« 透けパンに不覚 | トップページ | 思うこと »

「遺憾」とは?

「誠に遺憾」 「極めて遺憾」

これらはよく聞く
日本政府お得意のコメントだが、そもそも「遺憾」とはどんな意味か?

・ (相手のしたことに対して)不満である様子
・  困ったことだと思う様子

「遺憾の意を表する」って言い回しは

・ (相手・第三者のしたことに対して)軽い非難の気持ちを述べること

(以上、三省堂 国語辞典・第五版より)

記者団の前でこんなセリフを吐くことによって国際問題が簡単に解決するのであれば世の中これほど楽なことはない。「誠に遺憾でございます」で事が済むなら、どこからもミサイルなんて飛んで来ないだろうし、テメェの領土である島が無断で他国に占拠されることもない。この「遺憾である」の決まり文句とセットになってるのが「強く抗議する」 「厳重に抗議する」になるが、同様にこれで事が収まるなら、世の中に戦争など起こるわけがない。無意味な公式コメントはもう結構。
平和ボケとはよく言ったもので、事ある毎に「遺憾である」の連発しか出来ない日本てのは全くの無力国家そのものなんだから、他国にナメられるのも無理はない話だ。
これで万一国内のどこかにミサイルが落ちて来て多数の死傷者が出たとしても、政府は何も動かずに「誠に遺憾である」の一言で済ませるのだろうか?
そもそも自衛隊ってのは何のために存在してるんだ?
「他国へのボランティア活動がメインの自衛隊=海外青年協力隊」
という解釈でよろしいか?

« 透けパンに不覚 | トップページ | 思うこと »

独り言」カテゴリの記事

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント