない(笑) 年間売り上げは1200億円以上。(裏稼業の売り上げは不明) 俺もイイとこで足を洗わないと色んな意味でヤバイよな(大笑)

狙うはビール瓶サイズ?

夜は寒いねぇ。今週末は久し振りに釣りだ。堤防の先端を場所取りしなきゃならんから金曜の夜中から出発予定。それで到着次第実釣開始。先に言っとくけど、絶対また風邪引くよ。間違いないね。自信あるもん(笑) 車横付けの場所だと寒さしのぎが楽なんだけどさ、囲いの何も無い堤防なんて吹きっつぁらしだから辛いのよ。コンロで暖と言ってもたかが知れてるし。寒さを忘れるほどデカいアイナメでも釣れたら嬉しいんだけどね。必殺の赤イソメが手に入ればなぁ・・・。

降着でも強いものは強い

2セット目を取ってれば流れが変わっていたに違いない今日の女子バレー。
GⅡしか勝てない馬とGⅠを勝てる馬との違いは底力の差。決して負かせない相手ではないんだけど、残り1ハロンから力でねじ伏せる馬はやはり強い。今日の負けは近いようで限りなく遠い1馬身差だね。

さて、エリ女杯。降着という非常に残念な結果になってしまったカワカミプリンセスだが、誰が見ても他馬との実力差は歴然だったな。レースは生ものだから仕方ない。
その昔、秋の天皇賞で1着入線の武豊・メジロマックイーンはスタートして間もなく進路妨害を取られて降着させられたことがあった。GⅠで1着馬が降着させられたのはこの時以来なんじゃないのかね?マックの時の繰り上がり優勝馬はプレクラスニー。この時はホワイトストーンと合わせて「芦毛馬3強対決」なんて言われてたな。懐かしいねぇ。
今日の本田は直線で左ムチを入れちゃったのがマズかったね。右なら良かったのに・・・は結果論か?まぁ事実上の無敗には変わりないわけだから、来年も是非勝ち続けてほしいもんだ。有馬に出してもイイ勝負するかもしれないけどね。フサイチ陣営も今日は複雑な祝賀会だろ。さすがの関口くんも控えめに催したのかな?

今週も穴予想

本日は雨。今日は家でグダグダ過ごすか。
結構楽しみにしてたタカトシの欧米ツアーだけど、これは思いっきり期待を裏切られた。
やっぱり定番の「欧米か!」と「女子か!」の2本が入ってないとな・・・。残念だったよ。

明日は本年度の女王決定戦「エリザベス女王杯」だ。心情的にはスイープだけど、多分カワカミが勝ちそうだな。どうせ当たらないから大穴狙い。

◎ サンレイジャスパー
○ スイープトウショウ
△ ソリッドプラチナム

どう考えても大振りだね・・・。

スパリブール

そんなわけで、鶴見の「スパリブール」に行って来た。先に言うと、ここは基本的に女性向けの安いエステサロンみたいなもんだね。中身を宣伝してあげよう。

源泉名   獅子ヶ谷源泉

泉質      ナトリウム-炭酸水素塩泉

営業時間   
午前10時 ~ 翌朝8時迄

入館料金   館内着・タオル・コスメ全て基本料金に含まれます。

大人  12才 ~ 64才迄
1890円(平日/6時間迄)  2100円(土・日・祝祭日/5時間迄)
小人  11才迄
1470円(平日/6時間迄) 1680円(土・日・祝祭日/5時間迄)
シニア  65才以上
1470円(平日/6時間迄) 1680円(土・日・祝祭日/5時間迄)

*延長料金について
             平日 6時間を超えた場合1時間ごとに延長料金   200円
土・日・祝祭日 5時間を超えた場合1時間ごとに延長料金   300円

ヒーリングルームメニュー

・ ゲルマニウム温浴 (20分 800円)
  1回の温浴で3~5%の体脂肪が減、お肌のハリをアップ。

・ ハーブテント (20分 2800円)
  ハーブの蒸気により発汗と毒素の排泄、温熱効果による自然治癒力促進効果があると言われてます。

・ グリッター セルズ (10分 400円)
  10分乗ってるだけで2時間歩いた運動効果(14400歩)、簡単ダイエット。

・ 酸素カプセル (30分 3000円、45分 4200円、60分 5500円)

オプションメニュー

・ スリミングエッセンス (10ml 2000円)
  15種類のハーブで出来た美容効果の高いエッセンスです。塗るだけで脂肪分解を促
 し
ます。
  ボトル販売 内容量 60ml (10500円)  *ご自宅でご使用されたい方にお勧めです。

・ セレウォーター(セレアイ) (450円)
  エンボケックのミネラルが豊富なセレニウムウォーターに7種類のビタミンとハーブを
  プラス。目の種々トラブルから目を守り、サポートします。

・ セレウォーター(セレダイエット) (450円)
  今よりももっと健康になって、プロポーションを整える素肌も美しくなる、欲張りな願望を
  一石三鳥でサポートします。

セットメニュー

SLEEP COURSE

・ 酸素カプセル(30分)&ゲルマニウム温浴(20分)  (50分 3500円)
  酸素カプセルとゲルマニウム温浴のトライコース

・ 酸素カプセル(45分)&ゲルマニウム温浴(20分)  (65分 4500円)
  酸素カプセルとゲルマニウム温浴のゆったりコース

・ 酸素カプセル(60分)&ゲルマニウム温浴(20分)  (80分 5700円)
  贅沢なリラクゼーションコース。全身イキイキとリフレッシュ

BEAUTY SLEEP COURSE

・ 酸素カプセル(60分)&スリミングエッセンス (60分 7300円)
  スリミングエッセンスと酸素カプセルのダイエットコース

・ 酸素カプセル(60分)&ゲルマニウム温浴&スリミングエッセンス (80分 7500円)
  ダイエットに効果的で贅沢な3品コース

SHAPE UP COURSE

・ グリッター セルズ&アロマガーデン (10分 800円)
  シェイプアップマシーンにアロマ酸素をプラスしたシェイプアップコース

エステルーム

・バリ式エステ        4500円~
・ボディヒーリング    4000円~
・フェイスヒーリング  4400円~
・バリ式スパトリートメント   2500円~
・フットケア             2300円~
・タイ古式              4400円~
・日本式手もみ       2200円~


以上、こんな感じだ。特別高い料金じゃないから、月に一度や二度ぐらい通ってる女性リピーターも沢山いるかもしれないね。お風呂自体は別にどうってことない。ハッキリ言って風呂だけなら500円で十分。あくまでも「大人の女」をターゲットにしてる施設だから、小さな子供を連れて行く様な所じゃないな。今回行ってみて一番気に入らなかったのは、何といってもシャンプーとボディシャンプー。それぞれがポーラのアロマ何チャラって製品なんだけど、これがまたハンパじゃないくらいヌルヌルするんだわ。気持ち悪くてたまらんよ。言うなれば頭からサラダ油を被った様なもんだから。まぁこれが良いって人もいるかもしれないけど、俺としては非常に不快だったね。同行した池外くん(仮名)も大変なご立腹だったわ(笑) 唯一良かったのは休憩ルーム。液晶テレビ付きのリクライニングシートは非常に心地良い。電話も付いてるから飲み物の注文も出来るみたいだし。まぁ話のネタに一度は行ってみてもイイんじゃないの?俺はもう行かないけど。
それにしてもここは従業員が多過ぎる。フロントもエステも客が来なくてみんな遊んでたぞ。

子供に罪は無い

中村獅童さんと竹内結子さんの離婚がどうのこうの騒がれてますが、この方たちってそれほど話題になる様な大物なんでしょうか?所詮男を見る目がない女の行く末なんてこんなもんです。性欲が抑え切れずに男と寝た挙げ句、中出しされて妊娠したから結婚。それで亭主が浮気したから今度は離婚ですか?お忙しい人生ですよね。子供を産んだらすぐに親に預けて自分は早速お仕事ですか?乳飲み子をほったらかして共働きしなきゃならんほど生活苦しいんでしょうかね?「親としての自覚が全く無いなら初めから子供なんか作るなよ」って私なんかは思いますけど、皆さんはいかが思われます?浮気する男も男なら、そういう男と寝た女も女。所詮その程度なんです。どっちもどっちだろって思いますね。
そんなわけで今日も垂れ流しの投稿でした。チャンチャン!

知りすぎた男の悩み

最近何かと忙しい。この前書いた殺人予告メールは結局何事も起こらなかったので安心したが、その代わり暴力事件が所内で発生した。ガラスを割るわイスをぶん投げるわで大変だったらしい。俺は岩手に行ってたからライブで遭遇してないけど、それはそれは凄い勢いだったそうだ。血の気の多いチンピラ従業員がウジャウジャいると困ったもんだな。こんな現場を管轄してる大元が上場会社になるってんだからロクなもんじゃねぇよ。株主たちに教えてやりたいもんだわ。どいつもこいつも馬鹿ばっか。今回のいざこざに関しては予告メールの絡みとは直接関係が無いが、そのメールの送り主がこの度ほぼ判明した。犯人(実は社員だった)は近いうちに何かしらの処分を受けることになるだろう。
こういうレベルの会社に居ても未来は明るくないわな。どの企業でも大抵バックにヤクザが付いてるのが当たり前だけど、特に港湾関係の仕事などやってるうちみたいな所は、とてもじゃないけど「まともな商売」なんて言えたもんじゃない。つまり、そんな企業に勤めてる俺自身も「まともじゃない」ってことだ(笑) 少なくとも俺は個人的にヤクザともチンピラとも一切関わりは無いけどね。そういや世間を知らない新入社員のお嬢ちゃんが「ここの会社に入って良かったです。研修で色々と見て回りましたけど、どこも健全な仕事をしてる所で安心しました」って言ってたな。どこ見て健全て言ってんのか分からんけど、まぁ表面しか見せてもらってないんだから仕方ないよな。そのうち俺みたいに特命の仕事でもやってもらいたいね。個人ブログとは言え、いくら何でもこの場じゃとても書けない様なヤバい仕
事を会社は裏でやってんだから。そうは言っても、この純粋なお嬢ちゃんみたいに「何も知らないことが幸せ」ってことも世の中にはあるんだよね。自分の勤めてる会社を知り過ぎるってのも良し悪しだよな・・・。

年々「堕ちる」巨人

巨人の「寄せ集め軍団化」はどこまで続くんだ?ここまで来ると伝統も歴史もねぇな。
銭に物を言わせて日ハムの小笠原か?それに今更オリックスの谷なんか獲って何やらせんだよ?腰だか背中だかが悪い奴なんだから球拾いも出来ねぇじゃん。そんなのに1億だの2億だのってくれてやるのか?いいねぇお金持ちの球団ってのは。
そんな中で原に嫌われてる仁志はようやく外に出れて良かったな。もっと早く出してやりゃいいのによ。前回も原に干されてたもんな。原は相当仁志が気に入らないんだろ。横浜でもうひと花咲かしてもらいたいね。巨人なんぞに拘るとロクなことがないってことよ。将来的に「巨人出身」だとハクが付くってのは今や昔のことさ。もうそういう時代じゃないよ。球団自体に威厳が無いんだから無意味な拘りだ。原も原で、前回あれだけコケにされてクビになったってのに、またヒョコヒョコ監督を引き受けるんだからどういう神経してんのか理解に苦しむわ。自分のHPで巨人批判までした挙げ句だぞ。おめでたい人間だよな。若手が思うように育たないのはスカウトの責任。素質の見極めが間違ってる証拠だろ。「育たない → 戦力にならない → クビにする → 金使ってお買い物(補強)」これの繰り返し。新たなる巨人の伝統が構築しつつあるな。まぁ頑張ってくれ。

SS巡回スタート

今年度のお泊り旅行は岩手で打ち止め。これからの時期は日帰りで近場を中心に攻めて行く。そうそう、横浜市内のスーパー銭湯巡りも遂にスタートだ。第一弾として金曜日の夜に鶴見の「スパ・リブール」へ行ってみる。今回は知人の池内くん(仮名)をお誘いしての訪湯予定。本当にバリ風の天然温泉とやらを満喫させてもらえるのかね?何せ1900円近い料金なんだから、“それなりのもの”で納得させてもらえなければ暴れるで(笑)

網張温泉は文句ないね

やっぱり場所が場所だけに、ここまで来ると一泊で帰るのは勿体無いね。色々考えた末、岩手を含めた北東北のツーリングは来年改めて計画することにした。
遠野に始まり、浄土ヶ浜、龍泉洞、八幡平、十和田湖、奥入瀬、それに田沢湖と、十分余裕を持って回れる日程で組み直したい。子供の頃に一家で回ったことはあるんだけど、正直覚えてない部分も多いんだよね。良い所が沢山あるんだから、大人の目でもう一度見て回りたいと思う。

帰りは花巻南から東北道を使い、盛岡ICで下りて小岩井農場へ向かった。ここも以前訪れているもののウル覚えだったんで行ってみた。まぁ別にどうってことはない所だね。お土産を買いに来た様なもんだから長居はしなかったけど、ここのオムライスが評判良いみたいなんで試しに食ってみた。3種類のソースから選んだのはトマト。これは絶!超絶!卵を3つも使ってるだけのことはあって非常に美味い。評判に偽りはないよ。好物であるオムライスには結構うるさい方だけど、ここのは素直に◎を打ちたいね。小岩井に行くことあったら忘れずに食ってもらいたいもんだ。美味いもん食って気分良くした所で次に向かった先は網張温泉。小岩井の奥に進んで行けば行き止まりに網張温泉スキー場。ここにある休暇村は以前泊まったことがあり、よく覚えている。今は休暇村の手前に日帰り温泉施設がオープンされていたので入ってみた。たったの500円で源泉100%の掛け流しを堪能することが出来るとは嬉しい限りではないか。ここの温泉は「にごり湯」で、硫黄臭が漂う湯船は“いかにも温泉に入ってる”ということを実感させてくれるもの。そして心も体も和んだ後は当然コーヒー牛乳を一気飲み。この瞬間がたまらないね。休憩所で横になりたかったんだけど、大混雑で割り込む隙間など一切無かったんで諦めて出発した。今度来る時は是非泊まりたい。

来た道を戻り、再び盛岡ICから東北道に乗っていよいよ帰路。13時半。何とか陽のあるうちに福島を抜けたいと思ってガンガン飛ばした。もちろん覆面には細心の注意を払いながらね。来る時と違ってサービスエリアは1つ置きで休憩。幸い道も思ったより混んでなかったんでスイスイ気持ちよく走ることが出来た。ただ、福島と栃木の県境辺りから強い雨に暫く降られて全身ビショビショ。陽も落ちて気温も下がり始めてたから寒さも倍増。こうなると気持ちも萎えるね。栃木からはずっと渋滞。雨もなかなか止まないし、テンションも下がりっ放しだ。そんなこんなでやっと浦和。ここまで来ればもう帰って来た様なもんだ。アホみたいに大渋滞していた3号渋谷線で時間食ったものの、21時10分に無事帰宅。
いつものことながら疲れた。トータル1272km。岐阜に行った時と同じくらいの距離だけど、あの時は3泊4日だったからね。世の中には1日でもっともっと走ってるバイク乗りがいると思うけど、俺は2日でこの距離が精一杯。今回はお世辞にも「実りあるツーリングだった」とは言えない所が残念っだったな。まぁしゃ~ないね。


Photo_60 Photo_61 小岩井農場の入り口にて
写ってる女の子は微妙だな
顔がハロウィンになってる



Photo_62 「メ~」じゃなくて「ウメ~」って鳴いてたよ
羊って意外と臭くないんだね




Photo_63 網張温泉の日帰り施設
写ってないけど右奥に休暇村がある




Photo_64 鉛温泉の裏手
陽が当たると「山が燃えてる」って感じだったよ

校舎に泊まる

まるで昔の木造小学校みたいな藤三旅館。旅館部での部屋は取れず、今回は自炊部での宿泊だ。中はリレーが出来るほど長い廊下がグルっと巡っている。夜は冷えると聞かされ石油ファンヒーターをレンタルした。なるほど、四畳半の部屋の窓は閉めても隙間が出来ている。この山の中、そりゃあんた夜は外気が入って冷えるわな。いくら建物が古いとは言っても窓ぐらいはちゃんと閉まる様にしてよねって感じ。ちなみに部屋に鍵は無い。金庫も無い。よって、部屋を空ける時は貴重品を常に携帯しなければならないのがここでのお約束だ。朝晩は部屋食。ただし、晩は17時、朝は7時と共に時間が早い。病院だって18時に8時だぜ。ここは刑務所かって(笑)晩に醤油差しが付いて来るので、これは翌朝までキープしておく。なぜなら、朝食に目玉焼きと焼き海苔が出されるため。これもお約束だ。
お風呂は立ったまま入る名物の混浴「白猿の湯」、内湯と露天が岩風呂になっている「桂の湯」、そしてノーマルの内湯である「河鹿の湯」「白糸の湯」「龍宮の湯」の5つ。風呂場の撮影は禁止されてるので今回は撮ってない。上に旅館のHPをリンクしたからそこで見てちょうだい。泉質はノーチェック。透明でこれと言って特徴が無く硫黄臭も無い。一般的なアルカリ性単純泉に近いのかな?積善館の時と同様、ゆっくり入るには夜中が一番良い。
っていうか、晩飯食ったらそのまま爆睡しちゃって起きたら3時ですること無いし、タップリ寝ちゃったから「風呂さ行くか?」って感じで入りに行っただけのことなんだけどね。とにかく行き帰りの廊下が寒くて参ったよ・・・。あっという間に湯冷めしちゃうぐらい寒かったわ。
白猿の湯でしばらく粘ったけど、残念ながら熟女もギャルも現れず。そりゃそうだよな。こんな時間に風呂をハシゴしてる馬鹿なんて俺しかいないって。つまり今回「ふれあい」は一切無しだ。10時間以上も掛けて岩手くんだりまで来たっていうのに何だかなぁ・・・。

帰りの話はまた明日。


Photo_58 Photo_59四畳半の個室
隙間のある窓 これじゃスースーするって








         
_007_14 小銭を入れて回すとガスが出るらしい
年代ものだね こんなの初めて見たわ








          
Photo_48 Photo_49 左が晩飯 右が朝飯
素朴だ 





Photo_50 Photo_51 館内の売店
コンビニに勝るとも劣らない品揃え
奥と手前に2店ある
自炊部には必須の店だね      

片道10時間半の旅

朝の4時ピッタリに出発。大して寒かない。横浜町田ICから首都高経由で浦和料金所を目指したわけだけど、こんな時間だというのに首都高はかなりの車。スイスイ行けるだろうと思ってたのは甘かったね。やたら東北道へ向かってる連中が多くて浦和まで1時間以上もかかった。4時過ぎで既に東北道は凄い車の量。90km出せるか出せないかってぐらい混んでるだもんよ。これには参ったね。那須高原を過ぎた辺りから気温が急に下がって寒いの何の。ガクガク震えながら濃霧の中を走って安達太良SAに入った時には吐く息が白いんだから。思わず「冬かよ!」って自分にツッコミ入れちゃったもんな。明け方ならともかく9時過ぎだぜ。たまらずラーメン食ってお茶飲んで30分も一服さ。こんなに寒けりゃ時間との追いかけっこなんてやってられんわ。もうこの時点で遠野への寄り道を断念して宿直行を決意。どっちみち本線は混んでて飛ばせないし、すり抜けしてまで無理することもなかろうってね。結局、花巻南ICまで全てのサービスエリアで休憩(&給油)を行った。陽が出て気温も上がって来たのは仙台に入ってから。それでも車の量は多くて、まともに120~130km走行が出来たのは長者原SAを過ぎた頃からだったな。一関市って看板を目にした時には「さすがに遠くまで来たなぁ」って思ったね。前沢SAに到着したのが12時過ぎ。出発が遅かったのは確かだけど、当初の予定だとこの時間には既に遠野のカッパ淵に着いてる時間だからね。大幅な遅れなんてもんじゃないよな。ここでは前沢牛を使った(ホントか嘘か知らんけど)焼肉丼を昼食に。食後はベンチで1時間程寝てから出発。そういえば今回はSAで休憩する度に観光バスの乗客からよく声を掛けられたな。「どこ行くの?」「このバイクいくら?」「横浜から一人で?」この程度なら別にいいんだけど、中には「奥さんと子供ほったらかして一人で旅行?」「え?独身なの?」「ちょっと~このお兄さん独りもんなんだってさ~(と、周りの連中にデカい声で教えるババア)」なんかもいやがった。うるせ~よ。
親切に「お腹空いてるんじゃないの?これ食べなよ」って歌舞伎揚げと干し芋までくれたバアさんもいたな。宿に着いたのが14時半。ここまでの走行距離は572km。頑張りましたよ。それにしてもここは古い湯治宿だわ。この前行った積善館の比じゃないよ。

疲れちゃったから続きは明日。

600RRでひとっ飛び?

さて、明日はいよいよ岩手に向かう。只今23時を回っているが、あと5時間もすれば出発となる。予定通り昼までに遠野へ着くことが出来るんだろうか?バイクでの東北道は「お初」なんで、いささか緊張気味だ。事故を起こさず無事に帰って来たいと思う。
宿泊先は先日「ニッポン旅×旅ショー」(日テレで三宅と関口がやってる番組)でちょこっと紹介された岩手・鉛温泉の藤三旅館である。

腐っても苗場プリンス

正月に家族でどっか泊まりに行こうかと思って色々探しているんだけど、どこも予約で一杯だ。老舗の旅館なんかは常連さんが優先だからまず取れない。だいたい日本なんてのは卑しい国だから「特別料金」などという名目でここぞとばかりボッタくるわけだ。「高い=ブランド」を世に染み込ませる為に普段からして高い料金を設定してるわけだけど、それにしても中には度の過ぎた値段もある。大晦日から元旦、2日にかけての3日間が一泊につきお一人様10万円なんてのには腰が抜ける。でも世の中にはお金持ちが沢山いるから、そんな値段でも瞬く間に予約で一杯になるんだよね。泊まる側にしてみれば、それはきっと一種のステータスなんだろう。今でこそ高くは感じないが、昔の苗場プリンスは結構な値段を張っていた。年末年始はなかなか予約を取ることが出来ず、常連組に占拠されていたと言っても過言ではない。宿泊者の大半は医者、弁護士、会社社長・役員などの高額所得者たちばかりで占められいて、当時は芸能人ですら予約が取れないと言われるほどステータスが高かったものだ。今から30年近く前の話だが、たぬき蕎麦が一杯1000円。おにぎりセット(鮭と梅干にお新香が付いて)が800円、ハンバーグのセットが1500円だったと記憶している。この時は親戚たちと新潟へスキーに行った帰りにちょこっと滑りに寄ったんだけど、子供ながら妙に値段だけは記憶に残ってるんだよね。今の1000円なんて別に何でもないけどさ、30年近く前の時代で蕎麦がこの値段なんだよ。宿泊だって一人2~3万だったんだから。それで一組につき家族4人が1週間ぐらい泊まってるのがザラだったんだもん。そりゃ皆さんお金持ちと言われるだけのことはあるよね。俺から言わせれば、そこらのガキでも平気で泊まれる時代になった苗場のプリンスは身近な存在になったって言うより、ある意味ステータスが落ちたって気がしないでもないんだよな。まぁそれでも
お正月は彼と二人で苗場のプリンスにお泊りして来たの~
って言えば今の時代でも十分聞こえはイイけどね(笑)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント