« 岐阜紀行(3日め) | トップページ | ズーラシア来園はお早めに! »

岐阜紀行(最終日)

5月2日(火)

あっという間に最終日。もう一泊下呂に泊まりたい気分だ。
帰るのかったるいわ・・・。

「有難うございました。又のお越しをお待ちしております」

『厚化粧の仲居さん、朝っぱらから素敵な笑顔でお見送り有難う。
ぼかぁ~必ずもう一度来るからね・・・』
と、ヘルメットの中で言ったかどうかは忘れたが、何となく名残惜しいままホテルを
後にした。そういや、昨日部屋に案内してくれた若い仲居さんに5千円もチップあげた
のに見送りに来てくれなかったなぁ。ぼかぁ~少し淋しいよ。ま、別にいいけど・・・。


さて、高山目指して行くとしますか。
下呂大橋を渡り国道41号に入ってからエネオスで給油。レギュラー140円。
随分と高いねぇ。横浜の我が家の近所でもエネオスは常に高い。新日本石油は全国的にボッタクリですか?すぐ先にあるゼネラルは135円。失敗した。何も慌ててエネオスで入れることなかったよ・・・。モヤモヤ感を残したまま41号を走り続ける。
昨日より車が多い。恐らく大半は高山に行くんだろう。60~70kmしか出せないから時間が気になったが、1時間ちょっとですんなり高山に到着。
駅前の国分寺通りに出て駐車場を探す。道端のおっちゃんに声を掛けたら高山市図書館裏の市営駐車場を教えてくれた。満車状態の駐車場には、横浜・湘南・品川ナンバーが結構停まっている。みんな遠くから来てるんだねぇ。
管理小屋の脇に停めさせてもらい(無料)「さんまち通り」へ出発。

「さんまち通り」は、出格子の美しい町家が軒を連ねて城下町の面影を残す風情あるエリア。高山でも1番人気を誇る人気の通りなのだ。町家を利用した個性的な飲食店やショップに立ち寄りながら、古都の町並み散策を楽しもう
(以上、“るるぶ”からのパクリ)

_062_1通りはこんな感じ。
お昼を過ぎると凄い混雑になって
真っ直ぐに歩けない程でした。
修学旅行生も目立ってましたよ。

_065出発前に宮川のほとりで記念撮影。
「桜散る下で束の間の休息を楽しむ我がCB」



さんまち通りでお土産を少々買い、この後は高山陣屋裏にある「味処 吉ぽう」へ
評判の飛騨牛めし丼(1800円)を食べに寄ってみた。確かに評判だけあってマズくないけどタレがしょっぱい。

店を出たら13:30。とうとう帰る時間だ。
上高地・新穂高・白川郷・郡上八幡・下呂・高山。岐阜の主要観光地を駆け足で回った4日間はホントあっという間に過ぎてしまった。移動の関係で常に時計とにらめっこの旅になってしまったが、初めてのバイク一人旅にしては上々だったと自分では思う。

帰路

高山市内 → 国道158号 → 中部縦貫自動車道 → 東海北陸自動車道 →
東海環状自動車道 → 東名高速道路 → 横浜町田IC → 自宅(20:20着)

以上、走行距離 401km  4日間のトータル走行距離 1202km

夏休みは東北遠征か四国遠征か・・・。キャンプデビューもしてみたい。

追加。
正直帰りは辛かった。高山から豊田のJCTまでが凄く遠く感じた。
でもそれ以上に東名が苦痛で・・・。浜名湖過ぎてからが長い長い。
走れど走れど静岡から脱出出来ないし・・・。やっと沼津まで来たと思ったら
今度はジャンジャン降り。路面は水が浮いてたから減速せざるを得なくて・・・。
腰は痛い、背中は痛い、足は痛い、おまけにズブ濡れでもう最悪。
御殿場過ぎたら気温がグッと下がって今度はガクガク。自分にキレました。
でも「遠足は玄関に着くまで終わりじゃないわよ!」って先生に昔言われたのを
思い出し、辛いながらも気を引き締めさせてもらいましたわ・・・。

« 岐阜紀行(3日め) | トップページ | ズーラシア来園はお早めに! »

車・バイク」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜紀行(最終日):

« 岐阜紀行(3日め) | トップページ | ズーラシア来園はお早めに! »

リンク

無料ブログはココログ

最近のコメント