« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

次はCBR600RRにする

今日は仕事帰りにバイク屋へオイル交換に行った。
ベイブリッジはそうでもなかったけど、アクアラインは風速14m。たまらんね。
砂だか何だか分からんもんが風に混ざって飛んで来るから痛い痛い。やっぱりバイクに乗る時はアロハシャツなんて着ちゃダメだな。

チェーンのたるみが許容範囲を超えていた為に店のお兄ちゃんから教育的指導。
かなり度が過ぎたまま走り続けていたらしく、あと3千kmを目安に交換しなければならないくらいダメダメな状態になってしまってるそうだ。スプロケも併せて交換になるから次回はオイル交換代+諭吉が3枚。チェーンのたるみってのは普段からコンディションを整えておかないとダメなのは知っているものの、「オイル交換のついでに見てもらえばいいや」的な発想しか持ってないから、結果として寿命を縮めてしまったことになった。チェーンそのものも普段からちゃんと手入れをしていれば3万kmぐらいは寿命が持つんだってね。俺はその半分の距離で交換になる始末・・・。真面目にやらんとこういう結果になるっていう良い見本だな。リヤタイヤもかなり磨り減って来た様で、これも近いうちに交換することになりそうだ。最近は石油高騰の影響とやらでタイヤも少し値上げ気味だとか。一本2万円近くするみたいだからバカにならんね。店のお兄ちゃんからはメンテスタンドも買えって言われたよ。
「オイル交換までやれる様になりなさいとまでは言わないけどさ~、せめてチェーンのたるみぐらいは自分で出来る様にならなきゃダメだよ~!ホイルに当たるまでブラブラに緩ませてるなんてとんでもないことなんだから。走ってる最中にタイヤからチェーンが外れたらどうすんのよ?」って怒られちゃったし・・・。ごもっともな話だよね。
次回はデジカメ持って来いって言われたよ。作業手順をその都度撮って「標準作業書」を作ることになりそうだ。悪いねお兄ちゃん。世話になるよ・・・。



Cbr600rr_photo_06b それはそうと、免許取ったら次はこれ乗る!
昨日も展示車に跨って喜んで来た。


お兄ちゃんは
「CBRもイイけど、その前にチェーン調整を
一緒に勉強しましょうよ」だって。
そうなんだよね~。

お勉強開始だよ

ディープインパクトが宝塚を楽勝したわけだが、ホントに強い馬ってのは馬場状態なんて関係ない。良でも重でも力でねじ伏せる。だから周りを納得させるのだ。
坂からスパートした挙げ句にあの勝ちっぷりなんだから周りはお手上げだろう。こういう馬を負かすには他陣営が揃って露骨な包囲網でも敷かない限りは無理だね。そうは言っても外国馬や地方馬に対してならともかく、日本を代表するスーパーホースに中央の仲間内がそんなこと出来わけがないか・・・。ま、だいたいJRA自体がそんな行為を許すわけがないよな。

「凱旋門賞は絶好の舞台で楽しみです」

武ちゃん心強くてイイねぇ。サッカーと違ってお宅とディープには期待してるから。まぁしっかり頼むわ。

さて、行政書士の教材も届いたことで一段と気が引き締まる。このブログは「取得に向けての勉強記」ではないから、いちいち内容の詳細を書くつもりはないにせよ、たまにはネタとして使わせてもらおうかと思う。覗きに来てくれた人にも参考になれば幸いだ。
ま、どうせ崩して書くから大した参考にはならないだろうけどね。

ディープは鉄板

仮にも凱旋門賞をマジで狙ってる馬が、今回このメンツ相手に負けなど許されるわけがない。というかまず負けないだろう。遠征前のひと稼ぎ(1着賞金 1億3千万円)は
正解だ。まぁタダ貰いみたいなもんだからな。

相手はナリタセンチュリーへの一点てことで・・・。

馬番 B 記号 馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師
11 リンカーン 牡 6 58.0kg 横山典弘 音無秀孝
22 (父) トウカイカムカム 牡 5 58.0kg 池添謙一 田所秀孝
33 (父) アイポッパー 牡 6 58.0kg 藤田伸二 清水出美
44 ダイワメジャー 牡 5 58.0kg 四位洋文 上原博之
45 (市) ハットトリック 牡 5 58.0kg 岩田康誠 角居勝彦
56 [地] コスモバルク 牡 5 58.0kg 五十嵐冬樹 田部和則
57 (市) ナリタセンチュリー 牡 7 58.0kg 田島裕和 藤沢則雄
68 (市) ディープインパクト 牡 4 58.0kg 武豊 池江泰郎
69 (父) カンパニー 牡 5 58.0kg 福永祐一 音無秀孝
710 (父) シルクフェイマス 牡 7 58.0kg 柴田善臣 鮫島一歩
711 (父) ファストタテヤマ 牡 7 58.0kg 武幸四郎 安田伊佐夫
812 (父) チャクラ 牡 6 58.0kg 小林徹弥 安達昭夫
813 (父)(市) バランスオブゲーム 牡 7 58.0kg 田中勝春 宗像義忠

教習所行かせろ!

夕べは早く寝ちゃって起きたら3時半。元々観る気はなかったんだけど、折角だから日本VSブラジル戦を通しで観戦。日本代表諸君、お疲れさん。

最近くだらん仕事で帰りが遅い。神奈川県の外れに近い場所まで毎日行ってる都合、お陰様で教習所に通う予定が全く立たない。ホント勘弁してもらいたいわ。平日の夜間教習をこまめに受けて行かないと日数ばかり嵩んじゃってしょうがないんだよねぇ。
さてどうしたもんか・・・。何とか7月中には卒業したいのよ。

次の不祥事はどこだ?

今度は三井住友海上かよ・・・。大手のお前らまで不払いしててどうするよ?
「役員の報酬を何%か返上致しました」で終わらしてシャンシャンか?これだけの規模で問題を起こしたんだから、当然執行役員は全員クビにするんだろうな?退職金はおろか、一人一人が腐るほど抱えてる自社株も当然全て手放すんだろうな?
まともに働いてる社員が気の毒だろ。お前らのロクでもない名ばかりで何もやっちゃいない杜撰な管理のせいで、これからマンションや一戸建てを買おうとしてたお前らんとこの社員は、銀行から住宅ローンの借り入れが出来なくなるじゃねぇか。
別に何をしたわけじゃない社員がだよ、社会的信用を失った勤め先のお陰で夢のマイホームが買えなくなるんだぞ。買うには転職して、改めて新しい勤め先で3~5年の勤続年数を経ないとならないんだ。コツコツ貯めた頭金を使うに使えない虚しさ。あまりにも痛過ぎるだろ。全額社内で貸付してやれよな。
雪印が問題を起こした時に、実際銀行から住宅ローンを組ませてもらえなくなって窓口で泣き崩れた一家の話を聞いたことがある。俺が家を買う時に地元の不動産屋が言ってたよ。「うちに来てくれたお客さんだったけど、その人個人がどうのじゃないのにあまりにも気の毒だった」ってな。銀行もシビアだから、世間的に問題を起こした会社に勤めてる特に管理職なんかの場合には絶対貸さないんだって。いつリストラの対象にされるか分からないからなんだと。世間的な会社の信用度ってのはホント怖いと思うね。
それにしても、俺が入ってるニッセイ同和は大丈夫か?次の査察はお宅かもよ。
身を入れて早急に内部監査することを進言しとく。

会津を軽く攻める

お盆休みに入る前に1泊で裏磐梯へ行くことにした。キャンプデビューは先延ばしにして、とりあえず今回は桧原湖畔のホテルを予約。松尾芭蕉が浸かったとされる飯坂温泉の鯖湖湯」がソソられるけど、今回は欲張らずに次回ってことにした。

東北道・福島西IC → 磐梯吾妻スカイライン → (土湯温泉) → レークライン
五色沼
→桧原湖(泊) → 喜多方 会津若松 → 磐越道・郡山JCT → 東北道

ってな感じで組んでみた。
硫黄臭が漂う山岳地帯とやらの
磐梯吾妻スカイラインは非常に楽しみな道路だ。
レークラインは景色が良くて楽しいらしい。それに桧原湖まで行ったら喜多方ラーメン食わないとね。会津若松では鶴ヶ城に寄る予定。まぁまぁ悪くないコースじゃないかと我ながらご満悦。あとは好天を願うだけ。お土産は定番のままどおるだな。

今年はキャンプデビュー!

Photo_2 たまたま本屋で見つけたんだけど、面白そうなんで買ってみた。
ツーリングの基本だけでなく、メンテナンスやトラブル解決法、はたまたキャンプツーリングについても親切に教えてくれていて大変勉強になる本だ。今年は是非ともこのキャンプを体験してみたいね。きっとツーリングの楽しみも一段と広がるに違いない。

さて、夏休みは何処に行こうか?慌しかった岐阜紀行の反省を踏まえて、少しは余裕を持った日程を組むようにしないとな。色々と予定立てるのが楽しいんだよね。

7万の壁

自慢話を書かせてもらう。
今回のドリームジャンボ宝くじでナ、ナ、ナント10000円に当選した!バラで10枚しか買ってないのに大したもんでしょ?末等の300円と合わせて、差し引き7300円も儲かったんだから。確率的には凄いんじゃない?算数弱いから具体的な%は出せんけど・・・。

反応薄そうだから本題に行くとする。

最近楽しそうなゲームソフト(プレステ2)がない。
まぁそうは言っても元々やるシリーズが決まってるから、新作が出ない限り他に手は出さないんだけどね。好きなのは 「バイオハザード」 「デビル・メイ・クライ」 「メタルギアソリッド」 「鬼武者」 「サイレン」 「サイレントヒル」 。古くは「ダービースタリオン」とか「パラサイト・イヴ」なんてのもそう。まぁどれもこれもシリーズものなんて内容が似たり寄ったりだから飽き易いのは事実。それは分かっちゃいるんだけど、新作が出ればやっぱり買っちゃうのよねぇ。それはそうと、プレステ3の7万円はさすがに高いよな。こうなるとガキが楽しむ範囲を明らかに超えるって。今年のクリスマスは世の親御さんや孫を抱えるジイちゃんバアちゃんは大変だぞ。それにしても俺の好きなバイオもメタルギアも新作は3で出すのか?ったく商売上手なソニーめ!何だかんだ言ったって出る以上は俺も本体買わざるを得ないじゃねぇか!やっぱりゲーマーのT橋さんもきっと買うんだろうな・・・。

こんな俺でも・・・

2つ免許を取ろうと思う。

まずは大型自動二輪。
別に今すぐ乗り換えたいわけじゃないけど、仕事も暇だから定時間以降を有効に使おうかと・・・。やはり一度はSSにも乗ってみたいし、ゆくゆくはハーレーにも跨ってみたい。とりあえずの目標はCBR。600は来年フルモデルチェンジみたいだしね。

もうひとつは特殊小型船舶免許。
ジェットスキー専用の免許なんだけど、これは簡単に取れそうだから何となく。

まぁこう言っちゃ何だけど、ぶっちゃけ運転免許ってのは車にせよバイクにせよ「お金で買える資格」だからね。

それと、これらとは正反対に鼻血が出るほど(?)勉強しないと取れそうもないヒジョ~に難解を極める国家資格を目指すことにした。
それは「中小企業診断士(経営コンサルタント)」と「行政書士」の2つ。
将来的にはこれにプラスして「社会保険労務士」が加わる。独立を念頭に置くのであれば「これらが最強の布陣」とまでは言わないけど、そこそこの組み合わせであることは間違いないだろう。もちろんこの手のものは何事にも明確な目的意識を持たないと維持・継続して勉強出来ないことは十分承知してるわけで、これは「バカがどこまで頑張れるか?」っていう自分への挑戦。現職の延長線上で言えば「物流コンサルタント」を目指すことになるんだけど、正直言って20年以上の「雲助・籠かき」生活にはもう飽きた。たかが物流現場の改善・指南なんてレベルじゃなくて、もっと枠の大きいレベルでの改善・指南をやってみたいと思ってたのが、今回難関資格を目指すきっかけになったんだよね。こんなロクでもない自分でも、何とか「下の下の世界」から這い上がりたいっていう気持ちが強いのよ。この思いだけは何としてでも果たしたいと正直思う。

逆ギレ解説者

最近知ったこと。

① フジのドラマ「ブスの瞳に恋してる」の原作者が森三中・大島の旦那であること。

② 元フジのアナウンサー・有賀さつきの旦那が「ニュースジャパン」(滝川クリステルちゃんの)に解説委員として出てる和田さんであったこと。(離婚したらしいが・・・)

③ プレステ3の発売日が11月11日に決定し、本体価格が59800円もすること。

てなわけで最近すっかり更新をサボッていたら、公田に住んでる某女の子よりツッコミが来たんで今日から再開。(なんじゃそりゃ?)まぁこんなくだらんものでも見てくれてる人がいれば多少なりとも書く楽しみはある。

久し振りの投稿なんで緩めに書こうと思ったけど、やはりこれだけは書かずにはいられないので一発いっとくか。

「にわかサッカーファン」について。

先日の日本初戦当日、勤め先も朝から対オーストラリア戦の話題で持ち切りになってたんだけど、喫煙所であまりにも酷すぎる「なんちゃってサッカー解説者」の女の子たちに遭遇したのよ。聞くと、やれ今日のフォーメーションはこうすべきだとか、中田と中村の役割がどうのとか、鼻からタップリ煙を出しながらウンチクを垂れていたんだよね。
中には口から吐いた煙をすかさず鼻から吸い込む、いわゆる「滝登り」まで披露してくれながら「解説」してくれてた子もいたからそりゃもうビックリさ。俺は以前ここにも書いたけど、ことサッカーに関しては最低限の競技ルールしか知らないから、能書きを垂れようにも垂れられないわけ。ところがこの子たちの話を聞いてると、興味の無い俺ですらテレビや新聞で耳や目にする内容のことを「さも自分なりの意見としては・・・」みたいな感じで得意気に話してるもんだから可笑しくてね。普段もちょくちょく顔合わせる連中なんだけど、未だかつてこの子たちの口からサッカーのサの字も聞いたことがなかったから余計に可笑しくてさ。それで彼女たちに質問してみたのよ。「オフサイドってどんなこと?」って。そしたら何て言ったと思う?一人は「何ですかそれ?」、もう一人は「枠外にいる審判が旗を揚げることでしょ?」だって。
まぁさ、何て言うの?ファンでもねぇくせに「ブームに乗っとけ!」的な単なるノリで「日本!日本!」てギャーギャー騒ぐだけの連中ならまだ可愛いもんだけどさ、オフサイドの意味すら知らねぇ人間がだよ、2トップがどうの中田のパスの出し方がどうのって知ったかぶるのはいくら何でも酷いよな。「垂れ流しここに極めり」だよ。
「何?あんたらオフサイドも知らないのに戦術に関しては詳しいんだ?」って言ってやったら「イイじゃん別に」って軽く逆ギレされちゃったもん。何だかなぁ・・・。こういう世の中に誰がしたんだ?ホントお前らそこらで生き埋めになれや。俺は全然構わんから。

今日は以上!

「男の中の男たち」はこれから何処に?

何だよ、「PRIDE」はもうテレビでやらないのか?つまんねぇなぁ。
昨日ジャンクに吉田が出て宣伝してたから楽しみにしてたのに・・・。
放映料が入んないと団体の維持はもう無理だろ。ただでさえヒョードルだのミルコだのなんてファイトマネーが高いんだから。こうなると主力の選手たちは「HERO’S」に大量移籍か?金銭的な部分で面倒見れればいいんだろうけど、それもどうだかねぇ。
「HERO’S」がTBSからフジに丸ごと移籍なんてのはどうよ?ダメ?
ミルコの右ハイをもう一度テレビで観させてくれよ。


本牧海釣り施設

25年ぶりに本牧の海釣り施設を訪れてみた。
今日は潮回りが良くない(小潮)のは承知してたけど、それにしても海は泥水の如く酷い色をしてて、風で波っ気も強く、釣りの環境としては最悪に近い状況だった。
しかも小潮。これじゃ釣果に期待する方が間違っている・・・。
餌は前夜に川崎の勇竿極太の青イソとアミコマセ1kgを調達。(ここの青イソは生きが良く絶品だ。特に極太サイズは他の餌屋ではまずお目にかかれない代物)
今日の狙いは型物のメバルとカタクチイワシ。
メバルの場合、大抵の人は青イソを使うので、ここは密かに東京スナメでも使って爆釣を狙いたかったんだけども、残念ながら勇竿には東京スナメが置いてないのでスケベ心は断念。東神奈川のフィッシュロードまで覗きに行くのも面倒だった。

さて、満潮が過ぎた午前10時半過ぎにスタート。ここの施設は一人竿2本まで。
まずは青イソを房掛けにして軽く投入。狙いはフッコ。2本めの竿はメバル狙いで青イソを半分に切りチョン掛けで足下へ。底から1m程タナを切って誘うとすぐにアタリが来た。
20cmチョイのメバルをゲット。隣のオヤジは25cm近くの大物を一荷で釣り上げた。
「ダブルでイイ型ですねぇ」
「エヘヘヘ。青(イソ)と岩(イソ)のミックス!」
あんたそれ反則だよ・・・。
その後は全くアタリなし。隣のオヤジは釣れる釣れる。昼過ぎで既に8尾。
投げ竿の方は上げる度にヒトデが一荷。勘弁してや・・・。
午後3時近くの干潮間際になったら各所が騒がしくなって来た。カタクチイワシの時間突入の様だ。ヒトデしか釣れない竿を上げて急いでサビキに切り替え。
ハイ来た。12~3cmから時には15cmもあるイワシが鈴なりだ。アミなんか撒かなくても仕掛けを入れるだけですぐに釣れる。アッっという間に水汲みバケツの中はイワシの芋洗い。最初こそ楽しいんだけど、針を外すのも段々かったるくなって来たんで終了。
良いサイズだけ20尾ぐらい選択して残りは隣の御家族へ贈呈。その後小さいメバルを2尾上げて納竿。まぁまぁそれなりに楽しめた日で満足。メバルは煮付け、イワシは塩焼きと刺身で堪能した。

保土ヶ谷BP~横羽線を使うと我が家から20分少々で行ける距離なんだけど、CBに道具一式を積載するのは到底無理なんで、仕方なくアドレスを使って出陣。
こういう時に改めて思う。釣りに行くにはやっぱり車じゃなきゃダメ。バイクだとオフ車なんかは結構積めるし姿もサマになるけどね。


_005_1 調理前の魚たち。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント