« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

早く免許証欲しいよ

米国産牛肉が輸入再開らしいが、食いたい奴は食えばいいし、食いたくない奴は食わなきゃいい。所詮日本なんて国は国民よりも「アメリカありき」なんだから、危険性があろうがなかろうが圧力掛かれば「ハイ、かしこまりました!」なんだよ。そういう国なんだから諦めるしかない。これでまた前回に引き続いてアメリカがヤバい部分を混ぜて輸出して来たとしても、お得意の「誠に遺憾である」「厳重に抗議する」か?(笑) 全くアホな国だな。

今日の午前中、無事に見極めをパスして全12時間の教習が終わった。
早速明日にでも卒検を受けたかったのに、残念ながら定員になっててダメ。
中3日空けて水曜日にチャレンジだ。ホントは
明日受けて合格 → 水曜(2日)の誕生日に免許証交付を狙ってたのにねぇ・・・。上手いこと行かねぇな。

桑野信介のファンです

「ヒゲ抜いて」でセクハラかよ。しつこく言うこの男もアホだな。
巧妙なツッコミになってないからこういう結果になるんだよ。学校の勉強は出来ても、女と馬鹿話の一つも出来ない様な男なんざ同性から見ても何の魅力も無い男だね。

俺は職場を変えてから基本的に女と喋らない様にしている。
と言うか、下ネタの一つも喋れない女などに全く興味がない。下ネタに限らず色んな面でサバけてないと話をしても面白くも何ともない。サバけてるとは、それだけ今までに様々な経験を積んで来てるってことだ。男と交際もしたことがなく、今まで学校と家の往復、会社と家の往復、これといって趣味もなくて貯金だけが唯一の楽しみなんて女に一体何の魅力があるのか?身近に杉本彩みたいなお姉さんでもいないかねぇ・・・。

話は変わるが、阿部ちゃん主演の「結婚できない男」は素直に面白い。少し中年太り気味の夏川結衣もあれはあれで良い。(昔はもっと可愛かったんだけどね)
最近のドラマの中ではキャストの選択が絶妙だろう。それぞれのキャラが無理なく嫌味なくスッポリはまってる所も素晴らしい。対して月9の方は酷すぎるね。何だあれは?
あんなもんドラマじゃねぇよ。もう少しマトモな人選と脚本にならんのか?

もうじき卒検

最近くだらん仕事に振り回されてまともにUP出来ない。
15~16で熱海に行ったんでホテルの紹介でもしようかと思っていたが、延び延びになってしまった。そのうち紹介しよう。

今宵の教習(シュミレーター)は雑談タイムで終わり。土曜日に朝から2時間続けて乗れば全12回が終了となり、予約で埋まってなければ翌日曜日に卒検となる。通ってる教習所は大甘検定なんで、一本橋も波状路もスラロームも規定時間云々は気にしなくていい。要するに「落ちない・はみ出さない・倒さない」をクリアすれば合格になる。だからこそ合格率が90何%と高い。途中で両足を着こうが、ウインカーを出すタイミングが若干遅かろうが減点とならず、エンストと転倒をしなけりゃいいだけの話なんで正直言って気楽そのものだ。たまたまそうなのかどうかは分からないが、自分の通ってる教習所は生徒(お客)に対して異様に気を遣う。常に生徒は「○○様」呼ばわりだ。教習自体も親切丁寧。嫌味な教官なんていやしない。昔と違って今のご時世はネットがあるから、何かしら粗相でもしでかすと何を書き込まれるか分からないから不安なんだろう。あらぬ事まで書かれて評判が落ちれば生徒が集まらなくなる。よって、常に「お客様ありき」の姿勢を全面的に押し出しているんだよね。俺から言わせりゃ「あんたら何もそこまで・・・」とも思うけど。

以前DIONのブログで書いてた接触事故の件は、やっとここに来て訴訟を起こす準備が出来た。まずは小額訴訟から手を付けることになるんだけど、裁判所側の受理云々の問題があるから事態がどう転ぶか分からない。小額を飛ばして通常の訴訟も考えているので、決まり次第ここに流れを書いて行こうと思っている。

一段階終了!

今日で一段階が無事終了。(マジック 11 → 7

実質3日間で5回の教習だったからあっという間だ。
久し振りにAT車まで乗れて楽しかった。エンブレがあんなに効くとは改めて感心。
取り回しが苦痛だけど、あれはあれで面白い。まぁ俺は絶対買わんけど(笑)
次回は今週末の土日に2回ずつ乗って残り3回。内、1回はシュミレーターだから実質残り2回か。シュミレーターは各曜日毎に特定の時間帯しかやってくれないから予約が取りにくいんだよね。
さて次からは検定コース。歳取るとコース覚えるのが結構大変なんだわ・・・。

早くも14(金)にCBRが登録された。11(火)に申し込んだのに随分と早く対応してくれた店には頭が下がる。別に急かしたつもりじゃなかったんだけど、結構気を遣ってくれた様だ。でもまだ免許が取れてないし・・・。なんか悪いことしちゃったみたいで店の若社長に電話一本入れといた。「別に構いませんから気にしないで下さいよ~」って言ってくれたものの、電話口で苦笑している顔が容易に目に浮かぶ・・・。
ごめんよ若社長。
ホント申し訳ない。

アイビスSD

レイズアンドコールで稼ぐとするか。
相手は
ウェディングバレースピニングノアールってことで・・・。

6億円だってよ

まぁ世の中にはお金持ちってのはたくさんいるわけだ。
今回行われた2006年度セレクトセールにおいて、国内セリ史上最高価格となる
6億円で落札された当歳馬(今年生まれた子)が出た。
この馬のお母さんは「トゥザヴィクトリー」、お父さんは「キングカメハメハ」である。

簡単に両親を紹介すると

・トゥザヴィクトリー (2002年登録抹消)

父: サンデーサイレンス  母: フェアリードール  母父: ヌレイエフ
調教師(所属): 池江泰郎(栗東)
馬主:
金子真人
生産者:
ノーザンファーム
主な勝鞍: エリザベス女王杯(GⅠ)、阪神牝馬特別(GⅡ)
               クイーンS(GⅢ)、府中牝馬S(GⅢ)          
生涯成績: 19戦 6勝


・キングカメハメハ (2004年登録抹消)

父: キングマンボ  母: マンフィス  母父: Last Tycoon
調教師(所属): 松田国英(栗東)
馬主:
金子真人
生産者:
ノーザンファーム
主な勝鞍: 日本ダービー(GⅠ)、NHKマイルカップ(GⅠ)
               神戸新聞杯(GⅡ)、毎日杯(GⅢ)
生涯成績: 8戦 7勝


ご覧の通り、お母さんもお父さんも現役時代は優秀な成績だ。
お母さんはディープインパクトを管理してる池江厩舎出身。
お父さんはクロフネ・タニノギムレットを管理していた松田厩舎出身。
馬主は共通で金子真人氏。生産者も共通でノーザンファーム。
両親合わせてGⅠ3勝、GⅡ2勝、GⅢ3勝。
両親が現役時代に稼いだ金額は合わせて約8億5千万円(本賞金)。

実はこの馬、てっきり金子氏が落札したのかと思いきや別の人。
それにしても、この当歳馬は「牝馬」なんだよね。牡馬なら高額で取引される(血統が良くて現役時代に優秀な成績を残せば種馬として将来更に稼いでくれる可能性があるから)のは分かるんだけど、まさか牝馬にこれほどの金額を出すとはねぇ・・・。
今回のセールでは、アドマイヤ~の冠名でお馴染みの近藤利一氏、フサイチ~の冠名でお馴染みの関口房朗氏の二人は、それぞれ5億円の「お買い物」をしたそうだ。
一回の買い物が5億だってんだから凄いよな。雑把でセルシオ100台分だよ。俺には感覚が分からん。ま、92万のCBRを3年ローンで買ってる様なレベルの俺とはそりゃ違うわな(笑)俺も一回の買い物で5億ぐらい使ってみたいもんだよ。そしたらとりあえず新しい携帯と空気清浄機でも買いたいね。

今年も減量

毎日毎日暑くてたまらん。あまりの暑さに体力がドンドン奪われていく気がする。
でも食欲だけは大アリなんで体重は全く減らない。毎晩たらふく食って夜中にアイスを欠かさず食ってりゃ太るわな。
教習簿に貼られた現在の顔写真と、昨年撮った免許証の顔写真とを比べると、ハッキリ言って別人に近い。ヤバイほど現在の顔はパンパンだ。こりゃマズイってんで、一年振りに強制ダイエットに入った。一日一食(朝だけ)と適度の水分補給以外は一切口に入れない様にする。昼間は倉庫で大汗をかいてるし、一週間で5kgは簡単に落ちるだろう。去年同様、20日で10kg落とす自信はあるが、必ずリバウンドが来るから今回はほどほどに胃を小さくしていくか・・・。

夏生まれだから暑さに強いなんてことはない。俺から言わせりゃあれは嘘。
暑いより寒い方がよっぽどイイよ。

開幕

教習第一回目終了。(マジック 12 → 11

前回と同じ教習所だから気が楽だ。教官たちも覚えててくれてたし。

というわけでCB750に初めて乗ったが、これが結構重い。車体も重けりゃギアも重い。
さて、今日は初回にして一本橋の繰り返し。最初こそ難しかったものの、何回か渡ってるうちに11秒以上で行ける様になった。初めて跨った大型でこのタイムなら悪くないだろう。問題はいずれ受けることになるパイロンの方だ。やはり車体が大きい分、なかなかクイックイッて右に左にクネクネするのは難しいと思う。「400と違って2速でもスピードが出るから、慣れるまで緩急の使い方が難しく感じるかもしれない」って今日面倒見てくれた教官も言ってた。普通車は通過タイムが8秒以内。大型車は7秒以内か。
たかが1秒されど1秒。恐らく大きな壁になるな。そんな気がする。一本橋なんかより遥かに脅威だわ・・・。

次回は来週月曜日。今度は坂道発進が加わるのかな?

思うこと

何だかんだと仕事が立て込んでしまい、教習所通いが延びに延びた。
明日の午後に適性検査を受け(普通二輪を取得の際に受けたが、結果の用紙を失くしてしまったので再検査)、月曜の夜間から第一回目の教習がやっと受けられる。
全12回は何とか今月中に消化したいが、果たして目論見通り行くかどうか・・・。

昨日、CBR600RR(モビスター)を仮契約した。
巷では9月にフルモデルチェンジの発表があると噂されているが、別に性能そのものなんて大して変わりゃしないだろうし、実際に発売されるのは来春なんだから、それまで免許を遊ばせておくのはもったいない気がした。モビスターにした理由は特に無い。
単に今乗ってるCB400が赤なんで、続けて同色にするとつまらないと思ったから。

所有のCBは手放すことになるが、決してこのバイクが嫌いになったわけではない。
師匠から「もっと愛着を持って乗りなさい」と諭されてしまったが、確かに乗り始めて1年も経たないうちに替えるのは節操がないと思われてしまっても仕方がないだろう。
自分の場合、若い時からバイクに乗っているわけではなく、普通二輪の免許を取ったのは昨夏の誕生日を過ぎた36歳だ。正直言うと、あと10年早く免許を取って乗り始めていたとしたら、恐らく違う乗り方をしていたと思う。いかんせん年齢的にバイクのデビューが遅い分、どうしても欲や焦りが入り混じってしまっている事実は否めない。
膝が元々悪いといったこともあり、当初から長きに亘ってバイクに乗り続けることは恐らく難しいであろうという思いがあった。
話は逸れるが、7歳から始めたスキーを20歳で止めた理由も膝が原因だ。先天的に膝の骨が変形していて、尚且つ軟骨も一般人より元々薄いため、若い時分からして膝そのものが正常ではない。成長期に掛けて野球だのテニスだのスキーだのと、いいわいいわで負荷を与え続けていたツケが大人になってから回って来てしまい、やがて日常生活にまでその影響が及ぼされることになってしまった。20代から要所要所で痛み止めの注射をして誤魔化して来たわけだが、いずれ手術をしないと膝が曲がらなくなって歩行が困難になると医者から宣告されている。ただ、手術しても完治する保障が無いないために今の今まで躊躇してる次第だ。片膝だけならまだしも、両膝が該当なので尚更手術を受けにくい。片膝ずつ手術すると、その度に車椅子や松葉杖の生活を余儀なくされてしまうので、サラリーマンをしている都合上、正直それもなかなか厳しいのは事実でもある。

そんな訳で、自分としては「(膝の行く末を考えると)乗れるうちに色んなタイプのバイクに跨ってみたい」といった考えを実行して行くことにした。
今回CBRを選択したのは「極端な姿勢で膝や腰への負担が特に掛かる様なバイクは今のうちに体験しておきたい」という思いからだ。ついでに言えば、この手のバイクは40半ばや50を過ぎてから乗り回す様なバイクでもないだろう。今ですらオッサン年齢に入っている自分が乗るのもどうか?という気がしないでもないが・・・。
行き着く先がどんなタイプのバイクになるかは分からない。今のうちに乗れるものはドンドン乗って行きたいと思う。もちろんオフロードもアメリカンも然り。

すいません師匠、御理解していただければ幸いです。

「遺憾」とは?

「誠に遺憾」 「極めて遺憾」

これらはよく聞く
日本政府お得意のコメントだが、そもそも「遺憾」とはどんな意味か?

・ (相手のしたことに対して)不満である様子
・  困ったことだと思う様子

「遺憾の意を表する」って言い回しは

・ (相手・第三者のしたことに対して)軽い非難の気持ちを述べること

(以上、三省堂 国語辞典・第五版より)

記者団の前でこんなセリフを吐くことによって国際問題が簡単に解決するのであれば世の中これほど楽なことはない。「誠に遺憾でございます」で事が済むなら、どこからもミサイルなんて飛んで来ないだろうし、テメェの領土である島が無断で他国に占拠されることもない。この「遺憾である」の決まり文句とセットになってるのが「強く抗議する」 「厳重に抗議する」になるが、同様にこれで事が収まるなら、世の中に戦争など起こるわけがない。無意味な公式コメントはもう結構。
平和ボケとはよく言ったもので、事ある毎に「遺憾である」の連発しか出来ない日本てのは全くの無力国家そのものなんだから、他国にナメられるのも無理はない話だ。
これで万一国内のどこかにミサイルが落ちて来て多数の死傷者が出たとしても、政府は何も動かずに「誠に遺憾である」の一言で済ませるのだろうか?
そもそも自衛隊ってのは何のために存在してるんだ?
「他国へのボランティア活動がメインの自衛隊=海外青年協力隊」
という解釈でよろしいか?

透けパンに不覚

最近セルフのスタンドで給油するのが楽しい。以前は面倒との思いから絶対に立ち寄ることなんてなかったのに、どういうわけか試しに一回体験してみたらこれが結構面白いんだよね。しかも、ほんの一時だけでも給油のアルバイト気分を味わえる所が何とも楽しい。

さて、今日近所のスタンドに行った時のこと。
給油口の前に停めてサイドスタンドを出しながらふと前を見ると、細身で髪をアップにした白いミニスカートの女性が向こう向きにしゃがんで何かを拾っていた。なんとピンクのパンティーが透けているではないかっ!そりゃもうおじさんクギ付け状態よ。分かる?足下もおろそかになっちゃって、ちゃんとスタンドを出したつもりが出てなかったから左側にスローモーション転倒。あららら、やっちゃったよ・・・。しかも転倒の最中も目はスカートを見たまんま。ガチャン!イテテテテ、足まで挟んじゃった。
「大丈夫ですか?」ってその女性が振り向いた瞬間が痛い。痛過ぎたね。
見りゃ美輪明宏風のドぎつい化粧をしたババアじゃねぇかよ。しかもただのババアじゃないんだな。これがまた思いっきりババアときたもんだ。「お前ふざけんなよ!」って心で叫んだ俺の気持ちが分かるかな?黒木瞳とかさ、真矢みきみたいなのが振り返ってくれたんならまだいいよ。それならバイクも倒した甲斐があるってもんだけど、こんなんじゃ倒し損そのものじゃんか。頼むからイイ歳こいたババアが紛らわしい格好してパンツまで透けさせるなよ。楽しいはずの給油が凄く不愉快になっちゃたわ・・・。
ま、どうでもいい話なんだけどさ。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント